DQNが嫌いな理由〜共感できる10の特徴とは?

また、窓を開けてタバコを吸っていたり、キメ顔でタバコを吸ったりすることは、今の時代ダサい行為であります。

清潔感がなくマナー違反を平気でするような人には、それなりの人しか寄ってこないことは、類似性の法則でも証明されています。

 

地元ラブで視野が狭い

DQNは就職後も地元ラブであったり、先輩の紹介で土方などに付くことも多いので、地元から通える職場を選択することは珍しくありません。

仕事に真面目なのは良いことですが、地元が好きすぎて地元から出ることができず、いつまでも地元で幅を利かせることは、決して褒められたものではありません。

中には地元の後輩に悪いことをさせたり、ドジを踏ませることで大金を要求する人もいるため、こうした恐怖心からDQNが嫌いになってしまうこともしばしば。

 

世の中をなめている

若い人ほど社会経験が浅いため、これはDQNに限ったことではありませんが、世の中をなめている言動に苛立ちを覚えたり、バカにされた発言に怒りを覚えた人もいることでしょう。

DQNは若い頃には最も輝きを見せますが、大人になるにつれ、収入面や生活水準に大きな差が生まれていきやすいです。

例えば、学生時代から真面目に勉強を続け、高学歴を目指している人が、バカにされるような発言をされた場合、イラっとしてしまうことは当然と言えば当然ですよね。

 

子供のしつけが最悪

DQNの親からはDQNが生まれると言っても過言ではなく、子供は育った環境により性格や人生が大きく変わります。

周りに迷惑をかけても注意することがなかったり、喧嘩の強い子供に育てようと決めたり、親自体がマナー違反を平気で繰り返す場合、子供はそれを見て育っていきます。

元ヤンキーの人でも、出産発覚で真面目に生きる人がいますが、子供を授かってもDQNのままでは、子供に悪影響であることは間違いなさそうです。

 

イジメや邪魔なども当てはまる

いかがだったでしょうか。

他にも、DQNにイジメられたせいで学生時代を楽しむことができなかったり、勉強の邪魔をたくさんされたなどの経験がある人は、大人になってもそのトラウマが残っている人もいるはずです。

自分だけが痛い目に合うのなら納得ですが、他人に苦痛を負わせたり、迷惑行為をすることによって、DQNに対するイメージは悪化していく一方です。

自分さえよければそれでよしでは、嫌われてしまうのも仕方ありません。

次のページでは、「人間性を疑う行動19選【言われる理由がこれです。】」について、ヤバい言動の数々を紹介していきます。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP