哀愁漂う人の特徴8選〜もの哀しさを感じる瞬間とは?

例えば、凄く美人なのにふとした瞬間に寂しさを感じさせる女性は、多くの男性が悩みを聞いてあげたいとか、どうにかして力になれないだろうかなどと考えた挙句、妙な魅力に取り憑かれることも珍しくありません。

これは美人やイケメンに限定したことでなく、影がある人やミステリアスな一面を見せる人が好きと答える人は世の中にたくさんいます。

さらに哀愁漂う人で言えば、悲しげな瞬間が男の庇護欲をくすぐったり、女の母性本能をくすぐることに繋がります。

 

姿勢が悪い

姿勢が悪いことは、暗く見られるなどの印象が悪くなるデメリットが有名ですが、普段から明るくニコニコしている人が、バーなどの薄暗い場所で姿勢悪く一人で飲んでいた場合、どこか哀愁漂う雰囲気を醸しがちです。

これは背中が丸くなることで哀愁感が出てしまうことや、悲壮感を感じやすくなることが関係しており、普段から決して暗いとは言えない性格に加えて、姿勢の悪い人であった場合は、特に哀愁漂う雰囲気を醸し出しやすいです。

さらに姿勢が悪い人は、俯きながら歩くことでどこか不幸感が出てしまったり、不幸せな人を描く際にも必ず姿勢を丸く描く漫画家もいるほど、姿勢は幸せというイメージから遠ざけてしまう効果があります。

こうした普段見せる顔とは違う姿勢によるギャップ効果が、哀愁漂う瞬間を作ることもあり得るのです。

 

育った家庭が複雑な人

父親がアル中であったとか、母親に愛情を注がれずに育った、暴力を受けて育ったなど、育った家庭が複雑な人は「見捨てられるかもしれない」「自分は攻撃されている」「自分は存在価値がない」という3つの特徴が見られるようになるため、常に心に闇を抱えた人であると言えます。

こうした不安や思い込みが哀愁漂う瞬間と結びつくことは、無理をしても不安になることが多かったり、ネガティブで不安になることから切ない表情を見せてしまうことが、影を感じさせて哀愁漂う人であると思わせる原因となります。

このタイプは幼少期から見捨てられないために親にしがみつき、なんとか大人になるまでもがき続けて生き延びてきた過去があるため、自分が完璧でなければ見捨てられるという不安や、親に愛されなかった自分は存在価値がないと思い込んでいることから、常に心の中は不安でいっぱいです。

だからこそ、その不安を隠しきれずにふとした瞬間の仕草に現れたり、見捨てられないために無理をした結果、哀愁漂う雰囲気を醸し出しやすい性格となるのです。

 

哀愁漂う瞬間はこんな場面!

集団でいる時

集団で楽しい話をしているにもかかわらず、一人だけ寂しげな表情を見せていたり、周囲が爆笑している時でも一人寂しげな表情をしている時に、多くの人が哀愁漂う人だなとか、心に闇があるのかもしれないと感じる瞬間となります。

人は集団になるとサボってしまう心理が働きやすくなるものですが、これと同じように集団となれば力を抜いても大丈夫だろうと思うことから、素の自分が出てしまうのです。

失恋後の人が無理をして笑っていても、集団になると素の状態が出てしまうように、泣けてくるような寂しい本心が瞬間的に表に出てしまうのです。

 

緊張の糸が切れた瞬間

緊張の糸が切れた瞬間は、素の自分が最も出やすい瞬間でもあります。

ホッとした瞬間に笑顔を見せる人もいれば、疲れを一気に感じることもあるのは、緊張の糸が切れた瞬間であること多いです。

哀愁漂う瞬間で例えると、周りがホッとしている中で、一人だけ寂しげで浮かない表情をしていたとすれば、この人はどこか哀愁漂う人だなと評価される瞬間となります。

 

あなたがどう感じるかが重要

いかがだったでしょうか。

哀愁漂う人の特徴をお伝えしてきましたが、これはあなたが相手に抱く感情によっても、大きく評価が変わります。

もしも相手が嫌いであった場合は、ただの根暗や心に闇がある問題児だなどと評価することになりますが、好意的に思っていた場合は、哀愁漂う魅力的な人だと思うことでしょう。

そもそも嫌いな人の場合は、そこまで細かく相手の仕草を観察していないことも多いですよね。

まとめとなりますが、哀愁漂う人には、ミステリアスな一面があったり、守ってあげたい魅力があることが分かったかと思います。

そこで、次のページで紹介する「不愉快な人の特徴や共通点20選」を読み進めることで、哀愁漂う人と不愉快に思われる人の決定的違いが分かるかと思うので、興味がある人は1度目を通してみてください。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP