ライブ会場

大学生バンドの特徴|バンドマンはパリピなのかも合わせて紹介

大学生でバンドをやっている人にどのようなイメージを持つでしょうか?

「酒とタバコ」「パリピ」などといったイメージを持っている人も多いでしょう。

今回は、大学生バンドマンがパリピと言われるイメージについていくつか紹介した後に、大学生バンドの特徴について紹介します。

大学生バンドマンがパリピと思われている理由

はじめに、大学生のバンドマンがパリピだと思われている理由について解説します。

大学生バンドマンには以下の3点のイメージがあるようです。

ライブハウス=パリピというイメージ

まずは、ライブハウスがパリピの集まる場所というイメージについて。

これは、クラブと同じようなイメージを抱いている方に多いでしょう。

騒音への配慮から地下にあることの多いライブハウス。ライブハウス自体が入りにくい構造の上、ライブの開始は圧倒的に夜が多いのです。

そのため、なんとなく怪しいといった雰囲気があったり、パリピというイメージがあったりするのでしょう。

男女関係で軽そう

これも大学生バンドマンに抱くイメージの一つでしょう。バンドにはおっかけのファンが沢山ついていることもあります。

それを外から見ると、ちやほやされてモテていると思う方もいると思います。実際にモテているかどうかは別問題ですが…

フェスの様子を見て

夏から秋にかけて、全国各地でロックフェスが開催されます。その映像を目にした方も、チャラそうというイメージをもたれるかもしれません。

各々の好きなバンドのシャツを来てお酒を片手に楽しんでいる姿。また、音楽に合わせて体を揺らしたり声を上げたりする姿も見たことがあるでしょう。

それらを見るとパリピのように見えてしまいますね。

 

実際の大学生バンドの特徴

大学生バンドに持たれがちなイメージと比べて、実際はどのような特徴があるのでしょうか?ここからは大学生バンドの特徴について紹介します。

音楽に打ち込みすぎて留年

まずは、音楽に打ち込みすぎて留年してしまうという特徴があります。

大学生になると時間的なゆとりもあるので、授業よりも楽器の練習を優先しがちです。

また、ライブや練習が深夜にまで及ぶため昼夜逆転の生活になることも。そうなると、授業へ出席していても寝てしまうことが多くなります。

次第に授業へついていけなくなったり、寝坊して授業自体に参加できなくなっていくでしょう。

そして、最終的に単位を落として留年になってしまうこともあるようです。

ライブやスタジオ代でお金がない

お金がないのも大学生バンドの特徴です。これは、バンド活動に熱心であればあるほど当てはまります。

ライブに出ればノルマと呼ばれる出演料がかかります。それは、一回のライブにつき1万円かかることもあります。

バンドマンはライブをするのが好きなので、ライブに対して金に糸目を付けないことがほとんど。そのため、どんどんお金がなくなっていきます。

普段の練習も、サークルに所属していない場合にはスタジオを借りる必要があります。そのスタジオ代でもお金が消えていきます。

そのため、「お金がない」が口癖のバンドマンは多いです。

ついつい高い楽器を買う

お金がないという特徴と矛盾しそうなこの特徴。お金がなくても学生ローンで買ってしまうのが大学生バンドの特徴です。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP