【自称サバサバ女のここが嫌い!】腐った性格が無理/うざい理由27個

「相手に自分のことをアピールするくらいであれば、初めから同じようなタイプと絡めばいいのに…」と素朴な疑問を感じてしまうことも、声を大にして伝えたい本音です。

世の中の多くの人は、無神経で笑えないような発言に共感したいとは思わないはずですから、少数派の意見同士で意見が合う自称サバサバ系同士で仲良くすれば、被害に合う女性も少なくなるのではないでしょうか。

 

話が長いしうざい

自分語りをしたりマウンティングを取るために必死な自称サバサバ女は、とにかく話が長くなることが多くて、自慢話が始まると永遠と語るレベルで会話が止まらないこともしばし見られます。

自分は弱い女でないことをアピールしたかったり、優位な位置に立ちたいこともあってか、自慢話が長くてうざいと思われることを理解しないと、いつまでたっても心許せる友人を作ることは難しいと言えます。

誰でも自慢話の1つや2つはするものですが、その話が長いことに加えて悪口に共感しないといけない空気は、なんとも耐え難いものがあります。

 

敵対視するな!

自称サバサバ女の中には、「可愛いものが似合わないからこそのサバサバ女」がいるわけですが、このタイプは可愛い女性に対して敵意むき出しで張り合ってくるようなタイプです。

例えば、可愛いネイルをしてきたことに対して、「えー?まだ新人のくせにネイルしてくるの?」と嫌味を言ってきたり、「あーあ。見た目より実力つけないと」などの嫌味を言ってくるなど、新人に対して敵対視することが、中身までクズだと言われてしまう原因なのです。

女の敵は女と言いますが、女を捨てているような人に敵対視されることは、相手だって納得のいかない行動であるわけです。

 

もう関わりたくない

これはいじめにあったり、陰湿な仲間外れにあった人が心の底から思う本音であって、自称サバサバ女とは付き合いたくもないし消えて欲しいとまで思えるほど、恨み憎んでいる人もいます。

自称サバサバ女に関しては、いじめなどの被害に合わない人であっても厄介者として扱うことが多いのは、これまでの内容を読み進めれば理解済みかと思います。

自称サバサバ上司が嫌で仕事を辞める人もいるほどなので、もう関わりたくないほど嫌われ、嫌悪感を強く持ち続けることは何も不思議なことでもありません。

 

うざいと感じる人の声


ここではランサーズにて「自称サバサバ女子に対する本音を教えてください」との募集をかけることで、どういう本音を抱いているのかの調査をしてみました。

7人の意見の中でも、最も分かりやすくてイメージしやすい本音を3つに厳選して紹介していきます。

20代もういやさん。

自称サバサバ女と出会った経験は一度だけですが、威圧的ではっきりと物事を言いすぎる性格が、私の中ではどこか恐怖で合わない人であると感じました。

一番厄介だなと感じたのは、過去の彼氏や友達に対する愚痴をたくさん口にすることであって、「私も一歩間違えば餌食となる」と思ったので、少しずつ距離を置くことにしました。

はっきりと物事を口にする方なので、「最近冷たい!」なんて冗談がてらに言われますが、それに対して「どこがサバサバしてんだよ…」と思ってしまったのが本音です。笑

高校生気づいて欲しいさん

何かと自分が不機嫌になると意見をはっきり言うのは悪いことではないかもしれないけど、その発言によって周りが気を使ったり、どうしようもない空気になるのは気にして欲しいと思っています。

「女は群れるのが好きだよね」なんて言うけど、あなたは群れる仲間に入って欲しくない人物だし、すぐに陰口を叩く女なので正直苦手です。

少しの悩みを愚痴ると「はっきり言えばいいじゃん」と、自分なりの対処法を押し付けてくることもうざいし、そのあなたの行動が受け入れられていない事実に気づかないのは、ちょっとバカなのかな?とさえ思うほどです。

群れる仲間に入れてもらえないのは、あなたの性格がとても鬱陶しくて空気をぶち壊すからだと気づいてください。

テニス部さん

私の周りにいる自鯖女は、簡単に訳すと全てが「私よりも可愛くしないで」の主張であって、自分よりも魅力的な女が気に食わないのか、すぐにディスることで周りに共感を求めます。

それに否定すると機嫌が悪くなりますし、次の悪口の対象とされるだけなので、周りも仕方なしに共感しているふりをしていますが、可愛く見られたいならそれなりの努力をしろと言いたいです。

「私って可愛いのに口悪いでしょ?でも実はモテるんだ」みたいな言い回しも、今では恐怖でしかないですし、そんなことを言っても私はあなたより可愛い格好をすることで、高く評価され続けるつもりです。

固定ページ:
1 2 3

4

5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP