嫌われ者の特徴20選

 

自己愛情が強すぎる人

自分だけが大切で、他の人はどうでもいい。

そういう自己愛情が強すぎる人は、人から嫌われる傾向があります。

これは自慢話などをよくする人に言えることです。

自己愛情が強すぎると、自分がいかにすごい人間か…そんな話ばかりしてしまうのです。

言っている本人は自慢話なので気分がいいですが、話を聞いているほうはうんざりしてしまいます。

 

自己中心的

また、自己愛が強すぎる人は他人が話をしているときに我慢できずに遮ってしまう場合があります。

他人が中心の話では面白くなく、自分中心の話に切り替えたいと思ってしまうのです。

嫌われ者は自分が話の中心でないと面白くないのです。

これとは逆に、周りから慕われている人はどんな話でも受け入れることができます。

しかし、嫌われ者の心理としては無理やり話の中心になろうとする傾向があるため、さらに嫌われてしまう原因となってしまうのです。

 

思いやりがない

嫌われ者は思いやりがないことも特徴の1つです。

自分さえ良ければ他人はどうでもいいという本心は、長く付き合えば付き合うほどばれてしまうので、結局は人間関係が長続きしない傾向が強いです。

また思いやりがない人は感謝の気持ちが伝わってこないので、愛想を尽かされてしまうこともしばしば。

逆に人情味が厚い人は心から信頼される人であり、仲間意識が強いので、非常に好かれやすいといえます。

 

空気が読めない

空気が読めない人は、嫌われ者の典型的な特徴とも言えるでしょう。

空気が読めないので人をイラッとさせてしまうことも多いですし、何より周りを疲れさせてしまいます。

延々と自分の過去の栄光を語っていたり、下ネタも平気で使いますし、かまってちゃんが非常に多いので、多くの人にあまり一緒の時間を過ごしたくないと思われてしまうのです。

 

非を認めない・責任転嫁する人

非を認めないということは、自分が正しいと思い込んでいる人に共通する特徴の1つです。

このタイプは決して自分の非を認めることはありませんので、自分に非があっても他人のせいにしたり、言い訳を並べたりします。

同じようなケースで、芸能人や政治家がよく干されてしまいますよね。

自分の非を認めることができない人は、気がつけば周りから人が離れています。

 

嫌われ者あるある10選を一挙公開

1.清潔感がない

2.陰口ばかり言う

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP