首をかしげる心理に隠された5つの思惑|癖と狙いの違い〜利点欠点も

「あれ?」と首をかしげる人に対して、「こいつ狙ってるだろ!」と内心思うことや、「なぜわざわざ首をかしげるの?」と疑問に思うことは普通です。

女性ともなれば、こうした人に対して「あざとい」などと判断することで、陰口の対象となってしまうこともある首をかしげる仕草には、ある狙いが隠れているからです。

はっきりと言いますが、首をかしげる人の狙いは「うわぁ」とドン引きするものもあるので、ドン引きしないための心がけもしておきましょう。

癖である可能性も十分に考えられますが、こちらの見分け方についても触れていくことで、相手の本音と狙いを丸裸にしていく記事となっています。

首をかしげる人の心理


計算した自分を見せている

あざとい人や計算高いと言われる人に見られる心理であり、首をかしげることで「見せたい自分を見せている」このタイプは、可愛い自分を見せることで相手に気に入られ、高い評価を得ようとしている人です。

特に女性に見られやすい心理であって、女性は印象操作が得意で様々な顔を持つ一面があり、人にとって態度や見せる顔を変えることが得意な性質を持ちますが、首をかしげることも違う顔を見せている瞬間なのです。

故に女性は、同性の前では首をかしげるような仕草を見せないように心がけますが、異性が現れることで自分が気に入られたいとの気持ちが芽生え、首を傾げて可愛い女性をアピールします。

心理学にて故意的に首をかしげることは主に、「可愛いと思われたい狙いがある」と考えられていて、動物が首を傾げてこちらを見つめている姿に、多くの人が可愛いと思うことを理解しているので、相手も同じことを思うだろうとの本音から、首をかしげる仕草を見せます。

また、計算高い人と気になる異性にアピールしている人は別だとも考えるべきで、計算高い人は腹黒い性格の持ち主なために同性から嫌われる一方で、気になる異性にアピールしている人は同性に嫌われる人が減少傾向にあります。

もしもあなたが首をかしげる仕草をアピールされた人であれば、「魅力的な自分をアピールしている」わけですから、決して悪い意味で捉えるべきではありませんが、腹黒い人かどうかの見極めは必要です。

 

物事を理解していない

会話中に相手に質問されたり、会話の内容が理解できない時にも首をかしげる人はたくさんいて、自分の意見を相手に伝えることが苦手であったり、自分に自信がない人ほど見られやすい心理となります。

こうした人は、会話中に相手に「理解できない」ことを伝えるのは、嫌われたりバカにされる原因だとネガティブに捉えるので、素直に会話の内容や質問が理解できないと口にすることができません。

だからこそ首をかしげることで察してもらおうとするわけですが、そのための手段が首をかしげることなのです。

これは、日本は本音と建前の文化が根強く残っていて、理解していないことを相手に伝えるのは失礼で、仕草で察してもらおうとの考えになりやすいことからも、日本特有の心理であるとも言えそうです。

ちなみに、こうした仕草を見せる人は精神年齢が幼い人も見られやいです。

分かりやすい例が、子供が大人に対して話の内容が理解できない時に、首をかしげて分からないことを必死に受け取ってもらおうとしますが、これはそうした時の対処法を知らないからこその仕草なのです。

もしも大人になっても首をかしげることで、理解していないことを伝えようとばかりする人は、社会を経験して成長していくはずの内面が、まだ幼い人である可能性が高い人です。

 

何か深い考え事をしている

人は深く考える時に首をかしげる動作が見られることもあり、基本的には手を顎に乗せる形が考える時の仕草ですが、考え事が深ければ深いほど首をかしげる仕草が見られがちです。

理由はとても簡単で、人は考えれば考えるほど視線が上を向いてしまうので、それにつられて顔も上に向いてしまうことが、首をかしげているように見えてしまうことがあるからです。

さらに人前で考えるとなれば、手を顎に乗せることは失礼だとの思いもあることから、視線と首が斜めに向くだけの形となることもあるので、一概にぶりっ子などと決めつけてはいけない理由がここにはあります。

後、いくら考えても答えが出ない時には「どうすれば…?」と疑問に思うことで、首をかしげてしまうことも十分に考えられます。

特に一人で殻に閉じこもることで、弱みを見せたくないとの気持ちが強い男性は、こちらの心理が当てはまりやすい人となることも覚えておきましょう。

 

自分を守るための手段である

自分を守るための手段とは、首をかしげることでその場を回避しようとしているわけではなく、子供の頃から首をかしげることでピンチを回避してきた癖が、今も抜けない人の心理です。

こちらに関してはあくまで癖なので、子供の頃に覚えた防衛方法が根付いているだけの人です。

例えば、親との約束を破って叱られることを恐れる子供は、首をかしげて可愛い仕草を見せたことによって、親が許してくれたことが癖づいてしまう瞬間で、「首をかしげることで許してもらえる」ことを知った子供は、何度も同じ手法を使うようになります。

こうした子供の頃の癖は他にもたくさんあって、ふざけることで親が自分に注目をしてくれた家庭は、大人になってもふざけることで恋人からかまってアピールをしたり、キレることで自分の要求を通していた子供は、大人になっても同じ手法で自分の要求を通そうとします。

大人になっても癖づいている人は、そもそも首をかしげている意識が薄れていて、自分が癖づいていることすら気づいていないケースがほどんどですから、指摘することで改善の余地が見られることも特徴的です。

 

間違いや何かを伝えている

間違いや自分の意思を伝えるための手段でもある首をかしげる仕草は、権力者や年上の人に対して使う時にとても便利で、どうしても納得いかない時にも見られやすい心理です。

世の中には理不尽な人がいるものですが、こうした人に責任転嫁された部下がいるとすれば、部下は首をかしげることで納得していないことをアピールし、自分は権力に屈しないことを体で示しています。

こうした場合は顔がこわばっていたり、いかにも納得していない表情がセットでついてきますが、首をかしげることでしぶしぶ納得した部下は、上司に大きな不信感を抱くことでしょう。

他にも、権力者との会話で間違いがあった場合には、首をかしげることで相手に呼びかけ、「それって〇〇じゃないですか?」と間違いを訂正する時にも見られる仕草です。

あなたも人生で一度くらいは、年上の人や権力者に対して「あれ?〇〇じゃなかったですっけ?」と首をかしげ、恐る恐る質問して経験があるのではないでしょうか。

間違いや何かを伝える時に、伝えづらい関係であるほど人は首をかしげ、申し訳ない雰囲気をかもし出そうとするものです。

 

癖か?狙いか?見分ける方法


オーバーリアクションが多いか?

首をかしげることに加えて、やたらとオーバーリアクションが多い人は黒確定で、「可愛い自分を見せたい」本音があっての首をかしげる行為です。

「えー!すごーい!」と文字で打つと分かりやすく、これは明らかに媚びている発言ですし、相手を気持ちよくすることで自分の評価も上げようという、一石二鳥の思惑が隠れています。

注目すべきポイントは、相手を褒めるかどうか?に注目すべきで、相手を気持ちよくさせるが故のオーバーリアクションは、最終的には相手を褒めたり持ち上げることに繋がります。

「えー!こんなのは初めて!」と言われると、特に男性は誰でも気持ちよくなってしまったり、男心をくすぐられることで優越感に浸るなどの心理が見られるので、単純な男性ほど落とされやすいとも言えるでしょう。

ちなみに、「えー!こんなのは初めて!」と文字で紹介していますが、イメージ的には「えー!こんなのは初めて♡」の方が近いニュアンスとなります。

 

肩書きや権力に敏感か?

狙いで首をかしげる人は計算高い人であるため、自分にとって最大の利益となる方を常に選択し続け、そのための判断基準の1つが肩書きと権力になります。

一般的な会社員と社長の二つの選択肢があるとすれば、肩書きのみで社長に媚びるのがこのタイプの悪い癖で、故意的に首をかしげることで自分の魅力をアピールし、その先にある何かを狙っていることは間違いありません。

さらに信頼関係など関係なく、社長というだけで一般的な会社員との関係を切ってしまうような、腹黒いとも取れる行動が特徴的なこのタイプは、何かと社会を上手く渡り歩き、同性から嫉妬される対象となりやすい人です。

他にも、公園の掃除など自分にとっての利益がほとんどないことが大っ嫌いで、労力と利益のバランスや価値を重視する計算高い人は、労力の方が大きいことを徹底的に避けています。

一方で癖付いている人も、肩書きや権力に敏感なことは敏感でありますが、失礼のないようにきちんとした対応を取ることが、狙っている人との決定的な違いです。

 

仕草や言葉に以下のようなものが見られるか?

狙いで首をかしげる人には、それ以外にも様々な限定的な仕草が見られやすく、以下のような仕草と言葉遣いが挙げられます。

仕草に関しては、「あひる口」「上目遣い」「甘えるような話し方」が特徴的で、ぶりっ子と言われる人に見られるような仕草がたくさん見られるほど、黒である確率はどんどんと上がります。

言葉に関しては、「できない」「可愛い」「分からない」が特徴的で、相手に甘えるように語りかける人も、間違いなくぶりっ子である人物だと認定できます。

癖付いている人の場合、このような仕草がセットで見られることはほとんどなく、そもそもぶりっ子が嫌いである人もいるため、相手の事細かな仕草と言動に注目する意識を持ちましょう。

 

同性と異性で態度が急変するか?

狙いで首をかしげる人は、あくまで異性に対して自分を高く評価してほしいわけですから、異性の前で態度が急変することが非常に多く、高い声や優しい性格へと豹変することも特徴的です。

同性の前では奢って貰ってばかりのドケチ男が、異性が現れると急に太っ腹な性格へと豹変したり、普段は男っぽい性格の女が急に女々しいキャラに変わるなど、誰が見ても一目瞭然な大きな変化は、計算した自分を見せています。

周りをだしに使うことで自分が最も利益を得ようとする、他人を利用するとても性格の悪い持ち主となるため、こちらの特徴に当てはまる友人が近くにいるあなたは、自分を守るためにも警戒心を抱く必要があります。

癖で首をかしげる人の場合は、そもそも同性に対しても首をかしげていますし、あからさまに狙ったタイミングで首をかしげることも少ないことから、異性が「この人はぶりっ子である」と感じる確率も低い人となる違いも見られます。

 

なぜ狙う?メリットデメリットを考えよう


メリット面

メリット面は、首をかしげている仕草が好きな人にとっては高評価に結びつくことで、様々なわがままや謝罪を許してもらえる確率が上がり、自分にとっては快適な環境を作れます。

カップルで貢ぐ側と貢がれる側をイメージするとよく、貢ぐ側は相手のぶりっ子な仕草にとても弱く、嘘泣きや悲しい演技をすることで「許そう」と思える人なので、どうしても都合よく扱われる傾向が強くなります。

2つ目のメリットは、相手が本音を口に出さないことによる自己満足であって、狙って首をかしげることで自分の評価が上がったり、可愛いなどと褒めてもらえることは、狙い通りの効果を実感できます。

相手が狙っていると見抜かれていても、「それわざとだよね?」と指摘する人などいませんし、むしろ笑顔でニコニコ接することが多くの人が取る態度であるため、ほとんどのケースで満足できるとの考えも可能です。

3つ目のメリットは、第一印象がとてもよく見られる傾向にあることで、「見せたい自分を見せている」ことは、印象が良くていい人だと思われたいこともセットでの思惑なので、ニコニコと愛想よく接することが得意な人も多くなります。

愛想が悪かったりツンツンしている人よりも、愛想よく接してくれた方が相手にとっても「好かれている」と感じ、その場を楽しむことができるなどの相乗効果も期待できるので、狙って首をかしげることは悪い事ばかりではないことが分かりました。

 

デメリット面

狙って首をかしげるデメリットは、狙っているとバレてしまうことによる評価の低下で、「うわぁ。こいつあざとい人だなぁ」と内心見下されることは、鼻で笑われているようなものです。

もちろんそうした態度を面には出さないことで、まるで自分の力量で相手をコントロールした気持ちにも浸れることは、相手にとってのメリットが大きとも言えます。

2つ目のデメリットは、同性から嫌われやすいく陰口を言われやすいことで、首をかしげることはそもそも同性に嫌われる仕草の典型的な例ですし、その仕草に異性がチヤホヤすることによって、周りが嫉妬してしまいます。

すると陰口の対象や仲間外れにされる原因となり、同性からは「性格が悪い」とか「ネタ人間だ」などの酷い評価を影で受け、ゆくゆくは嫌われてしまうことも。

3つのデメリットは、首をかしげることで自分はモテるとか、魅力的な存在だと勘違いしてしまうことにあり、こうした仕草が好きでたまらない人が存在するということは、それだけ相手を褒めることになります。

相手を褒めるということは、首をかしげる人にとって「優越感を味わえる」わけですから、他人をバカにした発言をしたり自分がモテる人だと自慢することで、周りからは「勘違い人間の痛い人だ」と思われてしまうデメリットがあります。

 

不自然なシュチュエーションは嫌われる原因


首をかしげること自体は誰にでも見られる仕草ですが、あまりにも不自然なシュチュエーションや見せ方が下手くそな人は、相手に感づかれることで嫌われ、内心バカにされてしまうだけです。

これは相手が好意的に思っているのか?または嫌悪的に思っているのか?でも、大きく評価が分かれてしまう部分であるため、二人の関係性によって使うべき場面と使わないべき場面を使い分けるべきです。

故意的に首をかしげる仕草を見せようと思う人は、相手と良好で好意的な関係にある時に見せることができれば、相手は良い方向に捉えてくれる確率が高くなり、魅力的だと高評価を得ることに繋がります。

一方で嫌悪的な関係にある場合は、悪いように捉えることで「演技するな」と否定され、陰口の対象となる行為ともなってしまいかねないので、相手の評価によっても大きく評価が変わってしまうことを覚えておきましょう。

こうした人が嫌いだとの本音を持つ人にとっても、好きな人が首をかしげると凄く魅力的に見えてしまうわけですから、頭を使って好意的に使うことさえ心がければ、あなた自身の評価を大きくあげることができる、魔法のようなテクニックなのです。

【超おすすめ!よく見る嫌われがちな仕草関連の記事】

・忙しいアピールのうざい心理と口癖の共通点|共感できる怒りの声15選

・笑ってごまかす人が持つ驚きの秘密|心理に秘めた思いと対処法16個

・鼻で笑う癖がある人の心理|相手の本音と怒りの声〜最高の対処法12個

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP