【いきなりステーキ高いわ!】と思う人の声8選|どこが不満?安く食べる方法も

「いきなりステーキ高くね!?」と、驚きの声をあげる人はあなただけに限ったことでなく、世の中の多く人が「いきなりステーキは高い」という本音を持っています。

また、「いきなりステーキは期待ハズレだな…」との本音を持つ人もいて、値段と味に納得がいかない人にとっては、「どこが評価されているのか?」を知りたい気持ちも大きいのではないでしょうか。

そんなあなたも、この1ページを読むことで深く共感できる愚痴や美味しいと思う人の意見、さらに安く食べる裏技を知ることができるため、すっきりとした気持ちでお得情報を知ることができること間違いなしです。

いきなりステーキが高いと思う人は多い


まずは、「いきなりステーキが高いと思う人が多い」事実の証明をしていくことで、あなたの意見が決して珍しくない事実を証明していきます。

その事実を一瞬で証明できる画像は、以下の画像となります。

こちらはグーグルキーワードプランナーにて、「いきなりステーキ 高い」とリサーチした結果であり、グーグルキーワードプランナーは「月間でどれくらいの検索数があるのか?」を調べることができる便利ツールです。

ちなみにこちらの数値は、グーグル側が提供しているツールであるため、月間検索ボリュームは確かな数値であることは間違いありません。

こちらの画像の月間平均検索ボリュームに注目すると、「1000〜1万」という結果が出てきていますが、これは「一ヶ月の間にどれくらいの人が検索しているのか?」を表した数値であります。

ここからわかる事実は、「いきなりステーキ 高い」と一ヶ月の間に検索した人の数は、「1000〜1万」件もの検索がされていて、年間計算すると「1万〜10万」件もの検索ボリュームがあることを示しています。

つまり、いきなりステーキが高いと素直に思ったあなたは、それほど珍しい派の意見では無いことがここから見えてきて、ある意味普通の感覚の持ち主であるとの捉え方もできるほど、高いと素直な感想を持つ人も多いことがわかりました。

 

いきなりステーキが高いと思う人の意見


味の割には高いと感じる

一番多く聞かれる意見がこちらであって、「いきなりステーキは値段の割には高い」との本音を持つ人がたくさんいて、「この値段なら美味しいものをたくさん食べれる」との考えが、素直に高いと思える原因となります。

当たり前ですが、ステーキを食べるには最低でも1000円以上の出費が必要となりますし、ディナーとなれば値段がより上がってしまうことは、どの店でも当然のことです。

例えば、400gカット2,760円のリブロースステーキを食べたとして、美味しいとは思えなかった人にとっては、「2,760円出すなら牛丼たくさん食べた方がいいや…」との意見に繋がっていきます。

現代人は特にコスパを気にする人が多いこともあって、3000円近く出す=美味しいのは当たり前との思考となりがちなのも、いきなりステーキが現代人にとっては高いと感じてしまう原因なのでしょう。

また、家族連れで食べに行った人にとっても、ランチメニューを除けばそこそこの値段となってしまうことも、いきなりステーキを初めて経験した人が驚き、高いと思ってしまう瞬間となりがちです。

 

ランチ以外が高い

いきなりステーキのランチタイムは300gで1,390円と、かなりお得な値段でステーキを楽しむことができますが、それ以外の時間帯や休日ではランチタイムが適用されないことも、高いと思う人が多くなってしまう原因です。

こちらも例えてみると、ネットの口コミで「いきなりステーキはコスパ最強!」などの評判を見て、いきなりステーキに足を運んだ人からすれば、ランチ以外の時間に行けばそれなりの値段となってしまうことで、期待を裏切る形となってしまいます。

こうした人は、ランチメニューに行けば安いと感じる確率が高いことを知らずに、それ以外の時に足を運んでしまったことで期待を裏切られ、高いと素直に思ってしまったのでしょう。

確かに、休日ランチメニュー適用外の店舗やディナーメニューは倍近くの予算が必要となりますし、他のステーキ店とそれほど味が変わらないと思ってしまうことも、仕方がないことです。

こうした経験をした人は一度ぜひ、ランチメニューを食べてから高いかどうかを決めてみると、いきなりステーキに納得する人の考えも理解できるようになります。

 

筋が多すぎて高い

特にランチメニューのワイルドステーキは、当たり外れが大きい肉であることで有名ですが、外れの肉に当たった人の場合、「5分の1程度が筋の部分で噛みきれなかった…」との経験をすることで、高いとの評価につながります。

もし5分の1程度が筋であった場合、実際に美味しくいただける部分が5分の1減った状態となるため、総合的な評価として高いと思う人も世の中にはたくさんいます。

ランチメニューであった場合は、訳ありであるからこそ安い値段で楽しむことができるわけですが、店舗によっては筋の取り除き方が下手な店舗も存在するので、ランチ以外の時間帯でも「噛みきれないほど硬い」との感想を持つ人も出てきてしまいます。

やはりステーキは、作る側の技術によって柔らかく思わせることができたり、満足させる味付けにできることからも、いきなりステーキは店舗を増やしすぎたことが、こうした不満を持つ人が増えた原因であるとの考え方もできるほどです。

 

ソースがまずい

味の割には高いと感じる人が多いとの意見を述べましたが、いきなりステーキは肉だけでなく「ソースがまずい」との声が多く、どちらかといえばこちらの方が多いのではないかと思えるくらい、ソースに不満を持つ人が多いです。

いきなりステーキのソースは凄く薄味なので、たくさん付けても味が変わらないとの感想を持つ人がいたり、それ以外で食べた方が美味しいとの意見をよく耳にします。

「いきなりステーキの肉はまずくないのだけど、味付けがちょっと…」という理由で、味の割には高いと感じた人がいるとすれば、次回は違う食べ方で望むことでその意見を変えることが可能です。

理由は簡単で、いきなりステーキの常連や好きな人の多くはソース以外の味を楽しんでいて、むしろソースは全く使わない人が非常に目立つため、塩胡椒やワサビ醤油でチャレンジしてみることをおすすめします。

 

実際に聞いた。その本音


※ランサーズにて、「いきなりステーキが高いと思う人の本音を教えてください」との募集をかけることで、心に抱く本音を聞き出すことに成功しました。

今回は9名の本音の中でも、より優れた4つを紹介していくことにします。

28歳微妙すぎるさんの声

いきなりステーキがダメな点は、テレビでは物凄く美味しそうなコメントばかり残しているのに、実際に食べてみると他のステーキ店とさほど変わらないことであって、特別美味しいわけではないことです。

その割には値段は少し割高かなって感じがしますし、家族で行くとかなり高くついてしまうことが、自分にとってはあまり高評価できない部分です。

ランチメニューは安いそうですが、その店舗は休日はランチメニューがない店舗だったようなので、店員さんも「安く食べたいならランチメニューがおすすめです」と言っていました。

特別にまずいわけでもないし、特別に高いわけでもないと思いましたが、そこそこの値段が必要となるステーキ店に、無理をしてまで来店しようとは思えません。

33歳肉をしれさんの声

いきなりステーキに一度だけ行った感想は、「高い、まずい、遅い」でした。

まず味の割にはお高いと感じた料金設定に加えて、出てきてすぐにソースをかけたこともあってか、肉が半ナマすぎて血の味が濃かったというか、肉を食べている感じではなかったです。

しかも注文してから出てくるまでが非常に遅くて、一度店員さんに注文が通っているのかを確認してほど、ステーキが来るまでに15分程度の時間を要したかと思います。

なんでも友人の話によると、いきなりステーキは基本的に自分で焼き具合を調整しなければいけないようで、すぐにソースをかけて食べようとしたことが、半ナマ状態の肉になってしまった原因だそうです。

田舎者でいきなりステーキが身近に無かったこともあって、私は来店する機会をすごく楽しみにしていたんですが、その期待通りの味では無かったですね。

37歳前と変わらないさんの声

いきなりステーキさんはペッパーランチと然程変わらないと思います。

肉の分厚さやステーキ専門店であることの違いはありますが、味が変わらず値段が高くなっただけなのが、いきなりステーキといった感想を持ちます。

特にダメなのがソースで、ソースをかけない方がアツアツで美味しいのではないかと思えるほど、ソースの味自体が微妙でした。

肉系は基本的にソースが命だと思いますし、どれだけ良い肉を提供しようが、味付けがダメなら残念程度の味にしかならないと思うんです。

ステーキ自体が高級食材で、高いからこそうまいのは当たり前だと思う僕にとっては、自分のご褒美のためにステーキ店を選ぶとすれば、いきなりステーキはないですね。

24歳普通さんの声

いきなりステーキは普通の割には高いだけですし、スーパーのステーキと大きな違いはないかなと思ったのが正直な感想です。

もちろんランチメニューであればスーパーで買うよりお得感は凄いですが、ディナーメニューはスーパーの肉が分厚くなっただけといった感想を持ちました。

自分は高いけれどもランチメニューだけは食べる派であって、ディナーは一度行ったっきりで、そこまで積極的に行こうとは思っていません。

ちなみにランチメニューは筋が多い時と少ない時に分かれやすいので、あたりくじを引く感覚で食べてもらうと、安くて満足のいく料金設定に感じることができます。

もう一つ難点を挙げるとすると、特にディナーは複数人で行くとすごく料金が高くなってしまうため、デートなので頻繁に使える店舗ではないことです。

 

✅ライバル店と比べて本当に高いのか?


いきなりステーキを筆頭に、ステーキ店は数多く存在するわけですが、そんな中でも数多くの店舗を展開する有名店と比べてみることで、いきなりステーキが本当に高いのかどうか?の真相が見えてきます。

その真相を調べるための方法として、最も的確で明確な情報を伝えるためにも、当サイトでは実際にいきなりステーキに電話をしてみることで、ライバル店との差別化はどこにあるのかを聞き出すことにしてみました。

その結果が以下の答えとなります。

いきなりステーキの最大の売りは、サラリーマンやOLなどの時間がない人たちがさらっと立ち寄ることができ、リーズナブルな値段で提供できることが売りの1つです。

さらに、肉の質を重視することでライバル店では味わえないような肉質を、リーズナブルな価格で食べれることも魅力です。

来店してもらうとするに分かるかと思いますが、基本的にお一人様でサクッと食べるイメージが強いのが、いきなりステーキだと思ってくれてもいいくらいです。

高いとの声も実際にあることは存じていますが、あくまでいきなりステーキは肉質+リーズナブルが売りであるため、高い値段設定とは決して言えないのが現状となります。

この回答から読み取る事実としては、いきなりステーキは良い肉質の割には安くて、コスト重視であることが最大の売りであることが分かりますね。

故に、肉質に対してこだわりがない人にとっては高く感じてしまったり、家族連れの人にとっても高く感じてしまうのが、いきなりステーキの欠点と言えるのではないでしょうか。

また、そうした人たちにとっては、ガストやロイヤルホストなどの家族連れをターゲットとした店舗がおすすめとなることでしょう。

 

いきなりステーキを安く食べる方法


肉マイレージカード

最もメジャーで安く食べる方法でありながら、いきなりステーキの常連にとっては欠かせないカードこそが、肉マイレージカードです。

使用方法としては、カードに金額をチャージすることで割引が実施される形となっており、最大で3%もの値引きが適用されるメリットがついてきます。

肉マイレージカードの割引具合

・3,000円以上 → 1%(3,030円利用可能)
・5,000円以上 → 2%(5,100円利用可能)
・10,000円以上 → 3%(10,300円利用可能)

もともと肉質の割には安いいきなりステーキだけに、さらに3%もの割引が行われるとすれば、10回目で30%もの差が出てくるわけですから、常連にとっては非常に大きな割引となっていくことでしょう。

ちなみに年会費は無料なので、高いと思ったけどもう一度行ってみたいと思った方にオススメの方法となりますし、アプリでも登録が可能です。

 

いきなりステーキ × タイムズカーライフ

いきなりステーキとタイムズパーキングがコラボしたギフトカードで、肉マネー・ギフトコード(2,000円分)のスクラッチカードをこすると、登録した肉マイレージカードに2,000円の付与ができます。

クレジットカードにも対応できることに加えて、様々な景品と交換できるなどの楽しみもできることから、あまりにも大人気でギフトカードの購入ができないほど、話題を集めたギフトカードです。

現在でも完売となっていることが多いこのカードは、いきなりステーキマニアにとっては目が離すことができない、超お得カードとなります。

 

株主優待の裏技

株式会社ペッパーフードサービスの株式優待では、いきなりステーキの優待券がプレゼントされることもあって、かなりお得な値段でいきなりステーキを食べることができます。

問題は株主になる必要があるわけですが、メルカリやヤフオクなどを使うことで安く入手することが可能で、本来の値段よりもかなりお得な価格で召し上がれるのが、裏技となります。

もちろん買い取る必要があるわけですから、その分の手間はかかってしまいますが、時間に余裕がある時だけでも参加することができれば、時間を有意義に使うことも可能です。

 

その他の簡単な方法

その他にも、ランチメニューを食べることやシニアカードクーポンをもらうことなどの方法が存在しますが、特におすすめできるのが上記の3つの方法です。

ランチメニューは休日も行ってる店舗も増えてきているため、できるだけそうした店舗を選択していくことも、長い目で見ると大きな節約術となります。

 

不満の声は他にもある


ここまで高い人の声を中心に紹介してきましたが、いきなりステーキは他にも不満の声が大きく、まだまだ改善できる部分が多い店舗であります。

そんな中でも、「いきなりステーキはまずい」との検索もかなり多くされていて、これはメディアが持ち上げすぎたことによって、多くの人が必要以上にハードルを上げてしまったのでしょう。

ステーキが高いなんて当たり前ですし、ひと昔前に比べるとかなりリーズナブルな値段で食べれる現在ですが、こうした環境が当たり前だからこそ、飲食店に対するハードルは今後も上がっていき続けることで、さらにリーズナブルな店舗が誕生することも想定できます。

また、味に対しての不満がある方は、「いきなりステーキがまずい派の意見|「ソースが微妙」などの声15個-どこがダメなのか?」もセットで読んでみましょう。

いきなりステーキは大きく話題に取り上げられた店舗だけに、スタバ同様にアンチも多いことが特徴的です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP