【すき家がまずい!店員が無理!】と思う人の意見|アンチの声15選

「すき家って正直微妙だなぁ。」と評価する人もいれば、「あーすき家まじで無理。」と味以外の部分で嫌いになる人もいて、やはり大型チェーン店には一定のアンチはつきものです。

この1ページでは主に「すき家アンチの声」を全て届けることで、「すき家のココが無理!」な部分を全て述べていきます。

故に最後まで読み終えたあなたは、共感してもらえない気持ちを解消することで、すっきりとした気持ちになれるはずです。

すき家アンチの声


牛丼が微妙である

すき家の牛丼が微妙な理由は明確で、すき家はあくまでトッピングをメインとした牛丼展開をしているので、吉野家の牛丼が好きだという人にとっては、すき家の牛丼単体はまずいと感じてしまいます。

これは仕方がないことで、吉野家が本来好きでたまらない人からすれば、牛丼=トッピングが不要でも美味しいとのイメージが強いので、どうしてもすき家の牛丼を好きになることができません。

逆を言えば、すき家はトッピングという方法で吉野家との差別化ができたからこそ、これだけ多くのチェーン店が出来るまで発達したわけですが、シンプルそのものの味が好きな人にとっては、すき家は論外となってしまうのが正直な感想です。

もちろん牛丼が食べれないほどまずいというわけではありませんが、吉野家を筆頭とする他の牛丼店の方が美味しいと感じるからこその、似たような値段でのすき家はまずいと感じてしまう原因なのでしょう。

 

気持ち悪くなる

すき家が気持ち悪くなる人は主に「あっさり派」の人であったり、「歳をとっている人たち」に多く聞かれる声で、そもそもトッピングで勝負している吉野家は、どうしても味が濃い傾向が強くなってしまいます。

さらに吉野家の牛丼は元々の味が濃いことに加えて、ご飯に汁の味がたっぷり沁みてしまうため、とても辛かったり濃い味付けだと感じてしまう人が多くなることも、すき家がまずいと思える原因です。

これは育った環境によるものも大きいですが、薄味の家庭で育った人やすぐに胸焼けしてしまう人にとっては、すき家の牛丼を最後まで食べきることは難しいことで、無理に食べきることで気持ち悪くなってしまうことも。

実際にYahoo!知恵袋などの質問ができるサイトでも、「数年ぶりに食べたら味が濃くてびっくりした…」との意見もたくさん見られるので、数年ぶりに食べた人が味の濃さにびっくりすることは、すき家あるあるであるとも言えそうです。

 

すぐに飽きる

気持ち悪くなる以外にも、「すき家は味が濃いのですぐに飽きる」こともまずいと思う人の声で、時間がないサラリーマン等にとって早く提供できる牛丼屋は、定期的に通うお店となるわけですが、味が濃いことはすぐに飽きてしまいます。

濃い味を食べた直後は「これは美味しい!」と絶賛できるわけですが、時間の経過とともに「もう飽きてきた…」とイヤイヤ食べることになりやすいので、最初だけが美味しいとの意見が多い牛丼屋こそが、すき家であると言えるでしょう。

また、あっさり派からすれば、濃い味は久々に食べるから美味しいと感じるわけでありますから、「久々に食べると美味しい」と思えるのもすき家であると言えます。

これは個人差によもよりますが、こってり派にとってはすき家は最高に美味しい牛丼チェーン店となる一方で、それ以外の人にはその気持ちの理解が難しいため、どうしてもすき家信者とすき家アンチは対立しやすく、どこが一番かを議論し合うシーンが目立ちます。

 

テイクアウトが地獄

すき家はその場で食べる場合はまだあっさり味であると言え、テイクアウトでご飯に味がたっぷり染み込んでしまうと、とてもご飯が辛く感じてしまったり、ご飯がねちゃねちゃになってしまうことで、味が非常に落ちてしまうのも事実です。

これに関しては店舗によっても味は変わってきますが、牛丼のつゆだくをテイクアウトにしようものなら、もうご飯は柔らかくて酸っぱい味になってしまうことで、食べれない失敗を経験した人も少なからずいることでしょう。

例えば、久々にすき家をテイクアウトしようと試みる人の中には、若い頃はつゆだくが好きだったという理由で同じものを頼んで、大人になってからはまずく感じてしまったという経験をする人が、必ず日本国内にもいるはずです。

テイクアウトの場合は、やはりあっさり味の方がご飯そのものの味が生かされるため、あっさり派にとってはきちんと最後まで美味しく食べれる条件として、吉野家等のあっさりお店が好きになっていきます。

 

サイドメニューが微妙

サイドメニューがまずいとの意見を口にする人は、全てのクオリティーにしっかりとしたこだわりがあって、お気に入りの店舗がある人に多い意見となりますが、特に意見が分かれやすいのがお新香です。

お新香はさじ加減で大きく味が変わってしまう商品なので、好き嫌いが分かれやすいのも当然と言えば当然です。

ちなみに、吉野家のお新香は比較的高評価を得ていて、昔から馴染みのあるお新香と言えば吉野家だと答える人も多いですが、すき家はトッピングが目立ちすぎることで、馴染みのある味にはならないことが、サイドメニューが微妙だと思われる理由かもしれません。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP