ドSな人の特徴と見分け方

 

ドSは相手にリードされることを嫌う

ドSな人は相手の要求に応える立場であるため、リードされることを嫌い、何かとその場を支配したり、自分が優位になるために行動することが大好きです。

普段から何かと優位な位置に立ったり、自分がその場を支配したいという要求が強いため、職場では頼れるリーダーシップを発揮したり、仕事ができる人であることも多いです。

面倒見が良かったり、幹事会で幹事役を買って出るなどの傾向が見られる場合は、リードされることを嫌っている性格であると言えるでしょう。

故にSっ気がある人は、その場を支配することが好きで、支配されることを苦手とします。

 

ドSは理屈で言い負かす

リードされることを嫌うということは、支配欲が強いということになりますが、このタイプはとにかく自分の気持ちに誠実である、慕ってくれる人には全力で守るなどの良い部分が見られがちですが、同じタイプには理屈で言い負かそうと攻撃的になってしまいがちです。

ドSな人は自分が支配されることを嫌うため、自己防衛として理屈で言い負かそうと攻撃的になった結果、口喧嘩に発展しやすい傾向があります。

このタイプには優越感に浸ってもらうことが一番であり、決して上から目線で物事を言ってはいけません。

良い部分もたくさんあるのは事実ですが、最も嫌われやすいデメリットが理屈で言い負かしてしまうという部分となるでしょう。

 

ドSはプライドが高い

もう勘付いてる人もいるでしょうが、ドSな人はプライドが高く、自分が失敗することが怖いがために攻撃的になったり、奉仕することで満足してもらおうと考えることになります。

もし、貴方がドSと言われるような人であれば、「負けず嫌いで認めるのが嫌い」「こだわりが強い」「融通が利かない」などの共通点が見られるのではないでしょうか。

さらに自意識が高いため、自分の評価を気にするあまり奉仕する側となってしまったり、相手が快感を感じている顔を見て優越感に浸ることも珍しくありません。

プライドが高いことは悪いことはでありませんが、自分が本当に望んでいる欲求を満たしたいのであれば、あなたの本当の姿を見せて相手に要求することで、承認要求も満たされることでしょう。

 

ドSは頼るのが苦手

プライドが高かったりリードされることが嫌いなドSな人は、自分の弱みを見せると劣位に立たされるのではないだろうか…といった不安から、他人に頼ることが苦手であったり、弱みを見せることが苦手であったりします。

人は誰しも弱みを握られることで劣位に立たされるので、多少の警戒心を抱くものですが、ドSな人ほどこの警戒心が強すぎるために、恥ずかしい姿を見せることができません。

もしもドSな人があなたに弱みを見せているとすれば、それは相当信頼されている証拠であり、普段は滅多に見せないMっ気な一面を出すこともしばしばあるでしょう。

 

表情でSかどうかを見分ける方法

ドSな人かどうかは表情でも見分けることができます。

Sな人はキリッとした表情が多いようですね。

表情はセルフイメージの現われになっていることが多く、自信がない人はそんな風に見えますし、自分が思っていることが顔に出てしまいますから、ドSな人はその資質が顔に出てしまうのです。

 

近年ドM男が急増中らしい!?

少し話が変わりますが、最近では草食系男子が増加傾向にあり、そのせいもあってか、ドSな人に痛めつけられたいなどと思っている男性は多いようです。

ドSと言っても、彼女はムチで彼を打ったりなどはしませんし、それよりは精神的に追い込んでいくやり方を好みます。

馬鹿にした言い方をするというわけではなく、巧妙に嫌味を言い続け、明らかに相手が凹むのをみて満足するのです。

ですから一昔前のSMとは違い、Sは痛めつけるというイメージよりは「いたぶる」イメージが強くなってきています。

そして草食系男子はそんな女子にいたぶられるのを快感と感じていますから、この組み合わせは相性としては最強といえるでしょう。

固定ページ:
1

2

3

コメント

    • だだ
    • 2016年 9月 19日

    まずSMって異常性癖だから、性的快感を得ないとSじゃないと思うよ
    それってただの加虐性向じゃないの?性格悪いだけ

    • 川尻
    • 2017年 5月 17日

    どっちも難しいですね。\(^_^)/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP