ガストがまずい派の意見10選|カットステーキやチーズインハンバーグはどこが悪い?

あなたはガストが「まずい」と思う派か?「美味しい」と思う派か?どちらの意見でしょうか。

ガストに対して「正直まずい」との本音を持つ人は珍しくもなく、こうした人々の声をそのまま届けることで、「どういう部分が不満なのか?」を導き出していきます。

もちろん美味しいと思う人もたくさんいるので、こうした人の声もきちんと届けていくので、ガスト好きな人にとっても納得できる記事となっています。

実際にリアルな声をそのまま載せて紹介しているので、キツめの意見が多くなることを了承ください。

ガストがまずい派の意見


他に比べてまずい

ガストはファミレスの中でも地名度が抜群に高い店舗ですが、「他のファミレスに比べてまずい」との意見が多く聞かれ、「それなら他のファミレスに行った方がいい」と思う人もたくさんいます。

もちろんガストは安いことを前提に行く人がほとんどでしょうが、昔と違ってファミレスもたくさん店舗が増えましたし、ステーキ専門店やハンバーグ専門店も増えたことによって、こうした不満を持つ人が増えてしまったのです。

これはファミレスだけに限らず、牛丼店だって吉野家派とすき家派に分かれるなど、〇〇派になることは決して珍しいことではありませんし、ガストがそれだけ有名であることの証明ともなります。

ちなみにガストの場合は、「サイゼリヤ」や「ロイヤルホスト」と比べられることが多く、ネットなどを通しても「味はロイヤルホスト」との主張が多いようにも感じます。

値段が違うので味も違ってくることは当然のことですが、安くてそれなりに満足できる味こそが、ガストの魅力でもあり欠点でもあると言えそうです。

 

肉がまずい

ガストはハンバーグやステーキが売りの店舗ですから、やはり多くの人は肉を満足いくまで食べたいとか、美味しく最後まで頂きたいとの気持ちを持っています。

しかしながら、ガストの肉はその期待を裏切ってしまうことも多々あって、「肉が半ナマでクソまずかった」とか「肉が固すぎてまずい」など、マイナス評価をする人も特に珍しいことでもありません。

肉がまずいということは、ガストのメニュー全てがまずいかのような発言にも繋がりますし、そのレビューを見た人にとっても期待できない味との思考に繋がっていきます。

また、ステーキガストに対しても「肉がまずい」とのレビューも多く、中には「スーパーの肉と変わらない」との評価をする人もいるほどです。

先ほどもお伝えしたように、やはり安いにはしっかりと理由が存在していて、特に肉は値段が高いほど美味しく感じる確率が高いことから、舌が肥えた人ほど「ガストの肉はまずい」と思いやすく、コスパ重視な人ほど高評価をしやすいと考えられます。

 

意外と高くつく

ガストはコスパ重視といいましたが、あまりガストに詳しくない人はセットメニュー等をつけることで料金が跳ね上がり、「意外と高くつくなガスト」と驚いてしまうことは、ガストあるあるの1つです。

基本的にライスは別料金ですし、ドリンクセットを頼むとそこそこの値段となってしまうガストは、少食の人にとっては文句が出にくい店舗かもしれません。

しかしそこそこの量を食べる人からすれば、「ライスを大盛りにすると値段が上がる」とか、「チーズインハンバーグとライスのみでは物足りない」と思うことで、サイトメニュー等に手を出した結果、そこそこ高くついてしまうわけです。

女性であっても、「ガストのハンバーグは小さくて物足りない」との意見があったり、「ハンバーグとステーキ以外が高い」との声が聞かれるため、腹一杯に食べようと思うのであれば、ステーキガストがおすすめとなることでしょう。

また、ランチメニューの安さを知っている人からしても、それ以外の時間帯が高いと感じることは当然のことで、子供を連れてドリンクAセットを頼んだとしても、そこそこ値段が上がってしまうことは、不満に思う原因そのものです。

 

写真と実物が違いすぎる

ガストのメニュー表を見ると、「凄く豪華」に見えたり「凄くボリュームが多い」ように見えても、実物は全然違ったものが出てくることも、しばしSNSを通して話題を集めます。

これはどこの店舗でもありがちなことですが、基本的に100円回転寿司やファミレスなどのコスパ重視の店舗では、メニュー表と実物が大きく違っていることがよくあります。

こうした現実が訪れると人はまず、「全然見た目が違うじゃん…」と不満の気持ちが募ることで粗探しを始め、「ウワァー。味も微妙だなぁ」と良くない部分ばかりが目につく心理状態となるため、ガストはまずいとか最悪といった負の評価に繋がります。

こちらも安いからこその罠であって、やはり見栄えが良いものほど高い値が付くことは普通なのです。

 

ガストがまずいと思う人の本音

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP