不器用な人の特徴8つ

ざざっと流してしまうより、綿密にしっかり行う傾向があります。

不器用ですが、それなりに着々と物事を片付けていくタイプです。

 

諦めずに何度も挑戦する

器用な人と違い、出来ない事に何度も挑戦して少しずつ成長していくタイプの人が多いです。

人一倍時間がかかるからこそ、努力を惜しまないという人が多く、遅咲きタイプともいえるでしょう。

一点集中型で突破すれば他人よりも大きな差をつけれることが多く、特化型には最適ともいえます。

 

応援されやすいタイプ

不器用な人に限りませんが、特に不器用な人ほど頑張ろうという意思は伝わってきやすい傾向にあります。

なぜなら自分が不器用な事が分かっているので、人一倍頑張らないとダメだということを分かっているからです。

その熱意が空回りしてしまっても、やはり人には感じるものがあります。

結果的に仕事ができなくても同僚や上司から応援されやすくなり、応援してくれる環境であればあるほど伸びやすいという特徴も存在します。

 

不器用にはメリットもデメリットも存在します

このように不器用な人の特徴をあげてみましたが、あなたはどうでしたか?

当てはまる部分もあれば、当てはまらない部分もあるでしょう。

不器用な人は個性もそれぞれ豊かなので、1つに絞ることは難しいです。

器用に世の中を渡っていける人に比べると、社会に出ると多少の困難にぶつかるかもしれません。

しかし不器用な人はそういうことも、しっかり1つ1つ対処をしていくので、時間がかかっても周囲の理解を得ることができるんですよ。

あなたの周りにも不器用な人がいるのであれば、イライラするのではなく、しっかりと理解者になって応援してあげたいものです。

また、「神経質な人の特徴8つ」もセットで読んでみましょう。

不器用な人ほど神経質になりがちであり、なぜなら不器用がゆえに周りの評価を気にしてしまうからです。

自分は器用ではないと思うあなたも、一度自分が神経質な人の特徴に当てはまっていないのかチェックしてみましょう。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP