スシローがまずい派と美味しい派の意見|様々な声/魅力と欠点12選


スシローの魅力とは、やはりジャリとネタで真っ向勝負している部分であって、寿司に余計なアレンジを加えるよりかは、美味しい一品を作ろうとの企業努力が見られることです。

こうした部分が評価されているからこそ、スシローは100円回転寿司のトップに君臨し続け、多くのリピーターを生んでいます。

逆にスシローの不満点は、量が少ないことで飽きてしまう人が出てくることであって、子供は量が多ければ気にいる一品も見つかりやすいだけに、不満点となってしまいます。

味が良ければそれで良しと言いますか、久々にお寿司を食べたい人にとってはやはりスシローは王道であって、がっかりする確率が低い店舗であることは間違いありません。

逆にがっかりされる確率が高い回転寿司もあるわけですが、そうした店とスシローの大きな違いは、やはり質が高いか低いかによるものとの考えが妥当です。

関連記事:はま寿司がまずい派と美味しい派の意見|欠点と魅力/リアルな声12選

関連記事:くら寿司がまずい派と美味しい派の意見|両者の声/不満点-魅力12選

ページ:
1 2 3

4

コメント

    • べいちゃん
    • 2019年 7月 25日

    魚べいに行ったらわかるよ。
    スシローのクオリティの低さが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP