スタバが高いと思う人の意見|「カロリーも高い」などの声13選-どうして強気なのか?

「スタバって高いわ…」と内心思いながらも、ついつい飲んでしまう魅力がスタバにはあるわけですが、「どういう部分が不満に思われているのか?」を、あなたはご存知でしょうか。

ここでは「どういう理由で高いと感じるのか?」を調査するためにも、ランサーズにて「スタバが高いと思う人の声を聞かせてください」と募集することによって、様々な方々の声を聞くことに成功しました。

そうしたリアルな声を厳選紹介する他にも、スタバが高いと言われる理由を述べていくことで、アンチや不満の声を全て知ることができる1ページとなっています。

「スタバは高い」と思う人の多さ


まずは「本当にスタバが高いと思う人がいるのかどうか?」の調査を行なってみたところ、スタバが高いと思う人は非常に多いことが判明しました。

その調査方法とは、グーグルキーワードプランナーを使って「スタバ 高い」と入力することで、「グーグルのみで年間にどれくらいの検索数がされているのか?」を調査する方法にあり、検索結果は以下のような結果となりました。

調査結果を報告する前に、これはグーグル本社が提供するツールとなるため、まず月間平均検索ボリュームが正しいことは間違いないと述べておきます。

注目してほしい箇所は「月間平均検索ボリューム」と書かれた箇所であり、これは一ヶ月でどれくらいの検索があるのか?を示した数字となりますが、実に「1000人〜1万人」の間の人が、一ヶ月だけで「スタバ 高い」との検索をしていることが分かりました。

これを年間計算すると「1万〜10万」の検索数となってくるわけですが、これは非常に多い数字であるとの断言ができます。

どれくらいの検索数に匹敵するのかといえば、「告白 仕方」や「イケメン男子」「美人になりたい」などの検索数と匹敵する数であるため、これは非常に多い数字であると言い切ることができるのです。

 

スタバが高いと思う人の意見


ビバレッジメニューが高い

ビバレッジメニューとは、飲み物類のメニュー全てのことであると捉えてくれるとOKで、スタバはコーヒーからエスプレッソ、フラペチーノに関してまで全てが割高で、安売りしているような店ではありません。

ドリップコーヒーであれば、「280〜400」とそれほど高い気もしないことはないですが、今ではセブンイレブンなどで本格的なコーヒーが飲めることもあってか、「100円で飲めるコーヒーと味がそれほど変わらない」なんて思う人にとっては、スタバは高く感じることでしょう。

それ以外でも人気メニューのフラペチーノ系の飲み物は、基本的に500円近くの値段となるのが普通でありますから、こちらも冷静に考えると高いと思う人が出てくるのは当然で、毎日が忙しい社会人の昼飯代であったり、牛丼屋やうどんなどの日替わりランチが食べれそうな値段設定となっているのです。

こちらは年収や価値観による部分も大きいでしょうが、サラリーマンのお小遣いの平均が3.7万であったり、未就学児の場合は2.5万といったお小遣い面を考えてみても、家庭持ちの人にとっては特に高く感じる値段設定こそが、スタバの飲み物であると言えるかもしれません。

芸能界で成功した人や、実家暮らしで余裕のある人にとってはそれほど痛くは感じない500円でも、家庭を持つような人にとっては高く感じるのが現実といったところでしょう。

 

フードメニューが高い

フードメニューとは食べ物類のことですが、こちらも基本的には300円前後の商品が多いですし、高い商品となれば500円前後の商品もたくさんあります。

そもそもスタバのフードメニューが嫌いな人にとっては、「考えられないほど高い値段」となってしまうわけですが、それ以外の人でもやはり高いと感じてしまう値段設定こそが、スタバの魅力とも言えます。

例えば、ビバレッジメニューとフードメニューを合わせると1000円近い支払いとなることもあるでしょうし、コーヒーと軽食だけでも軽く500円は超えてくる計算となることは、優雅なひと時を過ごしたい人向けの商品であり、この優雅さが多くの日本国民の心を揺さぶっているのです。

ポテトチップスに関しても200円前後の値段で販売されていることを考えると、スーパーでポテトチップスを購入する場合は半額程度の値段で買えるわけですから、主婦にとっては高いと感じることはある意味普通のことではないでしょうか。

もちろんスタバだからこその味付けであることも理解の上ですが、フードメニューがプチ贅沢のような値段設定であるスタバは、それ以外の時に行くことで高く感じてしまう瞬間が多くなることは、検索数が増えていくことにも繋がります。

 

味の割には高いと感じる

スタバは日本国民全ての人が「美味しい」と感じるわけではありませんので、「味の割には高い」と感じる人も当然いて、こうした人にとっては違う店舗でコーヒー等を味わう方が、財布にも家庭にも優しいことに繋がります。

スタバが苦手な人の特徴として、コーヒーがそもそも苦手である、甘いものが苦手であるなどが挙げられますが、スタバの値段設定は「美味しい」と思うからこそ見合う値段であるため、こうした人の中には「まずいのに高い」などの不満を持つことも珍しくありません。

また、スタバが美味しいと感じる人であっても、スタバを飲み続けることでやがて飽きてしまうことをきっかけに、「スタバって高いかな」と疑問に思い始める人もいて、こちらも味の割には高いと感じる派の意見と言えます。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP