人のせいにする人の心理的特徴7選

責任感がないと言われる人の特徴といえば、人のせいにすることが特徴の1つに挙げられ、酷い人になれば何でも人のせいにするという人も存在し、こういった人は厄介者として周りから扱われる傾向が非常に強いです。

自分に非がないにもかかわらず、責任転嫁をされてしまった人にとっては、許しがたい行為として心の中で一生根に持つ人もいるでしょう。

今回の記事では、そんな人のせいにする人の心理的特徴について、7選にまとめました。

この1ページを読むことにより、相手の弱さが見えてくるでしょう。

スポンサードリンク

責任逃れ

まず一番分かりやすい心理として、責任逃れをするために人のせいにしてしまう心理が働く場合が多いです。

なぜ人は責任逃れをしてしまうのかといえば、心理的背景には、恐怖心から逃れるためという原因が存在しており、この恐怖心は非常に強いストレスを及ぼすことも分かっています。

人は窮地に陥った時に本性が出るといいますが、例えば絶体絶命の場面で人のせいにしてしまう人というのは、恐怖心に怖気づいてしまったのか、または自分の名誉や地位を守るために人のせいにし、嘘をついてしまうことが多いです。

 

精神的原因

例えばうつ病の人というのは症状が人それぞれだと言われていますが、中には妄想癖が症状として出てしまう場合があります。

妄想癖がついてしまっている人にとっては、自分が勝手に抱いた妄想を信じ込んでしまい、結果的に客観的に見ると人のせいにしている、という風に見なされることがあります。

また、このタイプの人のせいにしてしまう人というのは、相手にとっては見覚えのない恨みを買われているケースも多々あり、被害妄想から嫌がらせに発展する可能性も十分考えれますので、このタイプの人との付き合いはできるだけ慎重に、上手に対処していかなくてはなりません。

先ほどは責任逃れのために、人のせいにしてしまうということをお伝えしましたが、逆に責任感が強すぎて自分自身を責めてしまい、精神的原因の為に人のせいにしてしまうパターンも存在するのです。

 

自己愛型人間

自己愛型人間とは、今の若者に非常に多くなっていると言われており、自己中心的な行動や考え方をする傾向が非常に強いです。

この自己愛型人間というのは、自分を愛しすぎているゆえに、「自分は素晴らしい人間だから悪いはずがない」という都合のいい解釈をしたり、甘やかされて育ってきたことが原因であることもあり、「親のせいで自分はこうなった」と、人のせいにしてしまう傾向にあります。

特に甘やかされて育ってきた人に見られやすいという特徴がありますので、育ってきた環境を知ることにより、心理的原因が見えてきそうです。

 

攻撃的な心理

嫌いな人に対して喧嘩を売るときに、人は問題をあえて起こして揉め事に発展させようとする可能性も考えられ、こういった心理行動を起こさせる原因は過去に存在します。

喧嘩を売るわけですから、過去にそれなりのプライドが傷つけられていたり、我慢している可能性が非常に高く、人は我慢の限界がきた時にこういった行動に出がちです。

また、常に攻撃的な人も稀に見かけますが、こういったタイプの人も人のせいにしてしまうことが多く、頑固で自分の非を認めないといった特徴が見られます。

 

承認欲求の強さ

承認欲求とは、他人に認められたいと思う欲求のことをいい、承認欲求が強い人ほど他人に認められたいわけですから、自分の評価を落としたくないがために人のせいにしてしまうことがあります。

このタイプによく見られる特徴としては、同意ばかり求めてきたり、自分語りばかりで他人の話を聞かない、家族を異常なほど大事にする、などの特徴がみられます。

対処法としては、自分が多少納得していなくても、「認めてあげよう」という大人な対応をすると非常に効果的です。

 

過去のトラウマ

過去のトラウマが原因で人のせいにする可能性も考えられ、例えば過去に同じようなミスをしたことによって、大恥をかいたという人にとっては、もう一度同じような経験をしてしまうのではないか、という恐怖心から自分を守るために、人のせいにしてしまう心理が働きやすいです。

人というのはどうしても自分が一番になってしまいがちであり、自分を守る為の自己防衛本能が備えられていますので、こういった対処をとってしまうのは、無意識のうちの自己防衛であるといってもいいでしょう。

また、トラウマが大きければ大きいほど、恐怖心が大きいということになりますので、人のせいにしやすくなる傾向にあります。

 

マイナス思考が招く

人のせいにしてしまう原因は、マイナス思考が招いてしまうことも多々あり、マイナス思考な人ほど悪い結果を予想し、1人で悩みこんでしまいますから、結果的に恐怖心が強くなった結果、自己防衛のために人のせいにしてしまうことがあります。

このタイプの人の特徴としては、嘘をつくことが多く、ありもしない架空のエピソードを作り、架空の人物のせいにしてしまうことがあります。

プラス思考に考えることによって、どうにかなるだろう、正直になれば許してもらえる、といった考え方をすることができますから、人のせいにしてしまう心理的原因を改善することにも繋がってくるのです。

 

信用されない原因です

いかがだったでしょうか。

人のせいにすることによって、今まで築き上げてきた信用が一気に崩れ、嘘つきとして見られる原因を作ってしまいかねません。

信用というのは築き上げるまでは非常に時間が必要ですが、崩れるのは一瞬です。

ですから間違っても、人のせいにして自分の信用を失うような行動は避けるべきでしょう。

また、「攻撃的な人の心理的特徴7選」もセットで読んでみましょう。

攻撃的な人の心理を知ることにより、なぜ攻撃的な行動に出てしまったのかの原因が、より明確になってくるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP