ハーフのかわいい組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

UAEにイケメンが多いイメージが強い理由は、過去にサウジアラビアにて「イケメンすぎて捕まってしまった」人が、UAEの人であったことが原因であると考えられます。

上記がそのイケメンすぎて捕まってしまった人で、これはUAEでも絶賛されるほどのイケメンであるため、これがスタンダートなわけではありませんが、基本的にこうした濃い顔立ちの人が多いのがUAEです。

ちなみにこの方は、イケメンすぎて女性陣が発狂することを理由に国内待機を強いられたため、ここまでのイケメンを期待するのは間違いです。

 

日本とラトビア

金髪美女率世界NO.1と言われるほど、特に女性の評価が高いラトビアですが、ハーフの子供が欲しい日本男子にとってはとても朗報な情報があります。

それは、ラトビアは世界で最も結婚しにくい国だと言われており、その原因が「国に男性が少なすぎること」であるため、一目見て美しいと思える女性であっても、未婚である可能性が高い国となります。

ちなみに人口差は、女性100人につき男性84人と公表されており、ラトビア男性全てが結婚したとしても、女性は10パーセント以上も残ってしまう割合であるほど、女性は男性を取り合う必要がある国としても有名です。

またラトビア男性は、鼻筋が高いことに加えて彫りも深いため、日本人とのハーフである場合は程よい彫りの深さで、バランスよくなることも考えられます。

 

ハーフであるデメリット


いじめと差別の対象

今では絶賛されるほどのイケメンや美人でも、ハーフタレントで過去にいじめにあっていた人も多く、マギーさんや藤田ニコルさん、ダレノガレ明美さんやローラさんでさえいじめに遭い、学校に行くのが辛かった過去を持ちます。

そもそもハーフでかわいい子供が欲しいと思う人は、大半が彫りが深い等の魅力を求めているわけですから、いじめと差別の対象となりやすい子供であることを理解しなければなりません。

今ではハーフタレントの活躍があったり、ハーフ自体が日本国内に増えていることによって、いじめや差別がかなりマシになっているのも事実ですが、今でも差別の対象となりやすいのがハーフなのです。

故にハーフの両親は、いじめや差別を恐れてインターナショナルスクールに通わす人もいて、一筋縄ではいきづらいのがハーフならではの苦しみです。

 

理想と現実の差

ハーフ=かわいい子が生まれてくるとの勝手な思い込みから、自分が求めていたかわいさでなかった時には、やはり両親は可愛くないと思ってしまいかねず、中には「子供が邪魔だ」なんて思う人もいます。

もちろん一部の少数ではありますが、かわいい子供が欲しいとハーフになれる両親を選んだ人は、「必ずどういう見た目の子供が欲しいのか?」という理想があるはずです。

ハーフといっても、必ずしもかわいい子になるわけではありませんし、あまりにも高望みしすぎた親の中には内心、「もっとかわいい子が生まれてくる予定だった」との思いを抱え、子供を愛せない人もいます。

こちらに関していえば、ハーフだけに限った問題でもなく、望んでいない子供を出産したケースでも多々見られる問題です。

 

コンプレックス

ハーフであることをコンプレックスに思う人もいて、周りから「かわいい」や「羨ましい」とちやほやされていても、影では同性から嫉妬されたり嫌われやすいのもハーフのデメリットです。

もちろんかわいいは正義でありますし、周りからすれば悩みもなさそうに思えがちですが、純日本人でない自分を嫌いになってしまうハーフは非常に多いのです。

こうした悩みを抱える人は、ハーフあるあるでもある外国人いじりなども心から楽しむことができず、心をより閉ざしてしまう経験を持つ人も珍しくありません。

ハーフ顔が羨ましいのは他人目線であって、本人目線になるとコンプレックスとなることもあるため、ハーフが必ずしも楽しい人生を送れるとも限りません。

 

結論/共通点とは?


元々レベルが高い

かわいい組み合わせとなる可能性が高い国は、元々のレベルが高い国であり、やはり世界的にも評価される人が多い国との遺伝子は、かわいい子が生まれてきやすいです。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP