お金を引き寄せる人の特徴や秘訣10選

増税に値上げ、年金の減額など、ますます家計の負担が増えている昨今、お金に困っている人は数多くいることでしょう。

例えお金に困っていなくても、もっとお金があったらいいのにな、と思うのはごく自然な事です。

とはいえ、お金というのは簡単に手に入るものではありません。

ところが、少し考え方や行動を変えてみるだけで、お金を引き寄せることができる方法が存在し、今回の記事では、その方法をいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサードリンク

お金を大切にする

まずは、なんといっても「お金」そのものを大切に扱いましょう。

大切にと言っても、これはお金を使わないで大事に大事にとっておくということではありません。

お金の居場所である財布をつねに整理整頓し、きれいに保つことで、お金にとって居心地の良い場所をつくってあげるのです。

また、お金を使う時は嫌々使うのではなく、喜んで使いましょう。

なぜなら、お金は使うことによって自分自身を豊かにしてくれるものだからです。

 

投資を怠らない

お金を引き寄せるには、「お金に好かれるようにお金を使うこと」が大切ではありますが、投資を怠らないということとは、また意味が違ってきます。

お金を引き寄せる人の中には、お金が入ってくる仕組みを作ってしまう人も存在し、これは不動産王を想像してみると分かりやすいでしょう。

不動産王というのは、一ヶ月寝ている程度では、収入が下がることはまず考えにくいです。

ですからお金を引き寄せるためには、お金が入ってくる仕組みを作ることができれば、たくさんの収入源ができるということですから、自ずとお金は寄ってくるはずです。

 

人脈を広げる

お金を引き寄せるためには、人脈を広げることも効果的であり、これは玉の輿婚をした人を例に挙げると分かりやすいでしょう。

玉の輿婚を狙う人というのは、多くの男性を求めてきたからこそ、玉の輿婚ができたという人は実際に多く、これは人脈を広げるという行動を怠らなかった結果でもあります。

お金を引き寄せるためには、まずお金持ちとたくさん知り合いになるということも、お金の話が舞い込んでくる確率が上がるということですから、お金を引き寄せる人の特徴や秘訣に当てはまるといえるでしょう。

 

人を大事にする

また、お金を引き寄せるためには、人を大事にすることを怠ってはいけません。

なぜなら、人を大事にしない人には、人はついてこないということが分かっているからです。

人を大事にせず、周りから見捨てられてしまうと、他人からいろんないい部分を吸収するチャンスも減りますし、何より好奇心が薄れてきます。

よく都会に上京し、友達がいないからパチンコ屋に行く人などを見ますが、こういった人は、人との接点がないがゆえに、劣等感などを抱くことも少なくなり、好奇心が薄れてしまうのです。

そうなれば結果的に、今の現状で満足してしまい、お金を引き寄せるための自分に変わろうとは思わなくなってしまうのです。

 

ギャンブルはしない

ギャンブルはお金を引き寄せるための手段として使える、という認識は、あまり持たない方がいいでしょう。

確かに一部の人は、ギャンブルがきっかけで大金を手にするでしょうが、ほとんどの人というのは、ギャンブルにてお金を失ってしまいます。

お金を引き寄せるためには、自らお金を失ってしまうような、ハイリスクな勝負をしてしまってはいけません。

ギャンブルというのは、親元が儲かるからこそ、お店や従業員が成り立つのです。

 

仲間を見つける

類は友を呼ぶといいますが、やはりお金持ちにはお金持ちが集まりやすいです。

ですからあなたも、お金を引き寄せるために今必死に努力している人を見つけ、そして積極的に絡んでいく姿勢を見せましょう。

そうすることによって、様々なお金を引き寄せるためのチャンスや、お金を引き寄せる仲間と知り合える回数も多くなるはずです。

 

損得勘定で物事を決めない

また、仲間を見つけるといっても、もちろん今までの友達も大事にしておかなければなりません。

要は、全てを損得勘定で物事を決めるのはよくないということであり、損得勘定で物事を決める人に、お金は寄ってきません。

全てを損得勘定で物事を決める人というのは、目先の利益を優先してばかりで、長い目で物事を見る力がない人でありますから、お金を引き寄せるチャンスが訪れたとしても、それは一瞬で終わってしまうのです。

 

目標を明確にし、具体的にイメージする

もし、お金がたくさんあったら何をしたいのか、何を買いたいのか目標をしっかりを決めることも大切です。

この時、定める目標は一つか二つ程度に絞りましょう。

「アレもコレもしたい」と欲張りな考えでは、目標がしっかりと定まらずイメージが散漫になってしまいます。

目標が決まったら、その目標を達成した自分の姿を具体的にイメージします。

これを毎日、何度もくり返します。

そうすることで、その目標を達成するためにはどのように行動すれば良いのかが自然と分かってきます。

願うだけではなく、目標を達成するための道筋が見えてくることで、知らず知らずのうちに、お金を引き寄せる体質になっていけるのです。

 

行動を起こす

新しいことに積極的に挑戦していく姿勢も、お金を引き寄せるためには重要です。

そもそも起業で成功を収め、いろいろな仕事の話が舞い込んでくるようになった人というのは、必ず行動を起こすといった共通点がみられます。

また、行動を起こすということは、好奇心旺盛になっていく傾向が高く、いろんなことに興味を持ち、いろんな経験ができることも多くなりますから、結果的にその経験が財産となり、お金を引き寄せる自分へと変わっていくこともあります。

 

「お金がない」を、言い訳にしない

何かをしたいと思った時、「お金がないから」とすぐに諦めてはいけません。

そのやりたいことが、自分自身にとってプラスになるものなら、なんとかやれる方法を考えてみましょう。

最初から無理と決めつけてしまうのは、とてももったいないことです。

もしかしたら、そのやりたいことが将来的にお金を生み出す、もととなってくれるかもしれません。

お金持ちの人には、好奇心旺盛な人や知識が豊富な人が多いといわれます。

 

引き寄せマスターになろう!

いかがだったでしょうか。

どれも簡単なことのように思えますが、実際に実践できている人は意外と少ないものです。

お金を引き寄せる自分へと変わるためには、まずは自分の生活を見直してみるといいでしょう。

お金を引き寄せたいとは心で思っていても、家に引きこもりがちになっていては、やはりお金を引き寄せるチャンスというのは減ってしまいます。

ですからまずは、自分の生活を見直してみて、ダメだと思う分部を認め、少しずつ改善していくところから始めてみるといいでしょう。

また、「騙されやすい人の性格面での特徴10選」もセットで読んでみましょう。

お金を引き寄せたいがゆえに、騙されやすい性格でないのかどうか?あなたの性格をチェックしてみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP