許せない人の心理的特徴10選

許せない出来事と遭遇し、復讐心や嫉妬心にかられ、人を恨んだり妬んだりしてしまうのは、仕方がないことかもしれません。

そもそも完璧な人間などこの世には存在しませんので、人には必ず何かしらの欠点は存在するものです。

基本的に許せない人というのは、ある一定の心理が働いていることが多く、その心理的原因が無くならない限りは、許せない心を変えることはできません。

許せない心は、時には醜い行動や言動に繋がることも多いですが、今回の記事では、そんな許せない人の心理的特徴について10選にまとめてみました。

他人に罪悪感を植え付ける

小さい頃に両親に厳しくしつけられ、怒られてばかりいたという人が大人になると、他人対しても怒りやすくなり、何かことが起こると許せないと思うようになりやすいです。

その心理は相手に罪悪感を持たせて、自分を有利に経たせようという背景が生まれています。

子供の頃からの習慣の中で育ってきた心理的なものなので、治すのはかなり難しいでしょう。

カウンセラーや精神科医などを頼ると良いでしょう。

 

理想を親に押し付けられてきた人

親の理想を常に自分に押し付けられてきたという生活をしてきた人の、心理面をチェックしてみると、他人に評価されるような道筋を歩かねばならないと思い、それを実行するのですが、それに邪魔が入ると許せないと思うことが多くなります。

許せないというのはいわゆる子供のような心理が働いており、一度許さないと決めた人には、もう一生許さないどころか、復讐心や恨み嫉みまで抱いてしまうこともあります。

 

信用を裏切られた

自分が信頼してきた人が、裏切り行為を起こした場合、信用度が高ければ高いほど、人は恨むべき人や許せない人として認識してしまいます。

このタイプは人間不信に陥ってしまう場合も多く、さらに裏切られた相手に対して、必要以上にストーカーチックな行動を起こしてしまいがちです。

SNSを頻繁にチェックしたり、幸せそうな投稿があると妬んだりと、綺麗な心をどんどんを汚していってしまう原因ともなります。

対処法としては、自分は小さな人間ではないと思い込み、眼中にすらないと思い込むのがいいでしょう。

 

恨みや恐怖心を抱えている

常に恨みや恐怖心を抱えて生活している人は、人が何か失敗をして、自分にもそれがふりかかってきたら許せないと思ってしまう傾向が強いです。

常に恨みの体勢に入っていますから、それも原因となり、許せなくなります。

心理面で見ると、親にして欲しかったことをしてもらえなかったという原因が見えてきます。

 

支配欲が強い

支配欲が強い人ほど、自分に対して口答えをしたり、自分に対して見下した態度をとる人に対して、許せないという強い意志を抱くことがあります。

独占欲が強い人は、自己中心的で常に自分が中心にいなければ気が済まないので、自分に対して反抗的な態度をとる人や、自分という人間を過小評価する人に対して、非常に攻撃的になりがちです。

また表裏があるのもこのタイプが多く、初対面の人に対しては非常にいい顔をしがちですが、同じように自分の気に食わない態度をとられると、許せないと思い、心で妬んでしまったりすることが多いです。

 

見下している人が評価される

努力をしていない人を見て、その人が評価を受けていると、何故自分はこんなに頑張っているのに評価をもらえないんだ!と逆恨み的に許せない、となってしまうことは現実に多いです。

世の中全て平等な社会ではありませんから、ひいきもありますし、些細なことで評価されたりすることもあります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP