春が好きな人の理由やその特徴|性格傾向とそう思う人の意見14選

「春が一番好きな季節!」と思うあなたは、春の季節に良いイメージを持つことができている人で、春になると楽しいことや幸せなことに出会える確率が高い人だと言えます。

ここでは春が好きな人に多く見られる意見を述べることと、「春が好きな人のリアルな声」をそのまま紹介していくことで、春の魅力や素晴らしさを全て伝えていく記事です。

春はポカポカで気持ちが良いものですし、日本在住の多くの方が春が好きなことも証明されているので、そちらのデータもしっかりとチェックしておきましょう。

最終的には深層心理から性格傾向を導き出し、「春が好きな人とはどういう人物なのか?」を導き出す1ページにもなっています。

春が好きな人は特別多い!


気になるアレを大調査するサイトでも有名な、しらべぇが行った調査結果によると、好きな季節はいつ?との質問に対して、最も多かった月が5月との調査結果が報告されており、次に10月でその次に4月が人気であるとの報告がされています。

気象学的な区分で春は3月〜5月の間を示し、天文学的な区分でも春は3月21日〜6月22日となっているので、5月と4月がトップ3にランクインする春は、日本人が最も好きである季節であることが証明できます。

他にも、news.niftyが行った調査結果でも、春が好きな人が42%と最も多いとの報告がされていて、なんでも春を支持する人は40代以上の年代が多く、花見などのイベントが関係しているのだろうとの予想がされていました。

こうした様々な調査からも、春が好きな人は最も多いと言い切ることができ、日本人は春に対して特別な感情を抱いています。

 

春が好きな理由はどこにある?


ポカポカで気持ちいい

寒い冬を通り越してやってくる春は、ポカポカでとても気持ちが良くて、お昼休憩に外でお弁当を食べているだけでも、眠たくなってしまうほどの快適なシーズンです。

様々な虫が出てくることもあって、子供と虫の観察に出かけることができたり、気になる異性と蛍を見にいくことができるなど、家族連れにもカップルやデートにも思い出作りが可能な季節こそが、春の魅力です。

こうした日には家でいるのが勿体無いと思うほど、外で散歩をするのも気持ちが良いものですし、芝生にシートをひいてお弁当を楽しむことができるのも、春ならではの楽しみ方であって、春はお金がかかりにくい楽しみ方ができることも魅力の1つでしょう。

SNSでも、春の訪れと共に何も考えずに川沿いを歩く投稿などもたくさん見られることから、ポカポカ陽気の日には多くの人が無条件で外へと足を運ぼうと思えたり、または気持ちのいい昼寝ができることも、多くの人が春を好きになる理由です。

 

心が穏やかになる

春の訪れと共に心が穏やかになれる経験は、誰もが一度くらいは体感する春あるあるであり、人は快適な気温であるほど心に余裕ができて、人間関係や恋愛なども上手く生きやすい季節となっています。

夏は暑すぎることでイライラやストレスの原因も多く、冬は寒すぎることで心も冷たくなるとの実験結果も出ていて、春や秋のような快適で過ごしやすい季節こそが、人が最も心穏やかに過ごせる季節であることは、多くの心理学者や科学者が実験結果でも証明している事実です。

分かりやすい例は、ポカポカ気温の日には芝生で寝転がるほどの余裕を持てる人が出てくることで、心の余裕はやがて人間関係や恋愛にもメリットをもたらします。

心が穏やかな人の特徴として、人間関係にイライラすることが少なかったり、今の生活に満足することができる、誰にでも優しくなれるなどの魅力が見られますが、実際にあなたがこうした心理状況となれる時は、春のポカポカな季節であることが多いはずです。

 

桜や花を楽しめる季節

春の代名詞ともなった花見は、桜の美しさを目で楽しみながらお酒や食べ物を摘む最高のイベントですが、桜は満開の姿だけが美しいわけではなく、桜が散る姿を楽しむことができるなど、一度で何度も得した気持ちになれるのが花見の魅力です。

年に一度、美しい桜が散っていく姿は儚さを覚える瞬間でもありますが、この儚さも「来年も見に行こう」と思えるきっかけとなる人もいるなど、桜が私たちに与える影響は思った以上に大きいなものがあります。

それ以外にも、春にはラベンダーやチューリップなどの色鮮やかな花が開花し、見ているだけでもこちらの心を落ち着かせてくれるような、可愛いお花が並ぶことも春が好きになる理由です。

一方で、花見や花を観賞する際に必ず遭遇するのが花粉症であって、「春は好きだけど花粉がちょっと…」と、春の素晴らしい風景を心の底から楽しむことができず、頭を抱える人がいるのも事実です。

 

クラス替えや新卒生などの楽しみ

学生にとって春はクラス替えの楽しみがあったり、新しいクラスや入学式でのドキドキ感を味わうことができ、新しい友達や新たな環境に馴染む必要があるなど、多くの刺激に触れることができます。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP