【すき家がまずい!店員が無理!】と思う人の意見|アンチの声15選

「すき家って正直微妙だなぁ。」と評価する人もいれば、「あーすき家まじで無理。」と味以外の部分で嫌いになる人もいて、やはり大型チェーン店には一定のアンチはつきものです。

この1ページでは主に「すき家アンチの声」を全て届けることで、「すき家のココが無理!」な部分を全て述べていきます。

故に最後まで読み終えたあなたは、共感してもらえない気持ちを解消することで、すっきりとした気持ちになれるはずです。

すき家アンチの声


牛丼が微妙である

すき家の牛丼が微妙な理由は明確で、すき家はあくまでトッピングをメインとした牛丼展開をしているので、吉野家の牛丼が好きだという人にとっては、すき家の牛丼単体はまずいと感じてしまいます。

これは仕方がないことで、吉野家が本来好きでたまらない人からすれば、牛丼=トッピングが不要でも美味しいとのイメージが強いので、どうしてもすき家の牛丼を好きになることができません。

逆を言えば、すき家はトッピングという方法で吉野家との差別化ができたからこそ、これだけ多くのチェーン店が出来るまで発達したわけですが、シンプルそのものの味が好きな人にとっては、すき家は論外となってしまうのが正直な感想です。

もちろん牛丼が食べれないほどまずいというわけではありませんが、吉野家を筆頭とする他の牛丼店の方が美味しいと感じるからこその、似たような値段でのすき家はまずいと感じてしまう原因なのでしょう。

 

気持ち悪くなる

すき家が気持ち悪くなる人は主に「あっさり派」の人であったり、「歳をとっている人たち」に多く聞かれる声で、そもそもトッピングで勝負している吉野家は、どうしても味が濃い傾向が強くなってしまいます。

さらに吉野家の牛丼は元々の味が濃いことに加えて、ご飯に汁の味がたっぷり沁みてしまうため、とても辛かったり濃い味付けだと感じてしまう人が多くなることも、すき家がまずいと思える原因です。

これは育った環境によるものも大きいですが、薄味の家庭で育った人やすぐに胸焼けしてしまう人にとっては、すき家の牛丼を最後まで食べきることは難しいことで、無理に食べきることで気持ち悪くなってしまうことも。

実際にYahoo!知恵袋などの質問ができるサイトでも、「数年ぶりに食べたら味が濃くてびっくりした…」との意見もたくさん見られるので、数年ぶりに食べた人が味の濃さにびっくりすることは、すき家あるあるであるとも言えそうです。

 

すぐに飽きる

気持ち悪くなる以外にも、「すき家は味が濃いのですぐに飽きる」こともまずいと思う人の声で、時間がないサラリーマン等にとって早く提供できる牛丼屋は、定期的に通うお店となるわけですが、味が濃いことはすぐに飽きてしまいます。

濃い味を食べた直後は「これは美味しい!」と絶賛できるわけですが、時間の経過とともに「もう飽きてきた…」とイヤイヤ食べることになりやすいので、最初だけが美味しいとの意見が多い牛丼屋こそが、すき家であると言えるでしょう。

また、あっさり派からすれば、濃い味は久々に食べるから美味しいと感じるわけでありますから、「久々に食べると美味しい」と思えるのもすき家であると言えます。

これは個人差によもよりますが、こってり派にとってはすき家は最高に美味しい牛丼チェーン店となる一方で、それ以外の人にはその気持ちの理解が難しいため、どうしてもすき家信者とすき家アンチは対立しやすく、どこが一番かを議論し合うシーンが目立ちます。

 

テイクアウトが地獄

すき家はその場で食べる場合はまだあっさり味であると言え、テイクアウトでご飯に味がたっぷり染み込んでしまうと、とてもご飯が辛く感じてしまったり、ご飯がねちゃねちゃになってしまうことで、味が非常に落ちてしまうのも事実です。

これに関しては店舗によっても味は変わってきますが、牛丼のつゆだくをテイクアウトにしようものなら、もうご飯は柔らかくて酸っぱい味になってしまうことで、食べれない失敗を経験した人も少なからずいることでしょう。

例えば、久々にすき家をテイクアウトしようと試みる人の中には、若い頃はつゆだくが好きだったという理由で同じものを頼んで、大人になってからはまずく感じてしまったという経験をする人が、必ず日本国内にもいるはずです。

テイクアウトの場合は、やはりあっさり味の方がご飯そのものの味が生かされるため、あっさり派にとってはきちんと最後まで美味しく食べれる条件として、吉野家等のあっさりお店が好きになっていきます。

 

サイドメニューが微妙

サイドメニューがまずいとの意見を口にする人は、全てのクオリティーにしっかりとしたこだわりがあって、お気に入りの店舗がある人に多い意見となりますが、特に意見が分かれやすいのがお新香です。

お新香はさじ加減で大きく味が変わってしまう商品なので、好き嫌いが分かれやすいのも当然と言えば当然です。

ちなみに、吉野家のお新香は比較的高評価を得ていて、昔から馴染みのあるお新香と言えば吉野家だと答える人も多いですが、すき家はトッピングが目立ちすぎることで、馴染みのある味にはならないことが、サイドメニューが微妙だと思われる理由かもしれません。

吉野家もすき家もなか卯なども、全て味に対して細かい違いがあるものの、比較的お新香が美味しいとの声が多いのは吉野家であって、どうしてもここを基準に多くの人が評価をつけることになりがちです。

 

店員がムカつく

まずいだけがアンチに多い声ではなくて、すき家の店員がムカつくからこそ「すき家が嫌い」になる人もいて、より安く食べてもらうためには人件費を削るのは当然のこと、一人当たりの負担が大きくなってしまうわけです。

すると時給と働きに見合わないと感じた従業員は、お客さんに対してふてぶてしい態度で積極を行ったり、またはやる気がない態度で接することとなるため、すき家自体のイメージが最悪になってしまうことも。

特に深夜の時間帯は接客態度が酷い人が多くて、深夜帯は眠さや体のだるさを非常に感じやすいこともあってか、接客に対して力を抜いてしまう従業員がたくさん出てきます。

「すき家の店員は態度が悪い」とネットで愚痴られたり、「ムカつく」との書き込みがしばし見られるのは、結果的にすき家アンチを増やす原因となります。

 

すき家がまずい派の意見


27歳吉野家派さんの意見

すき家がまずいと感じるようになったのは20代半ばくらいからで、味が濃すぎてすぐに飽きてしまうこともそうですし、牛丼というよりはトッピング次第で味が変わるのが、すき家の良い部分でもあり悪い部分であると思っています。

昔はトッピングが大好きで、三種のチーズ牛丼やキムチ牛丼などをよく食べていましたが、今となっては体が受け付けないほどの、こってり牛丼に感じてしまいます。

社会人になって外食ばかりになったこともあってか、やはりあっさり味が食べたいなと思える日が多くなりましたし、こってり味はもうこりごりな自分がいるのも、まずいと思ってしまう理由かもしれません。

どちらにしても、今の僕はあっさりとした味が特徴的な吉野家の方が好きな気持ちは強いです。

30代みつを。さんの意見

私は牛丼チェーン店が大好きな30代男性ですが、一番行く確率が低い店こそすき家です。

すき家は20代のころはよく足にしたものの、30代になって味にこだわりや深みを求めるようになってきた私は、ただ味が濃いだけのすき家があまり好きではなくなりました。

まずいとまでは言いませんが、すき家は味をとにかく濃くすることで衝撃的な旨さを感じることはある一方で、味の深さに感動することはあまりありません。

かなりお腹が空いていて、「今日はこってりしたものが食べたい!」気持ちの日には、すき家を選択することもあるんですが、空きっ腹で歳をとったこともあってか、どうしても気持ち悪くなってしまうことが多くなったんですよね。

年齢非公開一児のママさんの意見

そもそも牛丼をあまり食べに行くことがないのですが、娘がたまに牛丼を食べたいと言うのですき家に初めて連れて行ったところ、娘が「微妙だね」と言って初めてご飯を残してしまいました。

私はそもそも牛丼が好きではないので、どこのお店に言っても微妙な感じはするんですが、娘がすき家はあまり好きではないとの発言から、それ以来長らく行っていません。

娘言わく、少しパサパサした感じとご飯が苦手ならしくて、ご飯にすき家特有の牛丼の味がつくことが気に入らないようです。

お肉は確かに少しパサパサしてるかなとは思いましたが、確かにご飯は牛丼の汁?がご飯に染み込むにつれて、食べるのがきつくなったのは私も同じでした。

年齢非公開きついさんの意見

すき家がお気に入りの友人と吉野家がお気に入りの僕で、よくどちらに行くかの議論(遊び半分)となるのですが、吉野家はテイクアウトが微妙すぎて正直、それならコンビニでいいやと思ってしまいます。

その場で食べるときは何一つ文句もないくらい、すき家の牛丼をぱくぱくと食べることができるのですが、テイクアウトで持って帰ると、べちゃべちゃな上に味が濃いことにギブアップ宣言をしました。

ラーメンでも濃い味はそれほど嫌いではないのですが、流石にご飯に味が染み込みすぎたり、ご飯の熱気でべちゃべちゃになった現物を見ると、なんと言うか食欲が失せてしまって…

なんでも物凄く濃い味にする友人にとっては、これが最高に美味しくいただく方法だとか言ってるんですけど、その気持ちは流石に理解できませんでしたね(笑)

 

店員に対する怒りの声


20代クソガキなめるなさんの意見

自宅の近くにあるすき家の店員は態度が舐め腐っていて、お客さんとの目を合わせようとしないですし、さらに元気がありません。

それだけならまだ気になりませんが、お金を渡す際にため息をつかれたり、ありがとうの一言すらないなどの細かな言動が、殴ってやろうかと思えるほどムカつきました。

「こいつどうせ、イカツイにいちゃんなら態度変わるんだろうな」とか思いながらも、商品を受け取ったわけですが、その商品を置く時にも明らかに地面にドンと置いていたことが、もう二度とこの店には行かないと思った瞬間です。

僕がまだもう少し若くて、20代前半であればおそらく店員に暴言を吐いていましたし、暴れていたかもしれません。

40代やる気ないんか外人さんの意見

自分は都心部に住んでいることもあってか、牛丼屋やコンビニ店には外人が働いてる店が非常に多いのですが、この外人がイラっとする態度で接してくることが、今でも気に食わないと思うほどイラつきます。

まず店に入った時の一言「いらっしゃいませ」が鬱陶しくて、明らかにやる気がなくて歓迎する気もないですし、そんなやる気のない接客態度なら、はっきり言っていらないと思うのが本音です。

外人だからやる気がないのか、その店舗の教育が悪いのかは分かりませんが、注文を受ける時にもやる気のない声、帰り際のありがとうございましたもやる気のない声では、セルフにして欲しいと思うくらいです。

愛想もクソもない店員が出てくるくらいなら、機械で注文した方がよっぽど気分良く食べることができますよ。

10代レペゼン最強さんの意見

お店に入ってすいませんと呼んでも来るのも遅いし、気づいてからゆっくりと歩いて来ることがムカついたし、注文どうぞと小さい声で言われたら、もう帰ってやろうかと思う気持ちになりました。

しかも牛丼を持って来る時に床に叩きつけるように置くし、顔がふてぶてしいからまた怒りメーターが上がって言った僕は、仕返しに全く同じ態度をしてやりました。

お会計の際にもふてぶてしい態度で接客していたので、お金を投げるように置いて顔をじーっと見つめると、次はチッと舌鳴らししてきたので思いっきり笑ってやりましたよ。

お前がそういう喧嘩腰の態度で接客する限りは、お客側だって同じような態度で接しても文句はないはずだし、嫌ならどこかで正社員として雇ってもらえと内心思ったのですが、こんな態度で接する奴なんて就職先がないのも当たり前ですよね。

22歳やめて欲しいさんの意見

仕事が忙しいこともあって、牛丼とかうどん屋さんなどの早くて安いお店に行くことが多いんですが、唯一近くにあるすき家の店員はいつもお喋りばかりで、お客さんが呼んでも気づくのが遅いです。

理由は簡単で、中に入って喋っているからであって、何度読んでも来ないくせにやっときたと思えば、待たせてすいませんの一言もなしに早く注文を口にしろばりの態度で、私に接してきます。

店員に対して私は神様だとの態度で接するのも、クレーマーの典型的特徴なのでどうかと思いますが、これは流石に酷いと思えるほどの態度だったので、「ちょっとくるの遅いですよ」と発言してしまいました。

すると店員はすいませんの一言もなしに、黙って奥へ入っていくだけで、なんて非常識な店員だろうと思ったのを覚えています。

ちなみに夕方の時間帯は、学生同士でイチャイチャしてるバカ店員もいて、私が二度と行くものかと決めた瞬間でした。

 

料理と店員レベルは一致する


ここまで、すき家がまずい人と店員が無理な人の声を紹介してきましたが、すき家といっても店舗によって微妙に味が違ってくるものですし、やはり高評価のお店にはそれなりの従業員がいるものです。

理由はとても簡単で、従業員がやる気のある人ばかりであった場合は、調理方法だってきちんとするはずですし、接客態度も失礼のない最低限の態度で接するはずなので、その後も気分よく食べることが味の美味しさにも繋がるからです。

逆に店長が適当でやる気のないお店であれば、その気持ちが従業員にも伝わることで全てが雑になり、明らかに煮詰めすぎて辛い味の牛丼が出てくるなど、店員のレベルによって味が変わってくることもあります。

はっきりと言いますが、もしもすき家で嫌な思いやまずい品を出されたのであれば、違う店舗に足を運ぶことがお客さんとして一番賢い対処法であって、たくさんの店舗を抱えるすき家だけに、何もレベルの低いお店を選ぶ必要もないのです。

関連記事:吉野家がまずい!美味しい!と思う人の意見|信者とアンチ声15選

関連記事:コーラのまずい味おいしい味10選!【世界のコーラはこれほど酷い】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP