スタバがまずい派と美味しい派の意見|両者の主張-その声16選

私たちにとってスタバは、今や特別な存在ではなく身近な存在となりつつありますが、そんなスタバが「まずい」と心の底から思う人が、今の日本にはたくさん存在します。

スタバが美味しいと感じる人からすれば、「あれだけ行列ができるスタバがまずい?」と頭を傾げそうなものですが、こうした両者の意見はいつの時代も対立するものです。

この1ページでは主に、「スタバがまずい」と思う人の本音と「スタバが美味しい」と思う人の本音を、どちらもしっかりとお伝えしていくことで、「全員がしっかりと共感できる」記事に仕上げています。

スタバがまずい派の意見


コーヒーが高いだけ

「スタバのコーヒーがまずい」と思う人が多いことは有名で、コーヒーは奥深さと様々な違いを楽しむことができるからこそ、多くの人がコーヒーを好きになるわけですが、スタバがまずいと思う人は自分にあった味ではないと感じないからこそ、スタバのコーヒーがまずいと感じてしまうのでしょう。

缶コーヒーを例に挙げると分かりやすく、コーヒーといっても様々な味が存在しますし、種類によって全く味が変わってくるのがコーヒーの世界です。

だからこそ、スタバのコーヒーがまずいと思う人がたくさん出てくるのは当然のことで、値段もそもそもするスタバのコーヒーを買うくらいであれば、缶コーヒーや違うお店のコーヒーで十分だと思う人が一定層出てくることは、スタバ側も想定内であるはずです。

コーヒーは二杯目から100円という破格の値段で飲むことができるものの、やはり一杯目の値段にどうしても躊躇してしまう人がいて、こうした人にとっても味が微妙だと感じることは、高いだけのコーヒーと認識してしまうことも、仕方がないことです。

 

フラペチーノが甘すぎる

フラペチーノは甘いからこそ美味しいわけですが、逆にこれが苦手だと思うことでスタバがまずいと思う人もいて、微糖やブラックコーヒーが好きな人ほど多い意見となります。

フラペチーノ系の飲み物は、期間限定であっても甘いことが当たり前であって、砂糖依存な方々にとっては最高の一品となるかもしれません。

一方でそうしたことを恐れる人や、甘すぎるものをあまり受け付けない人にとっては、非常に値段が高いだけの甘い飲み物程度の評価となってしまうことが、まずいとの評価に結びつきます。

たまに飲みたくなるほど病みつきになるフラペチーノは、甘いものが苦手な人にとっては最悪の飲み物であって、最後まで飲みきれない人も出てきてしまうほど、このタイプにとって相性の悪い飲み物となります。

 

料金の割にはまずい

「高ければ美味しいのは当たり前」と思う人にとっても、「スタバは値段の悪いには微妙だ」との評価に結びつきやすく、これがもう少し安ければ美味しい分類に入れたと思う人も、世の中にはいることでしょう。

安くて美味しいからこそ高く評価をする人が多くいるわけで、どんな店であっても高ければ高いほどそれに似合った商品を出さなければ、お客側が満足しないことも当然のことです。

例えばスタバのコーヒーが100円で、フラペチーノが300円という破格の値段設定で売り出していた場合は、まずい派の意見だった人の中にも多くの人が美味しい派に移ることが想定できます。

また、これはどんな店でも同じですが、高い割にそれほど味が美味しくないと感じる人は、自分は認めないとの表現を強調するためにもよく、「まずい」とインパクトのある表現をすることで、自分の意見をアピールしようとするものです。

 

フードメニューもお洒落なだけ

「飲み物は美味しけれど、フードメニューは全てまずい」との意見も聞かれ、基本的にフードメニューは女性に人気の高い商品となっているため、こちらの声は比較的男性に多い意見であると考えるべきです。

フードメニューも甘い物が目立つスタバですが、フラペチーノが好きな人にとっては甘い物同士は微妙だと感じてしまったり、コーヒーと甘い物は合わないと感じる人もいることが、フードメニューの評価低下に繋がっていきます。

また、フードメニューは見栄えはもの凄くお洒落で美味しそうに見えるけれども、その見栄えの期待を裏切ってしまったことが、まずいとの評価に繋がることもあります。

中には「まずくはないけれど、値段に見合う価値はないかな」との意見も珍しくなく、フードメニューもそこそこの値段設定であることが、素直に美味しいとの評価をつけれない人を増やしているのです。

 

スタバが美味しい派の意見


値段、雰囲気、接客態度全て納得

まずい派では高いと紹介した値段設定や店の雰囲気、接客態度に関してまで全て納得であると感じることができる人は、間違いなくスタバは美味しいと思う派です。

そもそもスタバは、店の雰囲気や接客態度などの総合評価で見てみると、「それほど高くはない」と評価できてもいいくらいに、雰囲気と接客態度は群を抜いて素晴らしいものがあります。

特に都会のスタバは、席代だけで考えてもそれほど高くはないとの評価もできて、居酒屋やbarなどではチャージ料だけでも500円近くの料金が取られてしまうのが、当たり前なのです。

故にスタバが高いと思う人と納得する人の違いには、都会で買い物をするか田舎で買い物をするかの違いにもよると考えることができ、都会ではゆっくりと休むことができるカフェ店は、貴重な休憩場として利用価値が高くなります。

 

珈琲店だけど美味しい魅力

スタバに来る人全てがコーヒー好きな人なわけでもなく、フラペチーノやフードメニューを目当てに足を運ぶ人もたくさんいて、コーヒー嫌いな人が美味しく飲める味こそが、スタバには存在すると言えます。

今の日本は、はっきり言ってコーヒーが優遇されすぎな世の中ですし、コーヒー嫌いは少し肩身が狭いと感じてしまう人も少なからずいるので、こうした人にとってもスタバは革命的なカフェともなり得る存在です。

カフェでゆっくり話をしようと誘われたとしても、コーヒー嫌いな人にとってはジュース等の飲み物がメインになるわけですが、スタバではフラペチーノ等を楽しむことができることは、他の珈琲店に比べて美味しいと感じる人が出てくる理由の1つです。

コーヒーを売りにしているようで、苦手であったり嫌いな人でも立ち寄ることができる構想は、スタバが成功した大きな要因の1つだと言われるほどです。

 

季節によって楽しめる味

スタバは季節によって限定商品を出すのが鉄板ですが、その限定商品は旬の食材を使った物であったり、見栄えがものすごく可愛いなど、とにかく女心をくすぐる商品が魅力的です。

もちろん男性であってもスタバ好きな人は限定商品を楽しみにしているでしょうし、こうした人はスタバが美味しいと感じるからこそ、限定商品も楽しむことができるというものです。

理由は非常に簡単で、まずいでも紹介したように限定商品も基本的には甘い味付けなので、一度美味しいと評価した人は甘党である確率が高くなり、基本的にハズレがないことに繋がります。

長年通うとやはり飽きがきてしまうものですが、どんな時に足を運んでも新鮮で興味津々の商品が置いあることは、スタバに入るだけでも楽しく感じる瞬間であって、様々な美味しい味を楽しめる瞬間なのです。

 

ドリンクカスタマイズも最高

スタバはカスタマイズできることも魅力で、こだわりが強い人にとっては自分好みにカスタマイズができますし、それ以外の人でも自分好みの味付けに仕上げることができるなど、ほんのちょっとの味の違いを修正できることは、より美味しく感じさせる要因です。

チョコレートソースであればただで追加できるなど、こうしたサービス精神が得した気持ちになれることも、スタバをより美味しく感じさせる瞬間です。

ちなみにドリンクカスタマイズは数えきれないほどの組み合わせがある為、ハズレを引かないようにネットで事前に調べて購入することは、スタバ好きに見られるあるあると言えるのではないでしょうか。

 

スタバがまずい人の声


※ランサーズにて、「スタバがまずいと思う人の声を聞かせてください」と応募したところ、8名の声から厳選した4つを紹介していきます。

32歳店を知ろうさんの声

私はコーヒーが好きで、コーヒー専門店によく足を運ぶ人ですが、スタバのコーヒーはドリップがまずいと思います。

何度かチャレンジ精神でコーヒーと食べ物を購入してみた結果、やはり美味しいと思える商品には巡り会えず、基本的に割高な気がしてたまらないのは私だけでしょうか。

よく若い子はフラペチーノを頼んでいますが、抹茶フラペチーノを一度注文したみたところ、こちらもなんだか甘過ぎて最後まで飲みきることができず、途中で捨ててしまいました。

基本的に食べ物を残すのは好きではない私が、苦渋の決断を経て途中で捨ててしまうくらいに、スタバはまずいと思ったのが正直な本音です。

26歳苦いだけさんの声

スタバのコーヒーは苦いだけですし、そもそも値段が明らかに強気な感じがするので、あまり好きになれません。

フレペチーノはたまに飲むと美味しくいただけますが、それでも月に1回あれば十分な感じの味だと個人的には思います。

私くらいの年齢になると、カロリーを気にしてフラペチーノに手が出せない人も多いですし、値段が高くて気楽に手を出せない人もそこそこいて、気楽に手を出せない商品となってしまっています。

もしスタバのコーヒーを飲むのであれば、セブンイレブンのコーヒーで十分かなとも思いますし、ネスカフェのコーヒーなどでも十分に美味しくいただくことができるので、わざわざ高いお金を払って飲もうとは思えません。

21歳ちょっと怖いさんの声

スタバが大好きで毎週のように自分のご褒美にと、抹茶フラペチーノを購入している友達がいますが、正直糖分を欲している体なだけではないかと疑っています。

確かに久しぶりに飲むと美味しく感じれるスタバですが、毎週のように飲むと飽きてしまいますし、そこまで美味しいなんて思える方が不思議だと思う次第です。

チョコレートやケーキでも同じですが、たまに食べるからこそ美味しいのであって、毎週のように食べると飽きてしまうというか、他の味が欲しくなります。

おそらく毎週飲みたくなる人は、糖分依存症の可能性が高いのかなと思うので、私は積極的に飲もうとは思えませんね。

10代なんか疲れるさんの声

私の周りは全員スタバが美味しいといいますし、私だけが唯一スタバがまずいと評価していますが、あの値段であればアイスやケーキを買いたいと思うのが私の本心です。

周りに合わせていつも違う商品を選んでいるんですけど、もうスタバには飽きてしまいましたし、美味しいと素直に思えないんです。

まあまあな味だなと思うくらいであれば、もっと安い商品でいい派の私にとっては、スタバで女子会を開くことが少し億劫な気持ちにさせます。

最初に飲んだ時はすごく美味しく感じたんですが、何回も飲んでるうちにどんどんと美味しい気持ちが薄れてきて、むしろまずいと思えるくらいにスタバが嫌いになってる自分がいます。

 

スタバが美味しい人の声


※上記と同じ方法で募り、12名の声から厳選した4つを紹介していきます。

19歳美味しいねさんの声

スタバが美味しいと思うのは普通のことじゃないですか?

だって駅前のスタバはいつもすごく人が並んでいるし、学校帰りやバイト帰りの自分へのご褒美としては、ちょうどいい値段の飲み物だと感じます。

普段は500円前後の飲み物は頼みませんが、「なんだか今日は嫌だな」と思った日にでも、その嫌な時間を乗り越えた自分へのご褒美は、スタバと決まっているくらいに私は好きです。

コーヒーも何度か飲んだことがありますが、冬はポカポカで体も温もるので、とっても美味しと感じましたよ。

29歳好きですさんの声

私の周りはコーヒーがまずい派が多いんですが、私にとってはちょうどいい具合の深みがあって、ゴクゴクと飲めるのがスタバのコーヒーです。

他のメニューも基本的には大好きで、あまりにも甘すぎた限定商品はちょっとダメかなと思ったこともあったけど、まあ基本的にハズレがないのがスタバだと思います。

個人的な楽しみ方としては、休日の朝からスタバに駆け込んで、じっくりと自分の優雅な時間を過ごすことが好きです。

いつもは仕事でせかせかしているので、休日の朝から優雅な気持ちに浸ることは、なんだか忙しい私にとってはすごく有意義な時間で、とてもリラックスできる貴重な時間です。

37歳家族皆んな大好きさんの声

スタバは家族全員大好きで、旅行やプチ旅行の時には必ず立ち寄るのがスタバなのが、我が家のルールみたいになっています。

まずカスタマイズできることが楽しくて、「今日はちょっと甘いのを飲みたいな」と思った日には、自分流のカスタマイズで楽しむことができたり、家族でいろんな味を交換し合えるのも楽しいです。

普段はあまり行くことがないですが、何か少し特別感のある日にスタバを利用すると、なんだか今日は贅沢したなって気持ちになれることも、スタバのいいところだと思います。

家族全員だとそこそこ値段は張ってしまうことがデメリットだと思いますが、それを超える感動がスタバにはあるんじゃないかな。

25歳横浜優勝さんの声

スタバは春夏秋冬飲んでも美味しい味で間違いなしですよ。

特に夏はフラペチーノ系の冷たい飲み物が最高に美味しくて、冬はホットコーヒー系の飲み物が最高に美味しいので、季節によって選択肢を変えることが、スタバがより好きになる条件だと思っています。

冬のフラペチーノ系は、とても寒いこともあってあまり好きではないですけど、その代わりにコーヒーは格別美味いと感じることが、スタバを止めれない理由です。

他のお店でもコーヒーは基本的に美味しいので、僕はコーヒーがただ好きなだけの人かもしれませんが、ネットでは不評の声も聞かれるスタバのコーヒーは、自分は普通に美味しいと思います。

 

季節によって評価も変わる


スタバがまずいと感じる人も美味しいと感じる人も、どちらにとっても季節によって評価が変わってしまうことがあり、喉が乾く夏に美味しいと感じれる確率が高いことは、言うまでもない事実です。

そもそもスタバはプチ贅沢として選択する人も多い店なので、何気ないコーヒー一杯が飲みたい程度の気持ちの人にとっては、高く感じてしまう料金設定なのかもしれません。

故にスタバは、美味しいと感じる人や特別感を味わいたい人にとっては最高のお店となる一方で、まずいと感じる人やなんとなく入った人にとっては、割高に感じるお店となってしまいがちです。

今では様々な珈琲店が誕生し、コンビニや缶コーヒーのみでも様々な味を楽しめる時代なのですから、自分にあった最高のお店を見つけることこそが、人生をより豊かにさせる方法となることは間違いありません。

関連記事:スタバが高いと思う人の意見|「カロリーも高い」などの声13選-どうして強気なのか?

関連記事:スタバが嫌い派と好き派の意見|信者とアンチの声-魅力と欠点16選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP