真実と嘘を表現する2人の男

嘘を見破る方法|嘘の3つの特性と5つのタイプ分類で分析

学校での友達同士のふとした会話から、職場の同僚や彼氏と彼女の会話、ビジネス商談の場面に至るまで、世の中は嘘に満ち溢れています。

しかし、嘘は必ずしも悪いものだけではなく、「気遣い」「自己保身」「自分が何かを得るために相手を騙す」「自分自身に嘘をつく」「反射的に嘘を付く」といったようなタイプに分類でき、許せるものから許せないものまで多種類に及びます。

あなたはこの記事を最後まで読むことで、嘘のタイプ分類を知り、嘘を見破る方法を知ることができます(残念ながら完全には不可能です)。

それによって、今よりも嘘による被害を減らすことができるようになるでしょう。

私たちは1日に10回から200回もの嘘をつかれる!?

パメラ・メイヤー氏のTED Talksでのスピーチによれば、我々は日常的に相当な数の嘘に囲まれて生きています。

私たちが日常接している嘘の数について、パメラ氏は以下のように説明しています。驚くべき数値ではないでしょうか?

  • 初めて会う人同士は最初の10分で3回嘘をつく
  • 職場の同僚よりも見知らぬ人に多く嘘をつく
  • 外向型の人は内向型の人よりもよりも嘘をつく
  • 男性は他人のことより自分のことについて8倍嘘をつく
  • 女性は他の人を守るために男性よりも多く嘘をつく
  • 平均的な夫婦は10回の会話で1回は嘘をつき、独身なら3回に1回嘘をつく

<出典>TED「パメラ・メイヤー:嘘の見抜き方」より筆者抜粋

 

何故、人は嘘を付くのか?

人は誰しもが嘘をつきます。そして、嘘は人の成長の節目でもあります。

幼い子供は親のことを完璧だと思っていますが、ある日小さな嘘を付いたら自分の話を本当だと信じていることに気づき、そこから自立心が目覚めます。

フロイト的、精神分析的な観点では、嘘は子供の成長における節目ということになります。

小さな子供からお年寄りに至るまで、嘘は自分を守ったり利益を得たりするために付くものですが、様々な理由や背景に区別することができます。

それでは、次の章で嘘をタイプ別に見てみましょう。

嘘の3つの特性

嘘は5つのタイプに大別されます。この5つのタイプは、それぞれ、以下の3つの特性が様々に組み合わさったものになります。

  1. 他人に害を加えるか、加えないか?
  2. 他人に対して付く嘘か、自分自身に対してつく嘘か?
  3. 故意(自覚的)に付く嘘か、無自覚に付く嘘か?

「1.他人に害を加えるか、加えないか?」は、その嘘を許せるか、許せないかの分かれ目になります。
他人に害を加える嘘は、程度の差こそあれ許されるものではなく、受け手は嘘を見破る必要性があります。

「2.他人に対して付く嘘か、自分自身に対してつく嘘か?」に関して、厄介なのが「自分自身に対してつく嘘」です。
3の無自覚と合わさると、自分が自分自身に対して無自覚に嘘をついていることになるため、精神的な問題を抱えることになります。

「3.故意(自覚的)に付く嘘か、無自覚に付く嘘か?」については、故意に他人をつく嘘には何かしら目的があるため、理解はしやすいですが、無自覚につく嘘は原因が理解しずらく、精神的な病気の可能性が高くなります。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP