ゆっくり話す人と早口な人の性格の違い6選

一方で外向的な性格が多い早口な人は、初対面からオープンに自分という人間をさらけ出すことが多いために、打ち解けるまでに時間をそれほど必要としません。

 

狭いか広いかの違い

ゆっくり話す人は友達付き合いが狭く深く、早口な人は浅く広くという特徴が見られます。

これは、ゆっくり話す人ほど慎重であるために、その場の変化を受け入れることに時間がかかるため、いつもの信頼できるメンバーで楽しむ方が、付き合いをより楽にさせます。

一方で早口な人は積極的なので、その場の変化を受け入れる柔軟性に長けていて、初対面の知らない人がたくさんいたとしても、それほど苦痛とは思いません。

 

以上の6つから性格診断もできます

あなたの話すテンポと、6つの特徴がどちらに当てはまっているのかで、内向的か外向的かの性格診断ができます。

もしも信じられないのであれば、あなたの周りにいる友人や家族がどちらに当てはまっているのか?一度試してみてください。

ゆっくりすぎても相手をイラつかせますし、早すぎても聞き取りづらいというデメリットがあるため、相手に伝わりやすい話し方を心がけて会話ができるとベストですね。

また、ゆっくり話す人と共通する性格や特徴が書かれている以下の記事も合わせて読んでみてください。

【関連記事】とろい人の特徴や向いてる仕事15選

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP