レズビアンの特徴や見分け方12選

実はレズビアンですという人は世の中にかなり多く、あなたの友達がレズビアンであっても、なんらおかしくはありません。

それくらい高い確率で世界中にレズビアンがいるわけですが、そんなレズビアンにはある一定の特徴や見分け方が存在します。

もちろん周りに知られたくないと隠す人も多いので、そう簡単には見分けることは難しいといえるでしょう。

レズビアンは周りと何ら変わりのない一面が多く見られますが、やはり細かな動作やしぐさで見分けることは可能です。

今回の記事では、レズビアンの特徴や見分け方について、12項目に厳選してみました。

スポンサードリンク

結婚、婚活には興味がない

レズビアンを見分けるのにまずこのフレーズは大切です。

レズビアンは結婚とは無縁ですから、そのような話題を振っても答えるのが難しいでしょう。

男性に興味を持っていない風であれば、ますますレズビアンの可能性は高くなります。

その代わり、男嫌いでない人は、男性の友人が多くいるという人もいます。

 

距離感が近い

レズビアンは会話などの距離感が近く、カップルかと思わせるような距離感で友達付き合いをしていくのが特徴的です。

よくゲイバーなどで男性とかなり近距離で会話をしたり、ボディタッチをしたりしていますが、これはレズビアンにも当てはまります。

距離感に違和感を感じるなとあなたが感じている場合は、相手がレズビアンな可能性を視野に入れておきましょう。

 

スキンシップが多い

レズビアンの場合、何故だかスキンシップが多い可能性が高いです。

これはゲイの場合も同じですが、欧米のようにスキンシップを求めてくるので、ちょっとビックリします。

そのボディタッチは相手へのアプローチと見て良いでしょう。

しかしスキンシップにも色々ありますから、吐息に熱がこもっていたり、太もも、胸などタッチが多い場合はレズビアンを疑っても良いでしょう。

 

男嫌い

レズビアンはお気に入りの女性を男性に取られたり、男性と親密に話しているのに対し、嫉妬したりしがちです。

また私は我慢しているのに…と開放的な男性に嫉妬し、男嫌いになってしまうこともよくあります。

さらにそもそも男が汚い生き物に思えるような人もいるようで、様々な理由で男嫌いになってしまう人が後を絶ちません。

 

手を繋ぐ

女同士で手を繋いでいるのは、中学生や高校生までだと思っておいたほうが良いでしょう。

大人になっても女の子と手を繋ぐのが好きだとなれば、レズビアンの確率は高くなります。

ボーイッシュな女子と愛らしい女子の組み合わせであれば、なおさら2人はレズビアンであるという可能性があります。

 

長期間恋人がいない

レズビアンを隠している人も多く、これらの人は長期間恋人がいないという特徴がみられます。

例え大人になろうと隠し通すので、心に大きな闇を抱えてしまっているのです。

また人によっては男性とお付き合いする人もいますが、やはり男性との付き合った人数は少ない傾向にあります。

 

ノーメイクが普通

普段、女性が気を使うメイクに対しても、レズビアンの場合はあまり興味を示しません。

というより、ノーメイクが普通であることが多いようです。

男性側のタチと呼ばれる女子の場合、ノーメイクは普通であり、メイクするのは嫌いだと言う人も多いです。

 

格好が男の子っぽい

やはり、レズビアンは格好が男の子に似ているところがあります。

ボーイッシュな外見を好みますから、ショートカットだったりノーメイクだったりします。

格好がいつもパンツ派、スカートをはいたところを見たことがないという人はもしかしたら…と思っても良いでしょう。

 

方耳だけのピアス

これもゲイにも見られる傾向なのですが、片方の耳にだけピアスを空けている、つけているのが特徴の1つとなっています。

左耳だけなら攻める側のタチであり、右耳なら受ける側のネコであると言われています。

ファッションのために方耳しかピアスをしないという人も多いので、混同されがちなのですが、実際そのような噂というか、話があるということは確かです。

 

手の爪が短い

これはヤリマンの男性にも言えることなのですが、セックスの際に相手を傷つけないために爪を常に短くしている、というレズビアンはけっこう多いのが現実です。

女性はつけ爪やネイルなどで飾り付けるのが多いですが、それを全くしないというのはレズビアンである可能性は高く、ボーイッシュな格好とあわせると疑いをかけられる可能性があります。

しかし爪を衛生手的に保つためだけに短くしていることもありますから、これは都市伝説とでもいえるでしょう。

 

女性友達が多い

レズビアンは女性に基本的に優しいので、女性の友達や周囲に知人が多い傾向にあります。

その中でもお気に入りのタイプの子がいたり、すでに付き合っている子もいたりします。

特にお気に入りのタイプには気遣いをしたり、細かな変化に気づきやすいという特徴も存在します。

あなたが好きな人にして、気遣いをしたり、細かな変化にすぐに気づいてしまうのと同じです。

 

婚活をしない

いくつになっても婚活をしないというのはレズビアンであるか、独り身で過ごす覚悟が出来ている女性でしょう。

キャリアウーマンなら、30をこえてもガンガン仕事をして、40になっても役職をもらって仕事をしている女性も現在では多いものです。

婚活をしない、全く興味を示さないという場合は、レズビアンかキャリアウーマンかのどちらかでしょう。

 

レズビアンを見分けるのは非常に難しい

記事の冒頭でも言いましたが、日本にはまだまだレズビアンに対する偏見がありますから、周りに知られたくないと隠す人が多いです。

ですから見分けるのは非常に難しく、ふとした瞬間のしぐさや行動を見逃さないことが、レズビアンを見分ける一番の近道となりそうです。

しっかりと特徴を頭に入れておき、怪しいと思った場合は、12個の特徴に当てはまっていないか、一度冷静にチェックしてみることで、より正確に見分けることができます。

関連記事

ゲイの特徴と見分け方12選

スタイルが悪い女の特徴10選

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP