影が薄い人の特徴10選

簡単に言い換えると、影がある人は自分の見せ方が上手であり、影が薄い人は自分の見せ方が下手くそなわけです。

分かりやすい例で言えば、SNSでは自分の見せ方が上手い人というのは「いいね」ボタンが集まりやすいですが、自分の見せ方が下手な人は集まりにくいです。

自分の見せ方を勉強するためには、まずは自分の長所や、ここぞという場面を見極める力をつけることが必要となります。

 

トラウマを持っている

例えば過去にいじめにあった人にとっては、グループで群れることにトラウマを持っていたり、同級生とのかかわり方が分からないなどのトラウマを抱えており、自ら積極的に言動することができない原因となっていることも多いです。

何かをきっかけにトラウマを克服できればいいですが、多くの場合チャンスを自ら掴む行動力と、トラウマの原因が分かっていなければ、克服することは難しいと言われています。

もしも過去のトラウマが原因で影が薄い人になっているのであれば、できるだけ早く過去のトラウマを克服することに力を注ぐのがいいでしょう。

 

長所も短所も隠してしまう

存在感やオーラがある人を見てみると、自分の長所も短所も隠さないという特徴が見えてきます。

なぜ長所も短所も隠さないのかといえば、自分に自信を持っていることは当然のこと、影がある人は自分自身のことをしっかりと分かっていて、いい部分も悪い部分も分かっているので、堂々と他人に言うことができるのです。

さらに言えば、社交性があるので長所も短所もさらけ出す方が、他人に嫉妬されたり、完璧な人間ではないということのアピールにも繋がるので、自分自身も楽に生きていけることを知っています。

一方で影が薄い人は、自分の長所短所が分かっていないことや、それを恥ずかしいことだと隠してしまうことも多いので、どうしても目立たない存在になりやすいのです。

 

ユーモアセンスがない

フレンドリーでユーモアセンスがある人というのは人気者の特徴であり、他人との距離感を縮めることが上手な人でもあります。

逆に影が薄い人はユーモアセンスがない、または真面目で冗談すら言うことが苦手である人が多いです。

さらにフレンドリーさにも欠けるので、相手からしても絡みづらい、またはどう接するべきかが分からないという理由から、避けてしまう原因となってしまいます。

影が薄い原因というのは、実は絡みづらい、絡み方が分からないということが原因である可能性も考えられますので、自分自身の他人への振る舞い方や接し方を見直してみるといいでしょう。

 

キャラを決めつけることは無い

いかがだったでしょうか。

影が薄い人の中には、自分はこういったキャラだから…という理由で積極的に輪に入ろうとしなかったり、プライドが邪魔をして影が薄い存在へと自らなってしまっていることもあります。

もしも影が薄いと感じるあなた自身、このような経験をしたことがあるようでしたら、自分のキャラを決めつけることなく、本当の自分をさらけ出してみる勇気を持ってみましょう。

本当の自分をさらけ出すことが一度でも出来れば、あなたの人生はこれ以上にないくらい楽になるはずです。

また、「疎外感を感じる心理的特徴7選」もセットで読んでみましょう。

孤独、一人ぼっちだと自分で思い込んだり、空虚さや虚しさ感じるのであれば、上記の1ページにてあなたの心理状態を確かめてみませんか?

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP