スタバがまずい派と美味しい派の意見|両者の主張-その声16選

私たちにとってスタバは、今や特別な存在ではなく身近な存在となりつつありますが、そんなスタバが「まずい」と心の底から思う人が、今の日本にはたくさん存在します。

スタバが美味しいと感じる人からすれば、「あれだけ行列ができるスタバがまずい?」と頭を傾げそうなものですが、こうした両者の意見はいつの時代も対立するものです。

この1ページでは主に、「スタバがまずい」と思う人の本音と「スタバが美味しい」と思う人の本音を、どちらもしっかりとお伝えしていくことで、「全員がしっかりと共感できる」記事に仕上げています。

スタバがまずい派の意見


コーヒーが高いだけ

「スタバのコーヒーがまずい」と思う人が多いことは有名で、コーヒーは奥深さと様々な違いを楽しむことができるからこそ、多くの人がコーヒーを好きになるわけですが、スタバがまずいと思う人は自分にあった味ではないと感じないからこそ、スタバのコーヒーがまずいと感じてしまうのでしょう。

缶コーヒーを例に挙げると分かりやすく、コーヒーといっても様々な味が存在しますし、種類によって全く味が変わってくるのがコーヒーの世界です。

だからこそ、スタバのコーヒーがまずいと思う人がたくさん出てくるのは当然のことで、値段もそもそもするスタバのコーヒーを買うくらいであれば、缶コーヒーや違うお店のコーヒーで十分だと思う人が一定層出てくることは、スタバ側も想定内であるはずです。

コーヒーは二杯目から100円という破格の値段で飲むことができるものの、やはり一杯目の値段にどうしても躊躇してしまう人がいて、こうした人にとっても味が微妙だと感じることは、高いだけのコーヒーと認識してしまうことも、仕方がないことです。

 

フラペチーノが甘すぎる

フラペチーノは甘いからこそ美味しいわけですが、逆にこれが苦手だと思うことでスタバがまずいと思う人もいて、微糖やブラックコーヒーが好きな人ほど多い意見となります。

フラペチーノ系の飲み物は、期間限定であっても甘いことが当たり前であって、砂糖依存な方々にとっては最高の一品となるかもしれません。

一方でそうしたことを恐れる人や、甘すぎるものをあまり受け付けない人にとっては、非常に値段が高いだけの甘い飲み物程度の評価となってしまうことが、まずいとの評価に結びつきます。

たまに飲みたくなるほど病みつきになるフラペチーノは、甘いものが苦手な人にとっては最悪の飲み物であって、最後まで飲みきれない人も出てきてしまうほど、このタイプにとって相性の悪い飲み物となります。

 

料金の割にはまずい

「高ければ美味しいのは当たり前」と思う人にとっても、「スタバは値段の悪いには微妙だ」との評価に結びつきやすく、これがもう少し安ければ美味しい分類に入れたと思う人も、世の中にはいることでしょう。

安くて美味しいからこそ高く評価をする人が多くいるわけで、どんな店であっても高ければ高いほどそれに似合った商品を出さなければ、お客側が満足しないことも当然のことです。

例えばスタバのコーヒーが100円で、フラペチーノが300円という破格の値段設定で売り出していた場合は、まずい派の意見だった人の中にも多くの人が美味しい派に移ることが想定できます。

また、これはどんな店でも同じですが、高い割にそれほど味が美味しくないと感じる人は、自分は認めないとの表現を強調するためにもよく、「まずい」とインパクトのある表現をすることで、自分の意見をアピールしようとするものです。

 

フードメニューもお洒落なだけ

「飲み物は美味しけれど、フードメニューは全てまずい」との意見も聞かれ、基本的にフードメニューは女性に人気の高い商品となっているため、こちらの声は比較的男性に多い意見であると考えるべきです。

フードメニューも甘い物が目立つスタバですが、フラペチーノが好きな人にとっては甘い物同士は微妙だと感じてしまったり、コーヒーと甘い物は合わないと感じる人もいることが、フードメニューの評価低下に繋がっていきます。

また、フードメニューは見栄えはもの凄くお洒落で美味しそうに見えるけれども、その見栄えの期待を裏切ってしまったことが、まずいとの評価に繋がることもあります。

中には「まずくはないけれど、値段に見合う価値はないかな」との意見も珍しくなく、フードメニューもそこそこの値段設定であることが、素直に美味しいとの評価をつけれない人を増やしているのです。

 

スタバが美味しい派の意見


値段、雰囲気、接客態度全て納得

まずい派では高いと紹介した値段設定や店の雰囲気、接客態度に関してまで全て納得であると感じることができる人は、間違いなくスタバは美味しいと思う派です。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP