熊系男子の特徴とは?芸能人の参考例|魅力や無理な人の違い20選

これは動物でも同じことが言えて、小型犬ほど気が強くて吠える回数が多いことに対して、大型犬はどっしり構えて威嚇することも少なく、体が大きいほど犬は温厚で優しいと言われます。

実際に熊系男子だからといって必ず優しいわけではありませんが、人はこうした動物の傾向もあってか、どうしても体が大きな人ほど優しそうと思い込んだり、おおらかな人であるとの評価に繋がりやすいのです。

 

隣にいると安心できる

隣にいるとなぜか安心できるのも熊系男子の魅力で、大きな体に身を任せて寄り添えることは、女性にとっての大きな安心材料となりますし、おおらかで優しい雰囲気を持つ熊系男子は、女性にとって弱みや相談相手として選びやすいです。

また、熊の可愛いぬいぐるみが隣にあると落ち着く人がいるように、熊系男子が隣にいるだけでも落ち着くことができることも、恋人に安心感を求める女性にとっては、放っておけないほどの魅力となるはずです。

男らしさで安心できることに加えて、見た目やおおらかな雰囲気でも安心感を与える熊系男子が、女性の間での評価がうなぎのぼりな理由も納得できます。

 

無理な人との違い


顔が平均以下

残念ながら世の中は顔がとても重要で、顔が平均以下のブサイクな人は「ただのデブ」と思われたり、「気持ち悪い人」との評価となるため、顔が平均以上であることが無理な人との違いになります。

癖のある顔やぽっちゃり美人とも言いますが、こうした人たちも顔が整っているからこそポジティブに評価されるのであって、ブサイクな人は悪い部分ばかりが目立つことでネガティブな評価をされます。

「可愛いは正義だ」とか「イケメンは正義だ」と言われるように、顔が残念な人は熊系男子とは評価されません。

 

不潔感が凄い

不潔感が凄いことは熊系男子にとって最悪の相性で、ぽっちゃりや大柄な体の人に清潔感が見られないことは、「くさそう」「汚そう」などのネガティブなイメージを連想させます。

実際に太っている人ほど汗っかきであったり、匂いがきつい人も多いのは事実なので、清潔感を意識していない熊系男子ほど、「勘違いデブだ」なんて陰口を言われるリスクも上がります。

熊系男子に短髪が多い理由も、清潔感を意識したが故の短髪であって、周りの視線や評価を過剰に気にする必要があることは、熊系男子ならではの苦労とも言えそうです。

 

女々しい言動が目立つ

熊のように大きくて強そうなのに女々しい言動が目立つことは、「見た目だけの弱虫だ」と思われる瞬間であって、そもそも熊系男子と呼ばれる人は小心者ではありません。

小心者とは、見た目の割には気が弱い人のことですが、大きな体で気が強い人は自分の弱さを隠し通すための行動であるため、熊系男子のような可愛い雰囲気やおおらかな雰囲気が見られません。

こうした人に対して他人がどう評価するのかを考えると、「体がでかいだけのヘタレ男だ」と評価するのが妥当で、実際に多くの人がそうした評価をつけることになります。

 

肥満が酷い

体が大きいといっても限度があって、あまりにも肥満が酷い人は「デブで見苦しい」と言われるほど、清潔感より見苦しさが目立ってしまう人です。

熊系男子として魅力的に評価される人は、どれだけ大きくてもしっかり首がしっかり確認できる人や、顔の輪郭がしっかりと確認できる人であるため、それ以上に脂肪がつくことはデメリットが増えていく一方です。

あまりにも肥満が酷い場合、ふてぶてしい顔に見えてしまったり、一つ一つの動作が大きいことで鬱陶しい人物だと思われやすくなるため、こうしたデメリットの1つ1つが重なることにより、大きな負のイメージになっていくことが最大のデメリットです。

 

デブと熊系は別物


デブと言われる人と熊系と高く評価される人は別物で、体が大きい=熊系男子にはなれないことがはっきり分かったかと思います。

くまのプーさんのような雰囲気を持つ人こそが熊系男子であって、不愉快で目障りな雰囲気を持つ人こそが嫌われ者のデブであると述べると、どれだけ後者と前者が違うのかが分かりますね。

熊系男子が好きだと周りに言えば「デブのどこがいいの?」と疑問に思う人がいますが、熊系男子好きはデブだから好きなわけではないことを、しっかりと頭に入れておく必要があります。

これは男性にも同じことが言えて、太っていることをポジティブに捉えすぎて、「自分は熊系男子だから問題ないんだ」と勘違いしてしまうことは、後に自分を苦しめるリスクを上げてしまうだけなのです。

関連記事:残念な顔の特徴とは?各パーツを細かく分析した結果

関連記事:【世の中顔が全て】それらを証明する16の現実

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP