口を隠す人の心理的特徴7つ

人にはそれぞれ癖があり、貧乏揺すりをする人や、爪を噛む人、髪の毛をいじる人など、たくさんの癖をもっています。

そんな癖の中でもよく見られる癖の1つに、口を隠す癖をもっている人が多く、なぜ人は口を隠すのかについては、数多くの心理学者が説を唱えてきました。

今回の記事では、そんな口を隠す人の心理的特徴について、研究結果が出されている信憑性が最も高い心理的特徴について、7つの項目をご紹介しようと思います。

この口を隠すという行動心理を知ることにより、普段は見せない裏の部分が見えてくるはずです。

スポンサードリンク

自分を隠すため

口を隠す人の心理的特徴の一つは、深層心理の中に、自分の正体を知られるのが怖いという思いがあるということが考えられます。

そう思うのは、本当の自分に自信を持っていないか、自分の正体を知られるのが恥ずかしいと思ってる証拠ですが、口を大きく開けて人と話をすれば、その本当の自分がバレてしまうような気がして、ついとっさに口を隠してしまうのです。

このように、会話の途中でいきなり口を隠す人は、本当の自分を知られたくないという思いをもっています。

 

性的な対象・異性として見ている

人によれば、大きなプレッシャーに押しつぶされそうになるときに、口を隠すという行動をとる人もいます。

この行動パターンによく見れる典型的な例が、性的な対象や異性として相手を見ている時です。

好きな人の前で会話をするときは大きなプレッシャーがかかり、そのプレッシャーを和らげようと口を隠す場合があります。

落ち着きのない自分を落ち着かせるために、口を隠して安心感を得ようとしています。

 

よく見られたいと思っている

口を隠す人は、いつも自分のことを相手によく見せたいと思っています。

とにかく表向きだけでもいいので、自分がしっかりした人間であること、あるいは上品な人間であることをアピールしたいと思っているのです。

そうした心理的特徴が、口を隠すという行為に現れています。

ぶりっ子のしぐさの1つとも言い換えることができるでしょう。

 

口臭などのエチケットを気にしている

小学校の時に、よく前歯に海苔がついている友達が、あなたの周りにも1人くらいはいたのではないでしょうか。

人は大人になるにつれて、口臭などのエチケットを気にするようになりますが、食後や前日に匂いのキツイ食べ物を食べていた場合、口臭などのエチケットを気にしている可能性が考えられます。

特に神経質な人ほど他人の気持ちを無駄に気にしますから、このような行動パターンがよく見られます。

 

無意識の防衛本能

口を隠す人に最も多いのは、非常に防衛本能が強いことです。

こういう人は自分をいじらせるのが嫌で、また厄介事を背負い込むのも苦手であり、そうした外圧からいつも自分を守りたいと思っています。

口を隠すという行為は、相手に心を許していないことを示すシグナルとなっており、これを頻繁に行う人はまさに防衛本能が強い証拠です。

逆に防衛本能がそれほど強くない人は、平気で人前で口を開けて話し続けます。

これはまさに対照的といっていいでしょう。

 

嘘つき

口を隠す人の全てがそうではありませんが、人は嘘をつくときに口を隠すという特徴的な行動パターンがよく見られます。

普段からよく嘘をつく人は、その悪い癖を自分でよく自覚しているので、人と会話をした時に表情の変化に気づかれないように、口を隠します。

また人によれば、嘘がばれるかもしれないという恐怖心を和らげることができるので、口を隠す行動に出る人もいます。

見分け方としては、見栄っ張りであったり、よく知ったかぶりをする人が口を隠していた場合は、嘘もしれないと疑いましょう。

また、普段からよく嘘をつく人が口を隠した場合は、高確率で黒という判断をしてもいいくらいです。

 

SOSのサイン

人は環境が変わると、その環境に対応するまでに非常に時間がかかります。

このような場合によく、無意識のうちに口を隠してしまうことがありますが、これは体がSOSのサインを出しているとも考えられます。

環境の変化により非常に強いストレスを感じ、不安感や孤独感といったストレスを和らげるために、口を隠す場合もあります。

もしも環境ががらりと変わり、急に口を隠すしぐさを見せるようになったのであれば、強いストレスを感じている証拠です。

 

口を隠す人は、心を開くのが苦手です

いかがだったでしょうか。

基本的に口を隠す人は、もともと相手に心を開くことを苦手にしています。

本当に打ち解けて人と話せるようになるまで時間がかかり、容易に相手と仲良くなることはありません。

普通の人間関係にしても恋愛にしても、非常に奥手であり、相手から優しく誘われても、簡単に付いていくことは決してありません。

口を隠すという行為は、まさにそうした心理的特徴を備えている証拠です。

相手に簡単に心を許せる人は、口を隠しながら話すということはしません。

口を隠すのは自分の奥を除かれたくないというシグナルであり、これを行う人は心を開くのが苦手が多いといえます。

また、「自撮りする人の心理的特徴10選」もセットで読んでみましょう。

口を隠す人よりも圧倒的に多くなってしまったのが、この自撮りをする人です。

このような行動パターンにはどのような心理的欲求が隠れているのか?

チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

コメント

    • ねここ
    • 2016年 1月 31日

    笑う時に口を隠すのに関しては、日本人女性は伝統もはやDNAでしょう。
    大口を開けて笑うのははしたないとされた昔からの習慣が連綿と受け継がれています。
    日本人が中国人や韓国人と混じった時に見分ける重要な決め手になる習性ですね。

      • tokutyou
      • 2016年 2月 08日

      ねここさん、コメントありがとうございます。
      なるほど。
      海外旅行に行った際に口元に注目してみたいと思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP