ザイザルの特徴と副作用

ザイザルを使用する日本人が年々多くなってきており、ザイザルが無いと不安で一日を過ごせない!という人もいるほど、ザイザルは現在人にとってかかせない薬となりました。

しかし、薬と言われて頭に浮かぶこと、それは副作用です。

ザイザルでは無いですが、副作用を知らずに薬を飲んでしまい、後々事件に発展したということも過去にはありました。

そこで今回の記事では、ザイザルの特徴と副作用について、危険性がないのかなどの重点をまとめてみました。

世界93カ国で認可されている薬

ザイザルは世界93カ国で認可されている、アレルギー性鼻炎や慢性麻疹の適応症に承認されている薬として認可されています。

ザイザルは抗ヒスタミン剤でありつつも、眠くならない1日1錠でOKの薬です。

日本では承認後年月が経ちますが、眠くならない抗ヒスタミン剤として人気が高い薬です。

ザイザルは抗ヒスタミン剤ヒスタミン薬ジルテックの光学異性体のうち、より生理活性があるR-エナンチオマーのみを光学分割して作られた新薬です。

利用者からは眠くなる副作用がなくて助かるという意見が多数あがっています。

固定ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP