【いきなりステーキ高いわ!】と思う人の声8選|どこが不満?安く食べる方法も

「いきなりステーキ高くね!?」と、驚きの声をあげる人はあなただけに限ったことでなく、世の中の多く人が「いきなりステーキは高い」という本音を持っています。

また、「いきなりステーキは期待ハズレだな…」との本音を持つ人もいて、値段と味に納得がいかない人にとっては、「どこが評価されているのか?」を知りたい気持ちも大きいのではないでしょうか。

そんなあなたも、この1ページを読むことで深く共感できる愚痴や美味しいと思う人の意見、さらに安く食べる裏技を知ることができるため、すっきりとした気持ちでお得情報を知ることができること間違いなしです。

いきなりステーキが高いと思う人は多い


まずは、「いきなりステーキが高いと思う人が多い」事実の証明をしていくことで、あなたの意見が決して珍しくない事実を証明していきます。

その事実を一瞬で証明できる画像は、以下の画像となります。

こちらはグーグルキーワードプランナーにて、「いきなりステーキ 高い」とリサーチした結果であり、グーグルキーワードプランナーは「月間でどれくらいの検索数があるのか?」を調べることができる便利ツールです。

ちなみにこちらの数値は、グーグル側が提供しているツールであるため、月間検索ボリュームは確かな数値であることは間違いありません。

こちらの画像の月間平均検索ボリュームに注目すると、「1000〜1万」という結果が出てきていますが、これは「一ヶ月の間にどれくらいの人が検索しているのか?」を表した数値であります。

ここからわかる事実は、「いきなりステーキ 高い」と一ヶ月の間に検索した人の数は、「1000〜1万」件もの検索がされていて、年間計算すると「1万〜10万」件もの検索ボリュームがあることを示しています。

つまり、いきなりステーキが高いと素直に思ったあなたは、それほど珍しい派の意見では無いことがここから見えてきて、ある意味普通の感覚の持ち主であるとの捉え方もできるほど、高いと素直な感想を持つ人も多いことがわかりました。

 

いきなりステーキが高いと思う人の意見


味の割には高いと感じる

一番多く聞かれる意見がこちらであって、「いきなりステーキは値段の割には高い」との本音を持つ人がたくさんいて、「この値段なら美味しいものをたくさん食べれる」との考えが、素直に高いと思える原因となります。

当たり前ですが、ステーキを食べるには最低でも1000円以上の出費が必要となりますし、ディナーとなれば値段がより上がってしまうことは、どの店でも当然のことです。

例えば、400gカット2,760円のリブロースステーキを食べたとして、美味しいとは思えなかった人にとっては、「2,760円出すなら牛丼たくさん食べた方がいいや…」との意見に繋がっていきます。

現代人は特にコスパを気にする人が多いこともあって、3000円近く出す=美味しいのは当たり前との思考となりがちなのも、いきなりステーキが現代人にとっては高いと感じてしまう原因なのでしょう。

また、家族連れで食べに行った人にとっても、ランチメニューを除けばそこそこの値段となってしまうことも、いきなりステーキを初めて経験した人が驚き、高いと思ってしまう瞬間となりがちです。

 

ランチ以外が高い

いきなりステーキのランチタイムは300gで1,390円と、かなりお得な値段でステーキを楽しむことができますが、それ以外の時間帯や休日ではランチタイムが適用されないことも、高いと思う人が多くなってしまう原因です。

こちらも例えてみると、ネットの口コミで「いきなりステーキはコスパ最強!」などの評判を見て、いきなりステーキに足を運んだ人からすれば、ランチ以外の時間に行けばそれなりの値段となってしまうことで、期待を裏切る形となってしまいます。

こうした人は、ランチメニューに行けば安いと感じる確率が高いことを知らずに、それ以外の時に足を運んでしまったことで期待を裏切られ、高いと素直に思ってしまったのでしょう。

確かに、休日ランチメニュー適用外の店舗やディナーメニューは倍近くの予算が必要となりますし、他のステーキ店とそれほど味が変わらないと思ってしまうことも、仕方がないことです。

こうした経験をした人は一度ぜひ、ランチメニューを食べてから高いかどうかを決めてみると、いきなりステーキに納得する人の考えも理解できるようになります。

 

筋が多すぎて高い

特にランチメニューのワイルドステーキは、当たり外れが大きい肉であることで有名ですが、外れの肉に当たった人の場合、「5分の1程度が筋の部分で噛みきれなかった…」との経験をすることで、高いとの評価につながります。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP