【成人式に行きたくない!】と思う方が読むべき後悔した人の声10個

「はぁ…成人式行きたくねぇ…」と思うあなたは、成人式に参加した人の多くは「後悔」していて、「必ずしも成人式に行った人が楽しい思いをするわけではない」事実をご存知でしょうか?

最初にはっきりと言っておきますが、成人式はそれほど楽しいイベントでもありませんし、住む地域によってヤンキーのようなDQNが楽しむイベントともなりがちです。

古い友人などと顔をあわせる絶好の機会でもある成人式ですが、「行きたくない」と思う人はこの記事を読むことで、「どういう部分がクソなのか?」を知っておいてください。

また、参加しないことのメリットもしっかりとお伝えしていくので、今持つ悩みをこの1ページで解決していきましょう。

まずは、成人式に参加しない人の割合を知ろう!


行きたくないと悩んでいるあなたは、まず成人式に行かない人の割合を知っておくことで、「なんだこんなにも多いのか。」と内心ホッとし、心の中の悩みが軽減されること間違いなしです。

成人式は地域によって大きく割合が変動しますが、以下の画像を参考に、およその目安であるとの理解をしておきましょう。

上記は着物業界が成人式での振袖市場規模を算出するために、成人人口から参加率を割り出した計算結果であり、最も高いさいたま市でも76.0%であることから、成人式は参加率が高い地域でも、2割は欠席しているとの答えが導き出せます。

これは地域差があるため、あなたの住む地域が上京する人の割合が高いなどの場合は、参加率は50〜60%前後まで落ちることも想定できます。

まずこの参加率を知ったあなたは、「成人式を欠席することは珍しいことではない」ことと、「欠席することが悪いことではない」ことを理解し、行きたくないのであればいく必要は全くないことを、頭に入れておきましょう。

 

どう後悔するのか?行きたくない人が知るべき現実


成人式自体がつまらない

成人式は会館に集まることで話を聞くだけの式であるため、そもそも自ら楽しもうと思う人以外は楽しめるイベントではありませんし、「なんの意味があるのこれ?」と思うくらいに、無意味の式でもあります。

成人式でやることといえば、主に会館で市長のお祝いコメントを聞くくらいなもので、後は会館の外で写真を撮ったり古い友人と会話をするなど、決して楽しい空間ではありません。

ちなみに、「なんでこんな式に来たんだろう…」と後悔する人の特徴としては、「行きたくない気持ちが強い人」や「楽しもうと積極的になれない人」であるため、今の段階で成人式に行きたくないと思っているあなたは、後悔する確率の高い人であるとも言えます。

成人式の後の二次会は食事も兼ねたイベントであるため、そちらでは楽しめたという人もいるでしょうが、自分の写真や古い友人などに一切興味がない人にとっては、心の底から楽しいと思える式を迎えることは難しくなります。

 

DQNのための成人式

最近の成人式は、DQNと呼ばれるヤンキーや半グレのような人たちが目立つための式であって、真面目でそうした人が嫌いな人にとっても、地獄でストレスの溜まる式となるかもしれません。

実際に、私が経験した成人式ではDQNがリムジンをレンタルすることで、ド派手な登場と共に酒を飲んで暴れる成人式であったため、真面目な人たちは隅でおとなしく会話している程度の式でした。

DQNと呼ばれる人たちにとっては、こうした大勢の視線が集まる場所以外で目立つことが難しいため、成人式に多くの労力と資金を投資する傾向強く見られます。

こちらも地域差が見られる理由となりますが、沖縄や大阪などは成人式でDQNが暴れる地域でも有名であるため、治安が決して良くない地域の中学を卒業した方は、DQNのための成人式となってしまうことを覚えておきましょう。

 

孤独で虚しい思いをしただけ

地元に友達がいなかったり親しい友人がいない人も、成人式に行くことで孤独感を感じ、虚しい思いをしただけだと後悔する人の特徴であって、成人式は写真を撮る相手がいないともなれば、一人でポツンと待つだけの式になってしまいがちです。

心優しい人が声をかけてくれることもあるでしょうが、やはりどこか距離を置かれてしまうのが現実ですし、ちょっとやそっとの会話を交わしたくらいでは、楽しいと思えるわけもありません。

「よーし!友達作るぞ!」と燃えている人にとっては、親しい友人を作ることができる絶好の機会となる一方で、行きたくないとの本音を持つ人にとっては、ぼっちな自分をアピールするだけの場となってしまうのです。

もちろん自分の容姿によっては、異性から連絡先を聞かれることもありますが、これはあくまで個人差が生まれる部分なので、積極的に異性に話しかけることが可能な人は、こうした狙いで成人式に参加するのもありです。

 

出費との割に合わない

成人式の出費は人によって大きな差が出ますが、振袖のレンタルは決して安い料金ではありませんし、撮影料や二次会の料金なども出費となってしまうことがほとんどです。

購入した場合はさらに多額の料金が費用となる成人式は、値段と価値が合わないと思う人もかなり多くの割合でいて、自分の写真をあまりとらなかった人にとっては、思い出だけで数十万円が飛んでしまう式となってしまう人も。

さらに安いスーツや私服で参加することは、「お金ないのかな?」と勘違いの要因ともなるため、安く済ませようと私服で成人式に参加してしまうと、内心見下される瞬間となることも考えられます。

お金は両親が出してくれる家庭も多いですが、「これだけ多額の支払いが応じるなら、一人暮らしの時に出して欲しかった…」などと、後々後悔するパターンも存在するので、行きたくないし楽しもうとの気持ちがない人は、お金の面で後悔する可能性も出てきます。

 

コンプレックスが辛かった

成人式に参加すること自体は良かったけれど、その時の会話などで後悔するパターンも存在して、何かに対してコンプレックスを抱いている人は、成人式で大きなストレスを溜めてしまう可能性を持つ人です。

例えば、学歴コンプレックスを持つ人が成人式に参加すると、「どこの大学に行ってるの?」と必ず聞かれるでしょうから、コンプレックスを抱く人はこの質問に対して、何かとネガティブな捉え方をするようになります。

人は誰でもコンプレックスに触れられることで、相手の悪い部分を見ようとする心理が働くので、相手にとっては悪気のない質問であっても、「この人は小馬鹿にして笑いをしている」などと、物事を悪い方向に捉えてしまうのです。

自分の容姿にコンプレックスを抱いている場合でも、周りの視線が気になることでちょっとした仕草に、「相手は見下している」などと悪い方向に捉えがちですから、コンプレックスを持つ人も後悔しやすい人の特徴となります。

 

トラウマが蘇る

コンプレックスと似た理由になりますが、当時からいじめられっ子でバカにされ続けてきた人にとっても、成人式に行くことで当時に記憶が蘇り、嫌な過去を思い出してしまう瞬間となりがちです。

例えばこれが女性であった場合、振袖などにかなりのお金をかけているわけですから、結果的に高い金を出して嫌な思いをしただけの成人式となってしまいます。

こうした人は、あなたと同じく成人式に行きたくないとの思いを抱いていたかもしれませんが、勇気を出して成人式に行ったことが、仇となってしまった形の人であると言えるでしょう。

同じような経験を持つ人は、成人式に行くことでトラウマが蘇らないかどうか?を事前にチェックし、拒絶反応などが起こらない場合は行く選択をすれば、最も無難な選択ができるとも言えそうです。

 

実際にあった体験談4つ


25歳レスキューが必要さんの声

僕は地元で仲の良かった友人と絶交状態であったため、成人式に参加したものの一人ぼっちで、優しい幼馴染の子が気を使って積極的に話しかけてくれました。

それは嬉しかったのですが、その子も仲良しのグループがあったので会話に入れないことが多々あって、二次会でもそのグループに入れてくれた優しさは嬉しかったんですが、やっぱり会話が成り立たないことが多かったです。

成人式に行きたくないな…との思いもありましたし、人生で一度の成人式との気持ちの狭間で悩みに悩んだ結果、行くことを選択したわけですが、まあ楽しくはなかったです。

写真も一応は取りましたが、5年経った今でも一度も写真を見直したことはないですし、行きたくないと思っている人がいるんであれば、行かないことも正解だと思いますよ僕は。

22歳微妙だったさんの声

私も成人式に行こうか迷った派の一人ですが、成人式に参加して良かったなと思えることは、やはり振袖姿で綺麗な自分を写真に収めれたことくらいです。

懐かしい友人などとの再会もありましたが、私は東京に上京している身なので連絡先を交換しても、気楽に会えるような環境でもないですし、仕事が忙しくてそうした時間も作れません。

だから、本当に振袖姿を写真で取れたくらいしか良かったことはなくて、二次会も特に会話が弾むこともあまりなく、上部だけの会話って感じでしたね。

自分が大好きな人はたくさん自分の写真を撮れるので良いかもしれませんが、そうでない人は自分の写真をたくさん撮っても、それほど見返すこともないでしょうし、自分のお金で行くのなら本当に価値があるかどうかを、きちんと考えてから結論を出すべきかと思います。

23歳クソやったわさんの声

成人式の感想は「クソ」以外の何でもなくて、中学の頃に悪だった奴らが袴を着てイキってばかりだったので、周りはドン引きの目で見ているような成人式でした。

もちろんそいつらの周りには空間ができていて、皆んな絡まれないように距離感を取っている状態だったのを覚えています。

自分がちょうど会館に着いた時には、同じように袴を着ていた違う中学校出身の子たちが、ボコボコに殴られて救急車で運ばれていたので、着て速攻に「帰りたい」と思ったくらいに酷い成人式でしたね。

ドキューンたちが満足するための成人式ですから、そうした人が嫌いであったり苦手な意識を持つ人で、成人式に行きたくないと思うのであれば、行かない方がいいかもしれないですね。

成人式なのに、ドキューンどもを見て鬱陶しい気持ちになることは、あなたにとってメリットはないでしょうから。

20代ぼっちは辛いさんの声

友達がろくにいなかった私は、リア充と呼ばれる人たちが楽しそうにしているのを、指をくわえて見ているだけの式でした。

リア充な人たちに声をかけてもらったのは嬉しかったですが、ぼっちが成人式に参加するとぼっちが集まる場所ができるので、「私たちは何なの一体…」と悲しくなったことを覚えています。

類は友を呼ぶとも言いますから、地味組には地味組しか集まりませんし、そうした人で二次会に参加したとしても、盛り上がる場面はゼロです。

振袖姿で綺麗な自分でいれたことは満足ですが、周りの視線を気にする私はぼっちになることで、「皆んなどう思ってるんだろう…」と不安に思い、あまり楽しめる余裕はなかったです。

ぼっちで楽しむためには、あらかじめ成人式の前に親しい友人を作っておくのか、積極的に話しかける練習をしておいた方がいいと思います。

 

行く行かないのメリット


行くメリット

成人式に行くメリットは何と言っても、その時の自分を写真として残せることが一番であって、成人式は人生で一度限りの一大イベントでもあるため、多くの人が魅力的な格好で参加することになります。

特に女性は20前後が最も綺麗で美しいと思う割合も高いことから、最も自分が綺麗で輝いていた時代の写真を残すことにもなります。

次のメリットは、様々な出会いがあることも多くの人の人生を変える瞬間で、成人式での出会いをきっかけにお付き合いが始まり、結婚することができた人もたくさんいて、成人式は元々知っている者同士が集まる式であることから、非常に連絡先を交換しやすい場です。

数年ぶりに再開すると、「あの子凄く可愛くなってる!」と驚くこともあれば、「知的で素敵な男性だなぁ。」と驚くこともあるため、出会いを求める場としては最高の式こそが成人式なのです。

友達が少ない人や恋人ができた経験がない人であっても、成人式を機に自分を変えようと積極的に話しかけることができれば、これまで破れなかった自分の中での殻をぶち破る瞬間ともなることでしょう。

 

行かないメリット

成人式に行かないメリットは、成人式にかかる費用や時間を無駄にしないことが一番で、成人式が楽しくなかったと思う人の中には、「お金が本当に無駄だった」と後悔する人が後を絶ちません。

それほど盛大に行われる成人式な訳ですが、親が行け行けとうるさかったり、費用を出してくれるような家庭も非常に多いため、「それなら一人暮らしや結婚の時の費用に置いといて」と説得することで、成人式に行かない選択をする人も中にはいます。

次のメリットとしては、成人式に当てるはずの時間を自由に使うことができることであり、本当に自分のやりたいことに没頭する時間や、本当に好きな人との時間を過ごすことにも使えます。

社会人になると何かと忙しく、自由な時間は非常に貴重な時間ともなりうる現代は、やりたくないことに参加してストレスを溜めるよりかは、自分の好きなことをして後悔のない人生を送った方が、良いのではないかとの声は若者に特に多い意見です。

一生に一度の成人式なので、これが行こうか行かまいかと迷うポイントになりがちですが、行かないメリットもきちんとあることを頭に入れ、行ったからといって人生が必ずしも変わるわけでもない事実を知れば、心の中の悩みをグッと楽にできる秘訣ともなります。

 

「結論」自分の気持ちに正直になろう


成人式に行きたくないあなたは、その気持ちに正直に従うことが最も後悔しない選択であり、やはり自分の気持ちに正直に生きていくことは、もやもやとした気持ちを抱かない要因となります。

行きたくないのに悩んでしまう人に共通することは、親が行けと口うるさく言ってきたり、これを逃せばもうチャンスはないと思ってしまうことですが、こうした環境で頭を悩ませている人は、自分の気持ちに正直になるべきでしょう。

また、親がお金を出してくれたからこそ、「やっぱり行きたくない」と言いづらい本音を持つ人もいますが、この場合はキャンセル料などがかかってしまうくらいであれば、捉え方をポジティブに変えていくしかありません。

行きたくないと悪い方向に捉えるのではなく、行くことでたくさんの出会いがあるとか、会いたかった友人と会えるなどの良い方向に捉えることで、成人式に行ってよかったなと思えたり、その場を楽しめる自分を作ることができます。

行きたくない気持ちは理解できますが、どうしても行かなければいけない環境下に置かれた人は、今すぐ物事をポジティブに捉える練習を始め、成人式に参加することのメリットばかりを考える癖をつけておきましょう。

【成人を迎えるあなたに当てはまる項目は!?大人が知っておくべき得する知識】

・大物になる人の特徴|なれない人との決定的違い20選

・世の中金が全て!「やっぱりな」と実感する現実20選

・無知な人と博識な人の明確な違い14選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP