電車嫌いな理由や苦手になるきっかけ10選

原因としては、スピードや臭いなどが主な原因として挙げられますが、朝から電車酔いした後に仕事をすると考えると、明るいイメージが湧かないのは当たり前です。

さらに電車酔いは予測不能で襲ってくるので、嫌いを通り越して、電車に乗ることが辛いと感じている人もいるほどです。

 

痴漢

電車で痴漢にあったことで、電車恐怖症となってしまった人や、トラウマがいつまでも消えずに、強いストレスを感じる人など、痴漢による精神的被害は小さくありません。

女性専用車両に乗ればいいと言う人もいますが、痴漢に一度会った後に専用車両に乗ったところで、トラウマは消えません。

 

とにかく暇

普段は車通勤の人や、車で移動することが当たり前の人にとっては、電車はとにかく暇でやることがありません。

車であれば歌を聴いたり、途中でコンビニによるなど、自分の計画通りに動くことができますが、電車となればやれることが限られてしまいます。

やることもなく、ただ到着をひたすら待っている状態が苦痛に感じてしまい、電車嫌いになるきっかけとなってしまうのです。

 

うるさい

子供や学生、大人同士の会話など、電車では静かにすることがマナーだと感じる人にとっては、会話されることは大きなストレスとなってしまいます。

大きな声で話している場合は注意ができますが、注意すべきか微妙なラインで話していると、ほとんどの人は注意することができないことでしょう。

こうした状況では、歌を聴いたり、車両を変えることが有効な対処法となります。

 

マナー違反が問題です

いかがだったでしょうか。

平気でマナー違反をする人がいるからこそ、電車嫌いになってしまう原因となり、イライラする時間を過ごすことになってしまいかねません。

人が嫌がることは他人にしてはいけないのは当然であり、マナー違反をする人は結局のところ、自分の利益を優先してしまっているのです。

だからこそ、あなたも同じような人にならないように気をつけておきたいものです。

次のページでは、「電車で寄りかかる人の心理〜故意的かどうかの見分け方」について、相手の本音を読み取っていきましょう。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP