はま寿司がまずい派と美味しい派の意見|欠点と魅力/リアルな声12選

回転寿司=100円で食べれることが魅力の1つとなった今では、はま寿司は多くの人が足を運ぶ店舗です。

しかしながら、これだけ安く食べることができるお寿司屋さんでも、「はま寿司はまずい」とネット検索する人が後を絶たず、味の変化等に驚きの声を隠せない人はたくさんいます。

また、逆に「はま寿司は美味しい」と思う人もいて、こうした人にとっても「まずいと思う意味が分からない」と思うことは、何ら不思議なことでもありません。

ここではそうした両者の声をお届けし、実際にそう思う人の声を文字にしてお届けすることで、「よりリアルな声」を知ることができ、心の底から共感できる記事となっています。

はま寿司が美味しい派の意見


イカ天やエビ天が最高

回転寿司=多くの人がお魚をイメージするかと思いますが、はま寿司は何と言ってもイカ天やエビ天などの天ぷら類が最高に美味しくて、文句ひとつない味であることは間違いありません。

揚げたては特に美味しく感じることができ、はま寿司は衣にも力を入れてることもあってか、サクサクでカリッと食感を楽しむこともできますし、イカも美味しいものを使用しています。

はま寿司の寿司がまずいと思った人がいるとすれば、イカ天やエビ天だけでもぜひ食べて欲しいと主張できるほど、はま寿司の天ぷら類は研究し尽くされた味といえます。

「それなら天ぷら屋に行ったほうがいいんじゃない?」との意見も出てきそうですが、はま寿司で食べるイカ天と天ぷら屋で食べる天ぷらはまた違った旨さがあるため、同じように捉えてはいけません。

お寿司=天ぷら類といえば、子供騙しで大人にとっては美味しく感じないイメージが強かったものの、そのイメージを変えた革命的な寿司こそが、はま寿司であると言っても過言ではないほどです。

 

平日の安さが高評価

はま寿司は平日一貫90円で食べることができるので、コストパフォーマンスが最も良い回転寿司との声も多く、安さ重視の人にとって貴重なお店となりがちです。

あくまで平日限定ですが、よそのライバル店でも味はそれほど変わらないと思っている人からすると、10円でも安い方がいいと思えることは当然の考えです。

料金が高い食べ物=美味しいことはある意味当たり前ですから、少しでも安くて味が変わらないはま寿司が一番だと思う人は、決してケチな思考をしている人ではありません。

一人当たり10皿食べる計算をしただけでも、他の回転寿司の1皿分が浮くことに対して敏感になるのは、主婦の方に多い意見とも考えることができます。

はま寿司の素晴らしい部分は、90円だけども味が変わらないことであるため、この料金設定に多くの人が心を惹かれ、はま寿司のファンとなってしまったことでしょう。

 

醤油の種類が多くてグッド

はま寿司の絶品醤油も間違いなく美味しい商品なので、ネットで醤油のみを注文する人もいるほど、醤油に力を入れるのがはま寿司です。

お寿司はネタだけに限らず、醤油一つでも大きく味が変わってしまう繊細な食べ物なので、この革命的な7つの醤油がはま寿司人気の秘訣となり、それ以来ハマってしまったとの意見も少なくありません。

これはお寿司だけに限らず、焼肉やステーキ店などでもタレやソースが重要であると言われていて、「肉の質よりタレやソースで味が決まる」と断言する人もいるほど、大きく味が変わる瞬間なのです。

「醤油の種類がはま寿司を成長させた」との特集を組まれるほど、成長著しい理由の背景として紹介されていることからも、この醤油がはま寿司の未来を大きく変えたとの発言は、間違った発言とも思えません。

ちなみに醤油は、一本250円前後で購入することが可能なので、興味がある方はゼンショーネットストアーで購入してみるといいでしょう。

 

はま寿司がまずい派の意見


シャリとネタが小さい

はま寿司はライバル店よりもシャリとネタが小さいと言われがちで、ネットでも「はま寿司はショリとネタさえ大きければなぁ…」とガッカリする声が、SNSやまとめサイトを通して挙げられています。

90円なのでそれなりの大きさになるんでしょうが、シャリとネタが小さいことは物足りなさを感じさせたり、ボリュームに不満を持たれる原因そのものです。

その代わりに、「味が美味しければ問題ない」と思える人も世の中にはいますが、人にはそれぞれ食に対するマイルールが存在するので、これだけは譲れないことがボリュームである人は、はま寿司を避けてしまうことも。

また、シャリが小さいことと味の関係性はそれほどなさそうにも思えますが、こうした人たちは「他のライバル店と比べて」の評価をしているので、小さいことがマイナス評価=まずいとの極端な評価をする人とも言えそうです。

質より量を求める人にとっては、100円でいいから大きいお寿司を食べたいと思ってしまうことで、はま寿司アンチとなってしまうことにも繋がりかねません。

 

醤油等での勝負

はま寿司がまずいと主張する人の中には、「醤油で勝負してる感じが嫌だ」との本音を持つ人もいて、捉え方にとっては何癖をつけているとも思える意見です。

そもそもはま寿司は醤油が非常に評価されてる店舗でありますから、様々な醤油をつけてこその味であるとも言えることが、逆に低評価に繋がってしまう人もいます。

美味しければ問題ないとも思えそうですが、シャリとネタを重視して選んでいる人からすれば、「醤油で誤魔化すことは好きじゃない」と思えるきっかけですし、自分なりのこだわりを持っているのでしょう。

故にこの意見は、少し変わったこだわりを持つ人に見られやすい意見であり、シャリとネタを重視する人に多い意見であると考えることができます。

 

雰囲気と態度

「店の雰囲気と接客態度が嫌いなので、はま寿司は美味しく頂けない」ことは、はま寿司が今後改善していくべきポイントかもしれません。

実際にネット上でも、「はま寿司の店員に接客されくらいであれば、ペッパー君に接客された方がいい!」と主著する人もいて、これには多くのいいねが付いてしまったほど、接客態度を問題視する声が挙げられています。

店の雰囲気に関しては好き嫌いがあるものの、店員の態度次第で楽しいはずの食事が台無しにされ、「もう二度と行かない!」と思ってしまうことは、なんらおかしな考えでもありません。

例えば食事を終えた後に、もの凄く無愛想な接客態度を見せられることは、その後も相手のことが頭から離れなくなってしまうことで、嫌な思いをし続けることにも繋がります。

できるだけ安くて美味しいお店には、アルバイト等のそれなりの店員がいるものですから、ここは安さの代償であると考えるべきです。

 

はま寿司が美味しい派の声


※ランサーズにて「はま寿司が好きな人、その理由を聞かせてください」との募集をかけることで、美味しい派の本音を聞き出すことに成功しました。

ここでは13名の声の中から、より優れた3名の声を紹介していきます。

年齢非公開女性に嬉しいさんの声

はま寿司が大好きで美味しいと思える理由は、「いろんな味を楽しむことができる」ことにあって、お醤油やだし醤油などの色々な味を楽しめることが、女性にとっては嬉しいことだと思います。

女性は一つの味だと飽きてしまいますし、様々な味で楽しむことができることによって、より満足度が高まる人が多くなると思うので、はま寿司ファンの女性は多いのではないでしょうか。

しかもはま寿司はデザートやポテトなどのサイドメニューも美味しくて、全てにおいてクオリティーが高いお店だなと思い知らされます。

他のライバル店との大きな違いを言葉で示すとすれば、はま寿司は「楽しい!!」って感じで、他の店は「それなり」との表現が一番しっくりときます。

シャリもネタも美味しいことが当然の回転寿司に、誰もが納得する様々な醤油を誕生させたことが、私がはま寿司を一番おすすめできる理由ですかね。

34歳ヒーハーさんの声

はま寿司はネタが凄く高級そうに見えますし、ネタも頻繁に変わることが楽しみの1つで、注文のタッチパネルが孫悟空の声に変わっていたなど、とにかく楽しませてくれる店だと思います。

回転寿司といっても自分はお酒を飲むため、やはりお酒のアテが欲しくなってしまうんですが、後半に入るとカリカリのポテトやラーメンを楽しめることも、はま寿司が好きな理由ですね。

他の回転寿司にも同じようなメニューがありますが、サイドメニューもはま寿司が一番美味しいと思いますし、90円なので安くつくことも高評価です。

後は、レーンのようなもので商品が運んで来られることも便利だなと思っていて、できるだけ早く届けてくれるシステムも嬉しいですよね。

もう完全にはま寿司信者の自分は、まあ他の店舗を選択することはこの先ないと思えるほど、はま寿司が好きで美味しいと感じます。

30代みんみさんの声

はま寿司は平日90円でお寿司を食べれるので、子連れの私にとっては凄く助かる料金設定ですし、サイトメニューが美味しいことも高評価ポイントです。

90円のお寿司をがっつけることや、サイドメニュー目当ての子供が幸せそうに食べる姿は、くら寿司じゃないと見られない光景だと思います。

たかが10円かもしれませんが、子供が2人いる私にとっては凄く助かることだし、サイドメニューでお腹を一気に膨らませてくれることも、正直助かります(笑)

後、みなさん口を揃えて言うのが「醤油が美味しい」ことで、ネタによって違った醤油を使い分けることも、研究熱心な私を楽しませてくれます。

庶民の味方である100円回転寿司ですが、一番の味方となってくれるのがはま寿司だと私は思っています。

 

はま寿司がまずい派の声


※同じ方法で、7名の中から優れた3名の声を届けていきます。

29歳だめさんの声

週末にはよく回転寿司に行きますが、近くのはま寿司は味がまずいことで有名で、店員の接客態度も悪いことでも有名です。

ネットを覗いてみると、店舗によって味が異なることもあるそうなので、おそらく自分の近くの店舗がハズレなだけであるとの想像ができますが、とにかく行く気になれません。

まず回っている寿司はカピカピで食えたもんではありませんし、店員が大声で喋っているのも嫌でした。

しかも店内はなんか凄く臭くて、その臭いを感知した後にネタを見ると「これって古いネタじゃ…」などと、ネガティブ思考になってしまうほどに、店内の臭いは厳しいものがありました。

これに関しては、間違いなく近場の店舗だけだと思うんですけど、他の店舗が近場にないので、なかなか真相を知ることはできないんです。

30代トラベルさんの声

僕の周りは主にスシローとはま寿司はの二手に分かれますが、僕はスシロー派の人間でありまして、はま寿司のお寿司はどうも好きにはなれません。

サイドメニュー限定の勝負なら、はま寿司の方が好きかなと思う程度ですが、お寿司は小さいし油のノリが悪いように思えるんです。

スシローはサーモンが凄くピカピカで光っているのに対して、はま寿司のサーモンはいまいち光が足りないと言うか…(もしかすると店舗の照明具合かもしれません)

まあ見た目は照明によって変わるものあるでしょうが、やっぱりスシローの方が僕にとってはしっくりくる味で、はま寿司はどうも好きにはなれません。

サーモン系ばかり食べているので、それ以外のお寿司で比べてみると評価は逆転するかもしれないですが、今のところはスシローが群を浮いて一位であることを伝えておきます。

クルーンさんの声

はま寿司は初の来客時にアルバイトの接客態度がムカついた以来、どうしても心の底から美味しいとは思えません。

食えないほどまずいわけではないんですが、味なんて回転寿司ではどの店舗もほとんど変わらないので、イメージが悪くて特別美味しいとも思えないはま寿司は、回転寿司ランキングでは常に最下位です。

友達の付き合いでその後も何度か食べていますが、一口食べても「美味しい」とは思えないですし、鼻がおかしくなるような気持ちにさせられたこともあります。

レーンの周り?が、トイレと生臭さが混じったような臭いがした店舗があって、食欲が一瞬で失せたことを今でも覚えています。

選択した店舗が悪かったのでしょうが、店員の接客態度と臭いが最悪という負のイメージが強いことが、はま寿司嫌いをより一層加速させているんだと思います。

 

はま寿司の魅力と不満点


はま寿司の魅力はまず醤油にあって、ネタによって醤油を使い分けるこだわりを作れたり、自分好みの味付けにできることで、多くの支持を得ることに繋がりました。

また90円という破格の安さも売りの1つで、100円なのに休日に行くと損した気分にさせるほど、コストパフォーマンスは素晴らしいものがあります。

一方で不満点は、やはり「100円なりのお寿司」であることにあって、一貫を安くすることは従業員の給料などを削る必要も出てきます。

するとコンビニ店員同様に、「やることが多いのに給料が安い」などの不満を持たれることで接客態度が悪化し、お客さんを嫌な気持ちにさせてしまうことも。

安いには安いなりの理由が存在するものですが、きちんと店舗を選んではま寿司を楽しむことができれば、まずいほどの低評価に繋がることも考えにくいです。

これからも品質改良がどんどんと進んでいくであろうはま寿司は、今やかっぱ寿司を越してしまうほどの人気店となっており、今後の活躍に目が離せない店舗として注目されています。

関連記事:くら寿司がまずい派と美味しい派の意見|両者の声/不満点-魅力12選

関連記事:スシローがまずい派と美味しい派の意見|様々な声/魅力と欠点12選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP