いきなりステーキがまずい派の意見|「ソースが微妙」などの声15個-どこがダメなのか?

「えっ…いきなりステーキってまずいじゃねーかよ!」と、期待を裏切る味に驚きを隠せない人が多くいて、思っていた以上の味でなかったことに対して、不満の声をネットであげる人も珍しくありません。

ここでは主に「いきなりステーキってまずいな。」と、素直に思った人に多く聞かれる意見を述べることで、具体的にまずいと思える部分を知ることができます。

また、「いきなりステーキがまずい」と思った人のリアルな声も載せていくことで、美味しいとは思えなかった人に深く共感できる記事となっています。

いきなりステーキへの不満は多い


あなたは、「いきなりステーキに不満を持つ人が多い」事実をご存知でしょうか。

その事実を証明することは非常に簡単なことであって、「グーグルのみで年間にどれくらいの検索がされているのか?」をリサーチすることで、いきなりステーキがまずいと思う人が多い現実を知ることができます。

そのリサーチの検索結果が以下の画像となります。

こちらはグーグルキーワードプランナーで検索した結果であり、これは「グーグルで月間にどれくらいの検索数がおこなわれているのか?」を調べることができる、グーグルが提供するツールとなっています。

こちらで検索した結果、「月間平均検索ボリュームが1000〜1万」の数が表示されていることから、少なくとも一ヶ月の間に「いきなりステーキ まずい」とグーグルで検索している人は、1000人以上はいることが証明できました。

少なくとも月間1000人ということは、年間で1万件以上の検索ボリュームとなるため、これは非常に多い検索数であることが分かります。

つまり、あなたがもし「いきなりステーキがまずい」と思った派の人であるとしても、それは珍しい意見ではないことが、この数値から証明することも可能となりました。

 

いきなりステーキがまずい派に多い意見


当たり外れが激しい

いきなりステーキに限った話ではありませんが、お肉は全ての部分が均等な柔らかさではありませんし、均等なうまさでもないため、外れに当たった人は「もう二度と来ない」と思えるほど、まずいステーキに当たってしまう人がいます。

特に多い意見としては、「ワイルドステーキの当たり外れが激しい」との意見であって、ワイルドステーキは肩ロースの部分となるので、どうしても筋が多くて扱いの難しい部分なのです。

故に、筋が多い部分に当たった人は「なんだこの肉…」と、素直にまずいと思ってしまう人が多発してしまい、この声がネットを通して拡散されたことで、一部ではいきなりステーキ=まずいという先入観を持つことにも繋がったのです。

これは店舗によっても味が違ってくると考えることができて、例えばやる気のある店なら従業員が筋を細かく撤去することで、できるだけ均等な肉質を提供しようとしていることもあります。

違う店舗に足を運んだことのない人は、チャレンジ精神でもう一度違う店舗に足を運ぶと、もしかすると評価が変わるかもしれません。

 

ソースがまずいし残念

いきなりステーキは肉以外にもソースがまずいと言われがちで、「いきなりソースはかけない派!」との声も信者から聞かれるほど、いきなりステーキが好きな人であっても賛否両論が分かれやすい味です。

それもそのはずで、ステーキのみならず焼肉などでも「ソースやタレで味が変わる」と主張する人も多くて、「どれだけ安い肉でもタレが旨ければ問題ない」と思う人も多いため、ソースはお肉系の店舗にとっては非常に重要な役目を果たします。

実際に食べログでも、「ソースは水っぽくてサラサラでまずい」とか、「ソースが水っぽすぎて役目を果たしていない」などの口コミも多く見られ、万人ウケするようなソースではないことも、いきなりステーキがまずいと思う人が増えた理由です。

こうした人は、違う食べ方を試すことで評価が大きく変わる人もたくさん出てくるかと思うので、ソースが原因で行かないと決め込んでしまった人も、一度チャレンジ精神で試してみるといいでしょう。

 

値段の割にはまずい

いきなりステーキが高いと感じる人もいれば、安いと感じる人もいるわけですが、高いと感じる人はステーキ店に慣れていない人か、またはそれほどの量を求めていない人であると言えます。

そもそもステーキはどこの店に行ってもそこそこの値がするので、メディアなどで話題に取り上げられたことで足を運んだ人は、味の割には値段が高いと思ってしまう確率も高くなります。

それほど量を求めていない人に関しては、いきなりステーキは満足できる量を食べきることで、そこそこ安いと思えることが売りである一面もあるので、量より質派の人にとっても、値段の割には高いとの評価に結びつきやすいのです。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP