誤解されやすい人の性格とは?原因と対処法について

例えば、相手はそれほど好意的でない本音を持っていたとして、自分の立場で物事を考える人は、相手の仕草や言葉をポジティブな方向に捉えることで、「相手は自分に脈ありなんだ」などと、勝手に相手の気持ちを決めつけてしまいます。

その結果、ストーカーと誤解されてしまいかねない行動に出たり、恋人扱いのような態度をとってしまうことで、嫌われてしまうことも珍しくありません。

他にも、相手の気持ちを代弁しようと勝手に周りに対して、自分が思う本人の気持ちを伝えたところ、ありがた迷惑となってしまい、「あの人は自分の敵となる存在だ」と、誤解されてしまうことも。

相手に感謝されるためには、相手が望むことを読み取り、ベストな行動をする必要があるため、自分の立場で物事を常に考えてしまう人は、親切のはずが誤解を生む行動をとりがちです。

また、中には相手がレベルが低いことに合わせることができず、自分のレベルで物事を進めた結果、「言わなくてもわかるだろ!」と誤解を招く伝え方をする人もいるので、自分の立場で物事を考えることは、友人や部下に嫌われる原因となりかねません。

このように、相手の立場でものを考えられない人は、話すときに主語がないという傾向があります。思い返してみたら当てはまる人がいるのではないでしょうか。

余計な一言が多い

余計な一言が誤解を生むことは、日常生活でも目にする光景の1つで、相手を不愉快にさせたり、嫌悪感を抱かせる瞬間となりがちです。

相手を褒めたかと思えば、「バカっぽい顔がまたいいね!」と余計な一言を口にしたり、「まあ私にはどうでもいいんだけど」などと、相手に伝える必要がない情報を伝えることは、「こいつ喧嘩売ってるのか?」などの誤解を招きます。

こうした人は無神経な一面を持ち、自分の立場で物事を考えることも多いですが、何より相手の感情に鈍感で、不愉快な気持ちを抱いている事実に気づくことができません。

それを指摘したとしても、「これは冗談じゃん」とか「これくらいが面白い」などと、自分を正当化することで非を認めないので、厄介者として嫌われやすい性格となります。

余計な一言は本人が気づいていないケースがほとんどなので、その場で指摘することが最も有効な方法となるはずです。

 

外見上での原因は?

愛想や愛嬌がない

愛想や愛嬌がない人とは、いつも真顔で真剣な表情をしていたり、笑顔で対応することが少ない、表情が暗くて話しかけづらいオーラがあるなど、仕草や表情、または態度で勘違いされてしまう人であり、第一印象が悪い特徴が見られます。

こうした人はよく、「怒っているの?」とか、「話しかけづらい」「怖そう」などの印象を持たれがちで、人を寄せ付けない雰囲気を醸し出しています。

逆に愛想や愛嬌が良いと評価される人は、多くの人から頼られたり話しかけられやすく、いつもニコニコと楽しい雰囲気を作れる人なので、見た目だけで誤解されることは非常に珍しいです。

いつも真顔でブスッとしている人に対して、「あの人は付き合いが悪い」と思い込んでしまったり、「人を拒絶している」などの噂を立てられることは、普段の仕草から連想されたネガティブなイメージが、怖い人であるなどの誤解を招くことになります。

社会に出るとある程度の愛想や愛嬌は必要で、そこを無視する人は孤立してしまったり、噂話のターゲットとされることも。

 

目つきが悪い

もともと目つきが悪い顔つきの人や、目が悪い人も誤解されてしまうことが多く、その目つきからは「睨まれている」とか「喧嘩を売られた」などの、ネガティブな捉え方に繋がります。

特に初対面であったり、お互いをあまり知らない人からすれば、元々目つきが悪いことを理解していなかったり、目が悪いことで細めてしまう癖を知らないわけですから、睨まれたと誤解を招くことは当然です。

何らかの対応が必要で、印象を和らげる顔立ちを目指すことが、誤解されない自分を作る否決となることは間違いありません。

 

活気がなく眠たそうに見える

「眠たそうな顔だね」とか、「だるそうにしてる」など、本人は全くそうした感情を抱いていないのに、表情からそうした捉え方をされる人も、誤解されやすい人の特徴です。

芸能界で例えると、嵐の大野智さんが眠たそうな顔だと言われがちであり、どこかだるそうに答えたり、やる気がなさそうに見える人の中でも、最も有名人であるかもしれません。

活気がないということは、相手からすれば「嫌そうだ」とか「だるそうだ」などの、ネガティブな評価と繋がりやすいので、どんな時にも誤解される原因となりかねません。

目つきが悪いもそうですが、どちらも本人の本音とは全く違った捉え方をされるので、それを理由に自分が嫌いになってしまうこともしばしば。

 

最も有効な対処法を厳選紹介

勝手に自分で決めつけない

誤解されないためには、まずは自分をしっかりと知ってもらう必要があり、さらには相手をしっかりと知る必要があるため、他人に無関心なままでは、誤解されやすい自分を変えることはできません。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP