自撮りする人の心理的特徴10選

自撮り棒が大ヒットするなど、自撮りをすることは今ではナルシストとは言いづらい環境となりました。

自撮りをする人が多くなった背景には、周りの目を気にしない人が増えてきているともいえ、日本人もかなりシャイでは無くなってきたといえるでしょう。

そんな自撮りをする人ですが、心理的特徴の数々を見てみれば、面白い心理的欲求が働いていることが分かります。

今回の記事では、そんな自撮りをする人の心理的特徴について、10個にまとめてみました。

見分け方などについても詳しくご紹介していますので、あなたの周りの自撮りする人はどのタイプなのか、などといった見方をすればより楽しむことができます。

スポンサードリンク

いつも自分をチェックしたい

自撮りする人の心理的特徴は、いつも自分をチェックしたがっていることです。

今、自分の容姿はどうなっているのか、前に比べてどのぐらい老けたのか、その移り変わる様子を記録したいと思っているのです。

このようにいつも自分をチェックしたがっている人は、SNSなどにおいても、頻繁に自分の写真を自撮りでアップしています。

いつも自分をチェックしたいというのは、自分を状況を把握しておきたいと言い換えることもできるでしょう。

自分磨きをするには、最適な方法の1つです。

 

周りに認めてほしい

本当は周りに認めてほしいのにもかかわらず、自分の欲求通りに物事が進まないときに、このような心理が強く働くと考えられています。

ハロウィンなどで気合いをいれて仮装をするのもこのタイプであり、自分を周囲にアピールしているのです。

そして反応が良かったら自己満足をし、反応が悪いかったらさらに改良改善に取り組みます。

このタイプは周りに認めてもらうまで、心が満たされることはありません。

 

容姿にコンプレックスがある

自撮りする人は、自分の容姿にコンプレックスを持っている人も多いです。

だからいつも他人の目を気にしているわけですが、自撮りしたがるのは、撮った写真をSNSなどにアップして、そこで「いいね」と評価してもらいたいからです。

そうやって、他人から評価してもらわなければコンプレックスを解消することができないので、必死に何度も自撮りしてしまうのです。

またこのタイプは、必死な本心を隠して、心に余裕があるかのような発言をよくするという特徴も見られます。

 

独占欲や支配欲が強い

独占欲や支配欲が強い人は、とにかく負けず嫌いな人が多いです。

ですから自撮りをSNSにアップして、いいねの数やコメントを増やすことに全力をつくします。

このタイプは周りよりも注目されていることに満足感を得て、自分の凄さを周りにアピールしたがる心理的特徴がみられます。

友達申請を知らない人でも平気でするのが、このタイプです。

友達の数を多くすることで、自分には知り合いが多いというメッセージを周りに発しているのです。

 

目立ちたがり屋

自撮りする人は、目立ちたがり屋の性格でもあります。

こういう人は自分をさらけ出すことに恐怖を感じるどころか、むしろさらけ出すことで目立っていくことを望んでいます。

自撮りした自分の画像をSNSに投稿すれば、それによって多くの人に見てもらうことができるので、目立ちたい気持ちを満足させることができます。

見分け方としては、目立つような写真をよくSNSにアップする人や、自慢投稿をする人が、まさにこのタイプの典型的な特徴と言えます。

 

勘違いしている

勘違いしている人は、自撮りした写真をSNSにアップする際には、似合わない決めポーズをしていることが多いです。

周りからは痛いと思われているにもかかわらず、自分では気づかずに続けるのがこのタイプです。

このタイプは自分大好きなナルシスト人間に多く、平気で痛いと思われる行動や言動をしがちです。

空気が読めないタイプも、このタイプに多い傾向が強いです。

 

明るくて積極的

自撮りする人には、別に目立ちたがり屋ではないけど、明るくて積極的な人も多くいます。

この根底には社交性の高さがありますが、たくさんの人に出会って交流しながら、いろいろなことを学びたいと思っているので、そのために自分を出していくこともいといません。

その自分を出して交流したいという心理が、自撮りすることに現れています。

このタイプは好奇心旺盛で、いろんなことにチャレンジしたい、チャレンジ精神が強い人が多いのも特徴的です。

 

自分大好き人間

まさにナルシストタイプの典型的な特徴と言えます。

このタイプは自分が大好きなので、自分に対して多額の投資をしますが、他人に対してはケチな一面が多々見られます。

ですから自分の洋服や健康にはかなりの金額を費やします。

心理的なことを言えば、自撮りをすることで、常に自分に酔いしれているのです。

とにかく自分が一番と思っている、自分大好き人間とも言い換えることができるでしょう。

 

自分に自信を持っている

自撮りする人は、自分の容姿や能力に自信を持っている人でもあります。

自撮りをしてそれを公に投稿するというのは、普通の人には勇気のいることですが、それが出来てしまうというのは、自分に自信を持っている証拠です。

どこを見られても大丈夫と思っているからこそ、自撮りしてSNSに投稿したりできるのです。

このタイプは自分のすっぴんなども公開できるタイプであり、周りの目をそれほど気にしません。

コンプレックスを持っているのか、自分に自信を持っているのかの見分け方は、アップしている自撮り写真の数々を見れば判別は可能です。

コンプレックスを持っている人は、常に良いアングルや写りがいい写真のみをチョイスする傾向が強いです。

 

無防備な性格

自撮りする人の中には、単に無防備な性格なだけという人もいます。

このタイプはいつもあっけらかんとしており、周囲を警戒することなく、自然体で思いついたことがやれる人たちです。

こういう性格の人は、個人情報とかプライバシーといったことをあまり考えていないので、堂々と自撮りして、それをインターネット上にアップすることもできます。

 

自撮りはほどほどに

心理的特徴の10選をご紹介してきましたが、共感できる心理的特徴はどれくらいありましたか。

おそらく共感できる項目の数だけ、あなたの周りに同じようなタイプがいるという可能性が高いです。

身近にいるからこそ、人はすぐに共感できるのです。

自撮りをSNSにアップするのは決して悪いことではありませんが、度が過ぎれば、いろんな問題が生じてしまうかもしれません。

人には嫉妬心という醜い心理が働くこともありますので、自撮りをアップするのはほどほどにしておきましょう。

また、「リア充アピールする人の心理的特徴10選」もセットで読んでみましょう。

なぜ人はリア充アピールをしてしまうのか?

人間の面白い心理について、もっとたくさんの知識をつけてみましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP