一人旅好きな人の心理と性格傾向6選

 

空間認識能力に優れると旅をしやすい

空間認知能力とは、「空間を認知する能力」のことであり、物体の位置や方向を素早く感知する能力もこれに当たります。

基本的に空間認知能力は男性の方が優れていて、車を運転することが得意であったり、機械をいじることが得意であるのが男性に多いのもこのためです。

旅行に行くということは、全く知らない道を歩いたり運転することであるために、空間認知能力が優れている方が道に迷いづらく、不安感が薄れやすいのです。

一人旅となれば、こうした迷いによる不安感はより大きくなるのに加えて、女性が一人で歩く方が危険性は高まるために、空間能力が優れている男性である方が、一人旅は出かけやすいと言えます。

一方で、最近はスマホで道案内が簡単にできたり、スマホですぐに助けを呼べるようになったので、女性であっても一人旅をする人が多くなったと考えられます。

 

最後に、一人旅を選ぶ1番の理由

いかがだったでしょうか。

最後に、一人旅は外向的な性格な人ほど行きやすいと思われがちですが、決してそんなことはありません。

その証拠に、内向的な性格である私もよく一人旅に行きますが、そこにはこんな心理が隠されているのです。

「あっここに旅行に行きたい!」といった突発的な思いつきや、「おっ長期休暇が取れた!」という急な休暇で、一緒に旅行に行かない?と相手を誘ったところで、それは迷惑になる可能性があるため、無理に誘うよりも一人で気楽に行こうという心理になるのです。

これは、急に会社が休みとなった時に、忙しい人を誘っても無駄だろうと思う心理と同じであり、どうせ誘っても…という心理から、私たちは一人旅を選択しがちです。

次のページでは、「出世する人の特徴やしない人との決定的違い10選」について、心理学の知識から導き出す違いを紹介していきます。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP