春が好きな人の理由やその特徴|性格傾向とそう思う人の意見14選

「春が一番好きな季節!」と思うあなたは、春の季節に良いイメージを持つことができている人で、春になると楽しいことや幸せなことに出会える確率が高い人だと言えます。

ここでは春が好きな人に多く見られる意見を述べることと、「春が好きな人のリアルな声」をそのまま紹介していくことで、春の魅力や素晴らしさを全て伝えていく記事です。

春はポカポカで気持ちが良いものですし、日本在住の多くの方が春が好きなことも証明されているので、そちらのデータもしっかりとチェックしておきましょう。

最終的には深層心理から性格傾向を導き出し、「春が好きな人とはどういう人物なのか?」を導き出す1ページにもなっています。

春が好きな人は特別多い!


気になるアレを大調査するサイトでも有名な、しらべぇが行った調査結果によると、好きな季節はいつ?との質問に対して、最も多かった月が5月との調査結果が報告されており、次に10月でその次に4月が人気であるとの報告がされています。

気象学的な区分で春は3月〜5月の間を示し、天文学的な区分でも春は3月21日〜6月22日となっているので、5月と4月がトップ3にランクインする春は、日本人が最も好きである季節であることが証明できます。

他にも、news.niftyが行った調査結果でも、春が好きな人が42%と最も多いとの報告がされていて、なんでも春を支持する人は40代以上の年代が多く、花見などのイベントが関係しているのだろうとの予想がされていました。

こうした様々な調査からも、春が好きな人は最も多いと言い切ることができ、日本人は春に対して特別な感情を抱いています。

 

春が好きな理由はどこにある?


ポカポカで気持ちいい

寒い冬を通り越してやってくる春は、ポカポカでとても気持ちが良くて、お昼休憩に外でお弁当を食べているだけでも、眠たくなってしまうほどの快適なシーズンです。

様々な虫が出てくることもあって、子供と虫の観察に出かけることができたり、気になる異性と蛍を見にいくことができるなど、家族連れにもカップルやデートにも思い出作りが可能な季節こそが、春の魅力です。

こうした日には家でいるのが勿体無いと思うほど、外で散歩をするのも気持ちが良いものですし、芝生にシートをひいてお弁当を楽しむことができるのも、春ならではの楽しみ方であって、春はお金がかかりにくい楽しみ方ができることも魅力の1つでしょう。

SNSでも、春の訪れと共に何も考えずに川沿いを歩く投稿などもたくさん見られることから、ポカポカ陽気の日には多くの人が無条件で外へと足を運ぼうと思えたり、または気持ちのいい昼寝ができることも、多くの人が春を好きになる理由です。

 

心が穏やかになる

春の訪れと共に心が穏やかになれる経験は、誰もが一度くらいは体感する春あるあるであり、人は快適な気温であるほど心に余裕ができて、人間関係や恋愛なども上手く生きやすい季節となっています。

夏は暑すぎることでイライラやストレスの原因も多く、冬は寒すぎることで心も冷たくなるとの実験結果も出ていて、春や秋のような快適で過ごしやすい季節こそが、人が最も心穏やかに過ごせる季節であることは、多くの心理学者や科学者が実験結果でも証明している事実です。

分かりやすい例は、ポカポカ気温の日には芝生で寝転がるほどの余裕を持てる人が出てくることで、心の余裕はやがて人間関係や恋愛にもメリットをもたらします。

心が穏やかな人の特徴として、人間関係にイライラすることが少なかったり、今の生活に満足することができる、誰にでも優しくなれるなどの魅力が見られますが、実際にあなたがこうした心理状況となれる時は、春のポカポカな季節であることが多いはずです。

 

桜や花を楽しめる季節

春の代名詞ともなった花見は、桜の美しさを目で楽しみながらお酒や食べ物を摘む最高のイベントですが、桜は満開の姿だけが美しいわけではなく、桜が散る姿を楽しむことができるなど、一度で何度も得した気持ちになれるのが花見の魅力です。

年に一度、美しい桜が散っていく姿は儚さを覚える瞬間でもありますが、この儚さも「来年も見に行こう」と思えるきっかけとなる人もいるなど、桜が私たちに与える影響は思った以上に大きいなものがあります。

それ以外にも、春にはラベンダーやチューリップなどの色鮮やかな花が開花し、見ているだけでもこちらの心を落ち着かせてくれるような、可愛いお花が並ぶことも春が好きになる理由です。

一方で、花見や花を観賞する際に必ず遭遇するのが花粉症であって、「春は好きだけど花粉がちょっと…」と、春の素晴らしい風景を心の底から楽しむことができず、頭を抱える人がいるのも事実です。

 

クラス替えや新卒生などの楽しみ

学生にとって春はクラス替えの楽しみがあったり、新しいクラスや入学式でのドキドキ感を味わうことができ、新しい友達や新たな環境に馴染む必要があるなど、多くの刺激に触れることができます。

就職先が決まった人にとっても、春は人生の新たな一歩となる時期であるため、親元を離れて初めての一人暮らしが始まるなど、期待と不安が入り混じる非常に繊細な季節です。

こうした環境の変化は、必ず新たな刺激をもたらしてくれることから、飽きてしまった人生を再び輝かせるきっかけとなり、春は多くの人の人生が180度変わってしまうような季節とも言えます。

子供を持つ親にとっても、新学期の準備や小学生入学の準備などの様々な行事が重なるので、子供の成長を肌で感じることができる春は、どうしてもポジティブなイメージを持ちやすくなります。

 

GWの大型連休

「春が好きな人は特別多い!」でも紹介したように、5月は春の時期に当てはまり、GWの大型連休があるから春が好きだと思う人や、春は良いイメージを連想できることも、春が好きになってしまう瞬間です。

GWは家族連れで旅行に出かけたり、じっくりと自分の趣味に没頭する時間ができるなど、忙しい日々を送る社会人にとっては本当に幸せな連休で、このGWがなければ今以上に仕事に挫折し、人生に絶望を味わう人も増えていたはずです。

今の日本には「働くのが嫌だ」とか、「専業主婦、専業主夫になりたい」との本音を持つ人がたくさんいて、グーグルのみでも年間で10万件近くの検索がされていることからも、GWはそうした人々の本音を叶えてくれる、魔法のような時間ともなり得ます。

デメリットとしては、五月病にかかってしまう人が出て来ることでありますが、それでも春が来ることでGWが近づくことは、仕事や勉強においてモチベーションの1つとなることは間違いありません。

 

秋と違って台風も少ない

春と秋は過ごしやすい気候が特徴的ですが、秋は台風が接近する回数が多いことで様々な被害が出てしまうので、それなら春の方が好きだと答える人もたくさんいて、春は花粉症を除けば本当に過ごしやすい季節です。

虫が嫌いであったり花粉症が酷い人にとっては、春が来るのが嫌だとの本音を持つ割合も高くなりますが、そうしたデメリットがあっても春が好きだと思える人もいるほど、春の訪れは多くの希望や幸せを運んでくれます。

こちらはあくまで消去法で春を選んだ人の意見となりますが、春は花粉症さえなければ本当に過ごしやすく、「一年の全てが春でもいい」と思える人もいるくらいに、生きやすさを感じさせてくれる季節なのです。

後もう1つ、春は季節の変わり目で体調を崩したり肌のトラブルが多いことから、体が弱い人にとっては苦手な季節となってしまうかもしれません。

 

春が好きな人のリアルな声も知ろう!


27歳待ち遠しい!さんの声

春が大好きで冬が嫌いな私は、春が近づくごとに日が長くなっていく感じがとても好きで、春が近づくことはワクワクする気持ちにさせてくれたり、活発になれる元気がもらえるシーズンです。

犬を飼っていることもあって、春のポカポカ日和は散歩もとても気持ちがいいですし、ワンちゃんも心地よさそうに草むらでゴロンとしていることから、家族のペットにとっても最高の季節なんだと思います。

ワンちゃんの頭に花を乗せたり、花冠を作って頭に乗せることも楽しく、可愛い角度で写真を撮れるのも春の良い部分ですね!

ちなみに冬はなんだか寂しくて、人の温もりがどうしても欲しくなっちゃうんですが、春になるとそうした寂しさを感じることもなく、道を歩いているだけで幸せな気分になれる人は、私以外にもたくさんいるのでは?

22歳リクさんの声

自分は花見でお酒を飲んだりはしませんが、ただ歩きながら桜を見るのも好きですし、花見をしている人々が楽しそうに笑っている姿を目にするのも好きです。

春は電車が趣味の自分にとって一番活動しやすい時期で、田舎道を走る電車で綺麗な山々を見たり、道に咲いている花などと一緒に電車を撮るのがとても楽しいです。

夏や冬は外に出るのも億劫になるくらい、最近は異常気象が見られる日本だけに、春と秋がじっくりと電車の魅力に触れる機会であるため、台風が少ない春の方が好きだという選択に至りました。

何かと写真が好きで電車以外にも、綺麗な花や虫がいればついついとってしまう癖の持ち主なので、春は個性的な写真をたくさん撮れることと、電車でゆったりと流れる時間を楽しめるベストシーズンなんですよ。

40代のみやこさんの声

汗っかきで冷え性の私は春が一番元気が出る時で、毎年春になると「新たなスタートだ…」と、気持ちを一掃に新たな目標を掲げる季節でもあります。

この新たな目標を掲げることで、自分への褒美を作るなどの楽しみに繋げることができることから、春は自分を大きく成長させてくれることと、一年の楽しみが決まってしまう非常に重要な季節なのです。

最近では昇格したこともあり、職場で新人の指導なども担当することになったので、春は新入社員との多くの出会いがあることも楽しみで、たくさんの刺激に触れることは、人生のつまらなさを解消してくれると思うんです。

後は歳をとったこともあってか、最近花に凄く興味を持てるようになってきて、春は色とりどりの花がたくさん咲く季節ですから、そうした花に「可愛いね」と内心語りかけれることも、春が魅力的だと感じれる理由です。

※日本最大級の仕事サイトランサーズにて、「一番春が好きな人。その理由を教えてください」との募集を募り、13名の中から3名の声を厳選紹介しています。

 

春が好きな人の特徴と性格傾向


ポジティブ思考な人

春が好きな人は寒い冬を乗り越え、やっとの思いで春に辿り着く喜びを感じることから、ポジティブ思考でどんなことにも前向きに捉えれる性格が多くなります。春になるとクラス替えや新卒生などの、自分にとって劣位な環境となる可能性もあり得るわけですが、春が好きな人はそうした悪い部分を考えない人です。

どんなことにも良い方向に捉えることができる春が好きな人は、花粉に悩まされる季節であっても「花見などの楽しいことの方が多い」と前向きに捉え、冬に嫌なことがあっても「もう時期温かい春が来る」と、悪い方向に捉えることはありません。

このタイプは自分に自信があったり、小さなことでクヨクヨしない強さを持っている反面、直さなければいけない悪い部分も都合よく捉えてしまうことで、同じ失敗を何度も繰り返してしまう一面を持つため、失敗から学ばない人だと評価されることも。

周りから見れば笑顔が多く人生を楽しんでいる人のようにも見えますが、ポジティブすぎることで結果を重視しないことが仇となり、「あいつは何も考えていないバカな人だ」と、周りから噂を立てられる可能性を持つ人なので、結果を求める意識付けが必要となります。

 

好奇心旺盛な性格

こちらも寒い冬を乗り越えて、ポカポカと温かい気温になることが関係していて、「温かい春に外にであるぞ!」と思えることは、好奇心旺盛な人に共通する思考であります。

好奇心旺盛な人は、行動力があるので温かい外の空気を楽しもうと散歩に出たり、花見に参加することで新たな出会いを求めるなど、何かと人生に刺激ばかりを求めている傾向にあります。

また、好奇心旺盛な人と春は相性が非常に良いと考えることもでき、四季の中でもすぐに終わってしまう桜やポカポカ気候は、飽き性である好奇心旺盛な人にとっては魅力的で、飽きがくるほどの長い刺激は期待できません。

だからこそ、好奇心旺盛な人は普段感じることができにくい春が好きだと思いやすく、出かけやすい気候が加わることでフットワークの軽さが、より軽くなってしまう相乗効果を発揮し、春を満喫できる人ともなり得ます。

 

外交的で人付き合いが得意

新入社員などの新たな出会いが多い春は、会社で花見を企画するなどの面倒ともとれる行事が多くなりますが、これも含めての春への評価が高いということは、間違いなく外交的でイベントが好きな性格です。

外交的な人は花見のような賑やかな場所が大好きで、一対一よりもグループでの会話を好む特徴が見られることからも、グループで行動することが多い春が好きである確率が高くなります。

また、話すことが得意で大好きな性格であることから、お酒が入る花見では自分語りたくさん聞いてもらえたり、自分の存在を知ってもらえるなどのメリットが多い外交的な人は、その場を盛り上げれるムードメーカーとなることも。

このタイプは、春の訪れとともに新たな出会いやイベントなどで活力を養い、仕事へのモチベーションに繋げることが得意な性格であるため、積極的に新たな出会いなどを求めていく方が、仕事面も生活面もうまくいくことが多くなる人です。

 

楽天家と言われることが多い

楽天家な人の最大の特徴は、「まあどうにかなるだろう」と事を軽く考えすぎることで、寒い冬が終わり温かい春が訪れることによって、事を軽く考える気持ちがより強調されやすい季節となります。

沖縄のような温かい気候に住む人ほど、楽観主義な性格の人が多いと言われるように、気温が上がるにつれて人は「どうにかなるさ」との軽い気持ちになれる春は、楽天家にとって非常に快適な季節なのです。

楽天家な人は、どんなピンチもチャンスに変えれるような強い心を持つ反面、同じ失敗を繰り返して成長が遅いと言われる人でもあるため、失敗してしまった原因をきちんと追求していくことが、あなた自身を大きく成長させるコツとなります。

また、どんな時でも楽しめる魅力的な性格の持ち主ですが、あまりにも単純すぎて利用されやすい人であるため、花見などで初対面の人を信用しすぎてしまった結果、荷物の盗難に遭うなどの被害にあうことも。

 

昔から春が大好きな日本人


ここまで春が好きな理由や特徴を述べてきましたが、実は日本人は昔から桜が大好きである国民性を持ち、桜に対して特別な意識を持つことが分かっています。

「花は桜木、人は武士」という有名な言葉がありますが、これは一休宗純が唱えた言葉であり、彼は1394年2月1日に生まれたとても古い人です。

この意味は、「花は桜のほうがいい、日本で一番きれいに咲く花だから。人は武士のほうがいい…」と意味が続きますが、要は「桜の散り際が美しいように、武士も散り際が潔く美しいもの」との意味を持つ言葉です。

これは1340年代から桜が美しく、多くの日本人に評価されていた証拠ともとれる言葉で、大昔から日本は桜に対して特別な意識を持ち、今と同じく美しいとの感性を持っていたことが分かります。

こうした歴史の背景からも、日本は昔からそうした国民性が見られていて、その意思を現代人が受け継いていることが、春が好きだと感じることにも繋がっているのでしょう。

【季節関連の超おすすめ記事】

・夏が好きな理由やその特徴|どういう心理?性格傾向と夏派の意見14選

・秋が好きな理由とその特徴|性格傾向は?そう思う人の意見14選

・冬が好きな理由とそう思う人の特徴|心理から読み取る性格傾向12個

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP