子離れできない母親の10大特徴

 

優しすぎる

子供を立派な大人へと導くためには、時には残酷な決断も必要です。

一方で子離れできない母親は、可哀想という情にすぐに左右されるので、結果的に子供を甘やかしてしまいます。

ですから大人になっても車を買ってあげたり、家に飯台を入れなくてもいいよ、という典型的な行動パターンがよく見られます。

もちろん子供も居心地がいいので母親離れができないようになりますし、両親も家に居続けてくれる子供に対して、子離れできないようになっていくのです。

 

子供が気遣えるケースもある

例えば三人兄弟の場合は、特に長男に依存してしまうケースが高いです。

これは三人全員が家を出ていっている過程での話しですが、長男はしっかり者で両親の心配もしてくれるので、定期的に家に帰ってきてくれたり、電話をくれたりと、親孝行をきちんとする確率が高いです。

その結果、定期的に親孝行をしてくれる長男に依存してしまう確率が高くなってしまうというわけです。

 

いつも親の考えを押し付ける

どんな場合でも、子供が自分の考え通りに動いてくれるようにと自分の意見を押し付けるのは、子離れできない母親の特徴です。

このタイプの母親は、自分の意見を子供に守らせることで、子供をコントロールしたいと思っています。

その意見は決して子供の自主性に配慮したものではなく、あくまでも子供を支配したいという子離れできない母親の願望に過ぎません。

母親もそのことに気づいていない場合がありますが、もし頻繁に子供に自分の意見を押し付けてしまうところがあるなら、自分は子離れできないタイプなのかもしれないと警戒したほうがいいでしょう。

もちろん、アドバイスとして親が子供に意見を言うことは悪いことではありませんが、子供の将来のことを考えず、ただ子供を自分のコントロール下に置いておきたいという動機だけで意見することは、自分が子離れできない母親であることを示していることになります。

 

子供を過小評価しすぎている

子供を過小評価しすぎている母親は、とにかく子供を心配し、何でも子供のすることに口を挟む傾向が強いです。

さらに、あなたにできるわけがないという固定概念により、子供を放っておかずにはいられません。

自分の子供が立派な大人になっていることに気づきもせず、常に自分が子供の力になってあげようと、余計なおせっかいを焼いてしまいます。

 

距離が近すぎる

仲良しな親子であることはいいことですが、子供が大人になれば自立心も出てきますので、過去にしていたことがうっとうしいと感じることもあります。

例えば娘と父親の場合は、昔は仲良く連絡を取り合っていたのが当たり前だったのに対し、娘は大人になるにつれて頼れる恋人もできますし、仕事などで忙しくもなります。

そんな娘の心の成長が実感できていない父親の場合は、いつまでも同じような関係を求めます。

もちろんこれは母親も同じです。

悪気が無いとはゆえ、その行動を止めることができなければ、いつまでも子離れすることはできません。

 

子離れすることは、子供の為にもなります

いかがだったでしょうか。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP