癖が強い!癖のある人の特徴5つとは?

「あの人、癖があるよね?」なんてことをふと言われると、あなたはどのような性格をイメージするでしょうか?

癖のある=悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、癖というのは良い意味で使われることも多々ありますので、一瞬で見分けることができる特徴と、メリットデメリットについて触れていきます。

変わり者と言われる人

変わり者ほど、癖がある人や癖が強い人が多い理由としては、「変わり者=個性が目立つ」という共通点が見られる部分にあります。

例えば、「人と仲良くするよりも、動物と仲良くした方が人生楽しい」という考え方の人がいたとして、人との関わりを全く大事にしない人だったとしましょう。

上記のようなケースでは、「あの人は変わり者だから、付き合いにくいかもしれない」と発言するよりも、「あの人は癖がある人だから、付き合いにくいかもしれない」と発言することで、より【独特感がある】ということを強調することができます。

一癖も二癖もあるという言葉を聞くと、どこか付き合いづらそうだなぁ…というイメージを作り出すことができたり、他にも、ただの変わり者とは違うということを強調したい時などにも、癖がある人と表現することで、違いを強調できるだけに、変わり者は癖がある人の特徴であると言えるのです。

 

扱いにくい一面を持つ人

扱いにくい一面とは、「偏見が強く、イメージだけで相手の人格を決めつける人」や、「人付き合いを良好に保つ気がない人」などが代表例であります。

例えば、普段は誰にでもニコニコと笑顔で話しているのに、子連れの人には急に冷たい態度をとる友達がいたとしましょう。

そしてその子連れの友達はあなたの友達であり、あなたはどちらの友達も仲良くしていきたいとします。

こうしたケースでは、癖があるという表現を表現をすることによって、「扱いにくい」という本音を表すことができます。

固定ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP