戌年生まれの性格面での特徴10選

戌年生まれは干支の順番は11番目ですが、これは9番目の申との犬猿の仲のまま10番目の酉(鳥)が仲裁をしながら神様の御殿に向かったので、11番目になったといわれています。

また、戌は「滅」(めつ:「ほろぶ」)の当て字となっていて、字議に草木が枯れる状態を表しています。

干支の意味を知らない人も多いので、由来を知り、驚いた方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、そんな戌年生まれの性格面での特徴について、最もよく言われる性格面での特徴を10選にまとめてみました。

正義感が強い

戌年に多い性格の特徴の1つは、正義感が強いということです。

どんなに相手が強大であっても、その人が間違っていると思えば戌年の人は立ち向かっていく正義感があります。

また、困っている人を見つけたらそのままにしておくことができず、自分が不利になる状況でもなんとか助けようとします。

そして戌年の人は正義感があるので、弱い者いじめなどには絶対に加担しません。

いつも義に目覚めているので、みんなから愛され信頼される存在となります。

 

防御本能が強い

戌は家を象徴し、実際に家では留守番や番犬として活躍することも多いです。

ですから非常に防御本能が強いと昔から言われており、マナーや社会のルールもしっかりと守ります。

安全第一であり、それほど危険を犯すのは好きではありません。

むしろ危険を回避して、安全な道を選ぶ傾向が強いです。

 

協調性がある

戌年に多い性格の特徴は、協調性があるということです。

自分一人で勝手な行動をとる人は少なく、何を行うにしても周りのことを気遣いながら行うようにします。

集団で行動する際には、自分一人が目立ってしまうことがないように注意して、例え自分にずば抜けた才能があってもそれを封印しようとします。

そして集団の一人として周りと協調しながらどうあるべきか、そのことを最優先に考えます。

この点で、戌年の人は日本人らしい性格を持っているといえるでしょう。

 

真面目で働き者

真面目で働き者が多い戌年生まれは、残業なども比較的嫌いではありません。

一方で真面目で働き者はうつ病などの精神病にかかりやすく、ノイローゼなどになってしまう可能性が非常に高いです。

そういったこともあり、戌年生まれはたまには休んだり、心をリフレッシュさせる必要があるといえるでしょう。

 

思いやりがあって親切

戌年に多い性格の特徴は、誰に対しても思いやりがあって親切にすることです。

差別する心がなく、強い人でも弱い人でも、大人から子供まで、誰に対しても思いやりを示すのが戌年の性格です。

普通の人も人助けは行いますが、戌年の人は特にその気持ちが強くて、例え相手が抱える問題が困難なことに思えても、それに対して親身になって相談を受けたり、手助けをしようとします。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP