影が薄い人の特徴10選

また猫背な人は老けて見える人の特徴でもありますから、若々しさがなければ、オーラを感じないのは当然のことなのです。

 

リラックスを感じれない

影が薄い人は自分に自信がないことも関係して、とにかくリラックしている風に他人が感じ取ることができません。

存在感のある人というのは、常に自分に自信を持っているので話すスピードもゆったりしていますし、何より落ち着いている雰囲気を感じ取ることができます。

故に、影が薄い人を卒業したいのであれば、他人が話しかけてきても緊張することなく、ゆったりと自信をもって話すことを心がけてみるといいでしょう。

 

外見が目立たない

影が薄い人というのは、例えば地味な色の服を毎日きていたり、身長が小さかったり、体重が極端に痩せたいたりと、とにかく外見が目立たないといった特徴が見られます。

逆にインパクトのある外見をしている人は、常に周りの人から注目される存在であることも多く、影がある人の特徴でもあるでしょう。

もっと細かな部分を言えば、目力がある人は他人の第一印象に残りやすいですし、個性的なファッションをしている人も印象に残りやすいので、少し外見を意識してみることで、影が薄いと言われる原因を無くすことに繋がります。

 

自分の見せ方を知らない

オーラや雰囲気がある人の特徴の1つに、自分の見せ方を知っているという特徴が見られますが、こういった人は立ち振る舞いや言動など、その時々で変えることができます。

簡単に言い換えると、影がある人は自分の見せ方が上手であり、影が薄い人は自分の見せ方が下手くそなわけです。

分かりやすい例で言えば、SNSでは自分の見せ方が上手い人というのは「いいね」ボタンが集まりやすいですが、自分の見せ方が下手な人は集まりにくいです。

自分の見せ方を勉強するためには、まずは自分の長所や、ここぞという場面を見極める力をつけることが必要となります。

 

トラウマを持っている

例えば過去にいじめにあった人にとっては、グループで群れることにトラウマを持っていたり、同級生とのかかわり方が分からないなどのトラウマを抱えており、自ら積極的に言動することができない原因となっていることも多いです。

何かをきっかけにトラウマを克服できればいいですが、多くの場合チャンスを自ら掴む行動力と、トラウマの原因が分かっていなければ、克服することは難しいと言われています。

もしも過去のトラウマが原因で影が薄い人になっているのであれば、できるだけ早く過去のトラウマを克服することに力を注ぐのがいいでしょう。

固定ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP