酉年生まれの性格面での特徴10選

干支十二支の10番目となる酉年は、9番目の干支である申(さる)と11番目の干支である戌(いぬ)との喧嘩を仲裁する為に、猿と犬の間である10番目の干支になったと言われています。

さらに酉年の酉は「とりこむ」に通じると言われており、商売などには非常に縁起がいいものとも言われています。

最近ではこのような由来を知らない若者も増えてきているのようですが、あなたはどうでしたか?

今回の記事では、そんな酉年生まれの性格面での特徴について、最もよく言われる10選にまとめてみました。

理想が高い

酉年生まれは理想が高く、仕事においても恋人においても、とにかく理想が高いです。

それだけ自分を高めることが大好きであり、そのためにライバルも理想が高く、相手に全くライバル視されていないこともしばしば。

理想が高いということは決して悪いことではありませんが、時には妥協するということも大事だ、ということを覚えた方がいいでしょう。

 

いろいろなことに慎重である

酉年生まれの人に多い性格の特徴の一つは、慎重であることです。

これは何事においてもそうですが、特に恋愛に関しては慎重になりすぎることが多いと言われています。

自己中心的で理想が高いことでも知られるのが酉年生まれですが、相手が完全に自分に気持ちがあると確信することができなければ、思い切って前に進むことができません。

したがって、こちらから好きだと伝えても、簡単には受け入れようとしないのが酉年生まれです。

 

負けず嫌い

負けず嫌いであり、プライドが高い人も多い酉年生まれは、人に負けないようにと陰で努力することを好みます。

プライドが高いので人前では努力をしていないように見せますが、そのような態度をとることによって、自分がどれだけ優れた人間かを見せたがる傾向が強いです。

周りの評価に敏感になることも多いので、このような行動をとり、周りの評価を少しでも上げようと工夫をします。

 

表裏がある

酉年生まれの人は、性格に表裏があると人が多いと言われています。

表向きはどちらかといえば大人しそうにしている酉年ですが、その内心を見てみると、実は激しい闘争心や妬みの気持ちを燃やしていることが多くあります。

表立っては決してそれを表すことはしませんが、心の中では常にライバルに勝つことを目指しています。

 

ずる賢い一面を持つ

一方で酉年生まれは頭がキレる人が多く、裏表な一面をしっかりと隠し通すことができたり、理想が高いことを隠すのが上手だったりもします。

これを言い換えればずる賢いとも言い換えることができ、計算高いのも特徴の一つです。

社会を上手に生き抜くためには、こうしたずる賢い一面も必要ですが、中には損得勘定にとらわれすぎている人もいて、こういった人は嫌われやすいという特徴がみられますので、要注意が必要です。

 

いつも楽をしたがる

理想は高くても、それを達成するために汗を流すことは嫌う酉年です。

仮に自分を成功させるチャンスが来たとしても、酉年生まれの人はまともにそれに立ち向かおうとはしません。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP