プレッシャー世代の特徴と優秀の関係性10選

主に1982年~1987年の間に生まれた人のことを、プレッシャー世代といい、月曜から夜更かしで取り上げられ、非常に話題となりました。

ゆとり世代と氷河期世代のちょうど間に当てはまるこの世代には、非常に魅力的だと言われる特徴が存在します。

今回の記事では、そんなプレッシャー世代の特徴と優秀の関係性について、10選にまとめてみました。

この1ページを読むことにより、ゆとり世代や氷河期時代との性格の細かな違いが見えてくるはずです。

自覚がない

プレッシャー世代という言い方をしていますが、実はこの世代に生まれた人の多くが、プレッシャー世代の存在すら知らず、さらにはそれほどプレッシャーを感じて生きていないと自覚する人も多いです。

ですから特徴の1つとして、プレッシャー世代ですが、この世代の人たちは自分達では特別なプレッシャーを別に感じて生きている訳ではない、という特徴が挙げられます。

そもそもこのプレッシャー世代とは、人気ブロガー“sugio”さんが2007年に命名したことがきっかけと言われており、この世代が過ごしてきた時代性が様々なプレッシャーに耐えてきた世代なのではないかと考え命名したのが、この名前の由来だとされています。

 

しっかり者

プレッシャー世代は、少し上の世代の氷河期世代を見てきていますので、非常にしっかり者で計画性に長けている人が多いです。

実際に兄弟の就職難を目にしてきている人も多いので、就職に対しては非常に前向きで真剣であったり、そのために自分がすべきことをしっかりとやり遂げてきたのも、この世代の特徴となります。

 

ぐれる人も多かった

プレッシャー世代といえば、共働きが非常に多くなっていった世代でもあることから、親の愛情を知らずにぐれてしまった人も多くいます。

ですから案外少年の犯罪が多い年でもあり、学校が再び荒れ始めたなどの特徴も見られます。

ヤンキーブームといえば1980年代の学生が有名ですが、この世代は親に愛情を感じることができずに、ぐれてしまった人が多いといった違いがあります。

 

明るい

プレッシャー世代の最大の特徴は、氷河期世代という就職難で暗い世の中からゆとり世代という時代の大きな変わり目に、対応して生きてきた世代であり、様々なプレッシャーがありながらも明るく前向きに生きている人が多い、といった特徴がみられます。

ですからどんな暗いニュースにも負けじと、明るく世の中を生きていこうと少年期から今まで過ごしてきた人が多く、そのため非常に明るい人が多いとされています。

また、他人に依存せずに自力でなんとかするといった力強さがあり、非常に魅力的な力を持っている人が多い世代だとも言われています。

 

キレる子供が多くなってきた世代

プレッシャー世代は、スーパーファミコンやゲームボーイなど、ゲームがとにかく流行り始めた時代であり、部屋に閉じこもってゲームばかりしている子供が多くなったことから、キレる子供が問題視された時代でもあります。

今でもキレる子供が話題となり、糖分の取り過ぎが原因だとも言われていますが、キレる子供の元祖はこの世代であるといえるでしょう。

あなたもプレッシャー世代の人であれば、ゲームに夢中になってキレた経験があるはずです。

 

ゲームが非常に上手

また、スーパーファミコンなどはクリアすることが難しかったこともあり、非常にゲームが上手な世代でもあります。

ゲームオタクには負けるという人も多いでしょうが、平均的にゲームが上手な人が多く、攻略本などを頼らずに自分の力で解決することが主流の時代でした。

このような時代の背景もあり、他人に依存するよりも自力でなんとかする癖がついていったのかもしれません。

 

柔軟性に長ける

プレッシャー世代は、ブルマのようなショートパンツからハーフパンツに変わったり、ゆとり教育に途中から変わったり、携帯電話といったITが主流になり始めた時代で育ってきたことから、柔軟性に長けます。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP