辰年生まれの性格面での特徴10選

辰年というかっこいいイメージが強い生まれですが、辰は龍が発端だと言われており、昔の中国では伝説の生き物とまで言われていました。

辰年は干支の中の動物でも空想のであり、非常に魅力的なことからも、中国では出産率が伸び、出産ブームとなるほどの人気ぶりです。

そんな辰年に生まれたあなたの性格面での特徴について、最もよく言われる10選についてご紹介していきます。

名前+イメージで非常にあこがれを持たれる辰年生まれには、どのような性格面での特徴が存在するのでしょうか。

スポンサードリンク

プライドが高い

辰年生まれに多い性格の特徴の1つは、プライドが高いということです。

ささいなことでも人に負けることが大嫌いで、どんな場面でも必ず勝とうとします。

その傾向は人生のあらゆる場面で顔を出し、仕事でも恋愛でも趣味でも、とにかく何事も人に負けたくありません。

プライドが高いので、人に弱みを見せることもなく、何かあったとしても絶対にそれをしゃべりません。

友人に大事なことをしゃべらないケースも目立ちますが、人によっては家族にさえしゃべらない人もいます。

 

流行に敏感

プライドが高く負けず嫌いなので、流行にも敏感であり、お洒落に気を使う人も多いです。

ですからファッションなどは魅力的であり、個性的な人も多いです。

辰というかっこいいイメージな生まれ年だけに、流行などの意識が強くなってしまう傾向にあるとも考えられています。

 

想像力が豊か

空想の動物でもある辰は、人の想像力から作られたことから、想像力が豊かな人が多いとも言います。

ですから想像力が豊かな辰年生まれは、可能性に満ち溢れていて、縁起が良いと中国でも大人気なわけです。

ちなみに2015年6月24日の時点で、中国の大富豪トップ3は、揃って辰年生まれだったということが中国では話題になりました。

 

エネルギッシュ

エネルギッシュで動き回ることが好きな辰年生まれは、その行動力から自分自身に自信を持ち、たくさんのチャンスと巡り合うことも多いです。

人生は一度きりと多くのことに挑戦したりと、好奇心旺盛な一面もあり、出会いもたくさんあります。

しかしながら、辰年生まれは人付き合いがそれほど上手ではありませんので、出会いを活かせないこともしばしば。

 

リーダーシップをとりたがる

辰年生まれに多い性格の特徴には、リーダーシップをとりたがるということも、よく言われる性格の1つです。

自分が取締役として活躍したいと思う人が多く、小さな組織であってもいいからリーダーになりたがる人が、辰年生まれにはたくさんいます。

趣味の世界でもその本領は発揮されており、周囲の人間にとってはささいな遊びでしかなくても、辰年生まれの人にとってはそういう場面でも、リーダーシップを発揮して自分の存在感をアピールするいい機会になります。

 

自己顕示欲が高い

リーダーシップをとりたがる辰年生まれですが、さらに自己顕示欲が高いということも言えます。

辰年生まれは自分の個性をアピールすることが大好きで、それを人に見てもらうことで自分を満足させています。

したがって、いろんな場面をとらえては自分を語り、自分の個性がどれだけ素晴らしいかをプレゼンしてきます。

よって、辰年の人は仕事では営業の分野で活躍する人が多いようです。

 

我が道を行く

辰が一人で貫録を見せて飛んでいるところをイメージさせるように、辰年生まれは我が道を貫く、意志の強さも見られます。

その意志の強さを貫き通せば、驚くほどの成功を収めることも珍しくない辰年生まれだけに、自分の夢を持つことが大事になってきそうです。

自分の夢を持ち、しっかりと行動に移し、さらに続けることが成功へのカギです。

 

マイペースである

マイペースであるということも、よく辰年生まれの性格に言われる特徴の1つです。

人の生活パターンや時間に拘束されるのが大嫌いで、どんなときも自分のペースで生活しようとします。

したがって、仕事についても時間的な拘束が厳しい職場には就職せず、その点で自由度の高い職場に就職しようとします。

あるいは、絶対に人のペースに合わせたくないと考える場合は、自ら起業したりフリーで仕事をする人も多くいます。

 

見栄っ張り

辰年生まれは負けず嫌いなので、負けを認めない為に見栄を張ってしまうことも多いです。

この見栄を張るという行為を繰り返すうちに、強がることが当たり前になったり、虚言癖がついてしまったりすることもありますので、辰年生まれは特に注意しておきたいところです。

 

わがままで怒りっぽい

辰年生まれは、自分中心で物事が進むことを強く望んでおり、それが思い通りにならないとダダをこねたり、怒ったりもします。

友人と遊ぶ場面では自分の行きたいところを優先させますし、恋人との関係でも、自分の思い通りに相手を形作ろうとします。

相手がそれを拒否すると、それに対して妥協するのではなく、むしろダダをこねて希望を押し通そうとします。

 

辰年というだけで、自信が持てるような干支です

いかがだったでしょうか。

辰年生まれは人気になりやすい生まれなだけに、自分に誇りを持てたり、それが自信へと繋がったりすることも少なくありません。

ただ、わがままで怒りっぽかったり、見栄っ張りといった欠点も多くみられるだけに、人付き合いには細心の注意を払う必要がありそうです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP