義父が嫌い!うざい理由と付き合い方まとめ

「嫌だなぁ。」と構えすぎることもなく、堂々と接してみることを心がけてみることで、少しは義父に対する評価や接し方も変わっていくことが期待できます。

 

協力者を作り、助けてもらう

協力者とは、義父の子供に当たるあなたのパートナーであり、パートナーに義父が苦手な理由や嫌な部分を一度相談した後に、助けを求めてみましょう。

例えば、SOSのサインが出るとパートナーが助けに入るといった形で、協力を求めることが、関係を崩さずに平和に付き合うコツです。

よくあるのが、「パートナーが全然協力してくれない…」という悩みであり、「お前は大げさだ」の一言で終わらせてしまうケースです。

もしもあなたが本当に悩んでいる場合は、「これは離婚にもよく繋がっている重要な話だ」と重要性をわからせてから、義父に対してのSOSを相談してみましょう。

あなた自身の努力も必要ですが、どうしても性格が合わない人も世の中には存在するので、そんな時には扱いに慣れているパートナーを頼り、自分一人で抱え込まないようにできればベストです。

 

義父の子供を立てる

義父との良好な関係を築いたり、里帰りの一定期間で楽しい時間を過ごすコツは、義父の子供であるパートナーを褒めることにあり、我が子を褒められると悪い気はせず、中には上機嫌な一日を過ごす義父もいることでしょう。

特に気分屋である場合は、子供を立てる作戦の効果は見られやすく、気分屋な性格は一度良い気分になってしまえば、一日をニコニコと過ごせるものです。

どれだけ会話をするのが嫌であっても、話しかけられると無視をすることもできないので、しっかりと話題を義父の子供のことに逸らすことができれば、余計な口出しをされるなどの嫌いになりがちな原因を避けることもできます。

お年寄りは、自分たちが生きてきた時代を否定されることを嫌い、これは子育てにも同じことが言えるので、面倒を回避するためには義父の子供を立てる作戦を使ってみてください。

 

聞き流すこと。無理に好かれる必要なし

口出しや説教じみた話などは、左から右に受け流すくらいの気持ちで、適当に聞いていれば良いのです。

真剣に聞く必要もないですし、例え義父に「◯◯はしろ!」とか「◯◯はした方がいい」と言われても、はいはいと適当に答えるだけ答えておいて、実行する必要も考える必要もありません。

例え義父の言うことを聞いて最低な目にあっても、責任を取るのはあなた自身ですし、それが必ずしも上手くいくとも限らないからです。

また、義父が嫌いでうざいにもかかわらず、無理に好かれようと愛想を振りまく人もいますが、相手に合わせれば合わせるほど、向こうは調子に乗るだけだと伝えておきます。

無理に好かれる必要なんてありませんし、「嫌いでうざい義父が何か言ってるな。」くらいの気持ちで聞いていれば、ストレスも最小限に抑えることができるはずです。

 

男心をくすぐることも有効

好かれたかったり、少しでも機嫌よく接して欲しいのであれば、以下の3つを徹底的に意識すると効果的です。

  1. 褒める、おだてる
  2. 認めてあげる、否定しない
  3. 笑ってあげる、真顔でいない

上記の3つは男心をくすぐる最も簡単な方法であり、褒め言葉は男を笑顔にさせる最も簡単な方法となります。

褒める、否定しないことも重要であり、男はプライドが高くて認めてほしい気持ちが強いので、自分の生き様や存在を認めてあげることは、上機嫌にさせることに繋がります。

最後に、優しい言葉や笑える冗談を言われた時には、ニコッと笑ってあげることが重要であり、男は面白さに高い価値を置くことからも、笑ってあげることは男心をくすぐります。

嫌いであったりうざい感情が強くとも、上機嫌で一日を過ごしてもらえれば、楽しい一日を過ごせる確率も上がると考えれるので、気疲れしてしまう人は、こちらの作戦を実行してみるのも大いにありです。

 

嫌な時には逃げる。それが一番楽である

いかがだったでしょうか。

最後に、同居や介護など、一時的な対処法では悩みが解消できない人もいるかと思います。

固定ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP