お金を引き寄せる人の特徴や秘訣10選

増税に値上げ、年金の減額など、ますます家計の負担が増えている昨今、お金に困っている人は数多くいることでしょう。

例えお金に困っていなくても、もっとお金があったらいいのにな、と思うのはごく自然な事です。

とはいえ、お金というのは簡単に手に入るものではありません。

ところが、少し考え方や行動を変えてみるだけで、お金を引き寄せることができる方法が存在し、今回の記事では、その方法をいくつかピックアップしてご紹介します。

お金を大切にする

まずは、なんといっても「お金」そのものを大切に扱いましょう。

大切にと言っても、これはお金を使わないで大事に大事にとっておくということではありません。

お金の居場所である財布をつねに整理整頓し、きれいに保つことで、お金にとって居心地の良い場所をつくってあげるのです。

また、お金を使う時は嫌々使うのではなく、喜んで使いましょう。

なぜなら、お金は使うことによって自分自身を豊かにしてくれるものだからです。

 

投資を怠らない

お金を引き寄せるには、「お金に好かれるようにお金を使うこと」が大切ではありますが、投資を怠らないということとは、また意味が違ってきます。

お金を引き寄せる人の中には、お金が入ってくる仕組みを作ってしまう人も存在し、これは不動産王を想像してみると分かりやすいでしょう。

不動産王というのは、一ヶ月寝ている程度では、収入が下がることはまず考えにくいです。

ですからお金を引き寄せるためには、お金が入ってくる仕組みを作ることができれば、たくさんの収入源ができるということですから、自ずとお金は寄ってくるはずです。

 

人脈を広げる

お金を引き寄せるためには、人脈を広げることも効果的であり、これは玉の輿婚をした人を例に挙げると分かりやすいでしょう。

玉の輿婚を狙う人というのは、多くの男性を求めてきたからこそ、玉の輿婚ができたという人は実際に多く、これは人脈を広げるという行動を怠らなかった結果でもあります。

お金を引き寄せるためには、まずお金持ちとたくさん知り合いになるということも、お金の話が舞い込んでくる確率が上がるということですから、お金を引き寄せる人の特徴や秘訣に当てはまるといえるでしょう。

 

人を大事にする

また、お金を引き寄せるためには、人を大事にすることを怠ってはいけません。

なぜなら、人を大事にしない人には、人はついてこないということが分かっているからです。

人を大事にせず、周りから見捨てられてしまうと、他人からいろんないい部分を吸収するチャンスも減りますし、何より好奇心が薄れてきます。

よく都会に上京し、友達がいないからパチンコ屋に行く人などを見ますが、こういった人は、人との接点がないがゆえに、劣等感などを抱くことも少なくなり、好奇心が薄れてしまうのです。

そうなれば結果的に、今の現状で満足してしまい、お金を引き寄せるための自分に変わろうとは思わなくなってしまうのです。

 

ギャンブルはしない

ギャンブルはお金を引き寄せるための手段として使える、という認識は、あまり持たない方がいいでしょう。

確かに一部の人は、ギャンブルがきっかけで大金を手にするでしょうが、ほとんどの人というのは、ギャンブルにてお金を失ってしまいます。

お金を引き寄せるためには、自らお金を失ってしまうような、ハイリスクな勝負をしてしまってはいけません。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP