仕事人間の特徴

仕事人間と言われるような人間が、あなたの周りにはいますか?

オフィスで「あの人頼りになる~」「仕事早いなぁ」と感心したり、尊敬したりできる人。

仕事人間は仕事づけになる人も多いのですが、仕事が速いのも特徴のようです。

しかし仕事人間が必ずいいのかと言われると、そうでもありません。

仕事人間にも仕事人間なりのデメリットも存在します。

特徴を上げていきつつ、注意しなければならないデメリットについても触れてみましょう。

スポンサードリンク

デスクが生理整頓されている

仕事人間はものを散らかしたりしません。

どこに何があるかしっかり分かっているから、仕事が早くて効率的です。

整理ベタな人は残業が多くなる傾向があるようなので、是非とも今からでもオフィスの机の上を綺麗にしましょう。

 

仕事にやりがいを感じている人

仕事にやりがいを感じているからこそ、仕事人間になれるのであり、仕事人間になれない人は仕事にやりがいを感じていないことがほとんどです。

やりがいを感じれることは非常にメリットであり、仕事がマンネリ化することも少ないでしょう。

そして何よりやりがいは向上心にもつながりますから、できる人間へと変貌することも可能です。

 

他人の評価を気にしない

仕事人間は、他人の自分に対する評価を気にしている人はいません。

自己スキルが構成されているので、評価より自分で自分を評価できるかどうかという点で見ているのです。

目標設定なども明確に決めているため、上司に叱咤されることも少ない傾向にあります。

仕事人間にさらに追加で仕事を頼んでも、それは信頼されているからだと思い、仕事を前向きに捉える傾向にあります。

 

言い訳や逃げることはしない

言い訳や逃げることはせずに、いつも真剣に問題に向かって立ち向かっていける人。

または、難しい仕事に対してもできるまで諦めずに、常に向上心がある人は仕事人間の特徴の1つです。

しかし、言い訳や逃げることが嫌い=プライドの高さにも繋がっていき、そのプライドが職場の人間関係に悪影響を与えることもあります。

また、逃げないということはめんどくさい仕事を頼まれやすいということにも繋がり、利用されやすい人であるという事も考えられます。

 

責任感が強い

責任感が非常に強く、仕事をサボらない。

または他人が仕事をサボるとイラッとしてしまうのが仕事人間です。

自分が仕事に対して真面目なので、他人にも自分と同等レベルの真面目さを要求してしまいます。

それが原因で周りに愚痴を言ったり、悪口を言ってしまう人は職場で嫌われる人です。

自分が仕事ができるからとか、自分が仕事に対して真面目だからという理由で、自分と相手を比較するのはやめましょう。

 

トラブル対応が早い

また仕事人間はそれだけ仕事ができるので、急なトラブルへの対応もスピーディーです。

仕事が早い人は重要度から仕事を始め、今日やるべき事を全て終わらせます。

トラブルが起こった場合もそれを想定して行っているため、対応策などを出すのが早い傾向にあります。

またトラブル回避のために事前に策を打ってあることもあるので、トラブルがおきにくいという点もあります。

仕事人間=完璧主義ではありませんから、完璧に何かをやり遂げて失敗はないだろうとたかをくくっていることはありません。

ただ、万が一の状態のことも考えているということです。

 

うつ病になりやすいというデメリットも

仕事人間は仕事に真面目なため、100%仕事人間はうつ病になりやすいというデメリットも存在します。

ある程度息抜きや有休を使える人ならいいですが、仕事を休む=会社に迷惑がかかるという思い込みが激しい人は、うつ病に注意しましょう。

また、仕事人間は責任感が強いので、悩み事を一人で抱え込むといったこともよくあることです。

悩みを周りに相談もせずに、責任感のみで一人で抱え込んでしまう人は精神病になりやすい人なのです。

 

仕事中毒にも要注意

仕事中毒とは、仕事は生きていくための1つの方法であるのに対して、私生活の多くを犠牲にしてしまう人のことを言います。

例えば、休日出勤を頼まれると絶対に断らない人や、残業大好き人間など。

日本人は仕事中毒者が多いと言われており、非常にストレスを抱えて日常生活をおくっています。

このストレスが、先ほどご紹介したうつ病などの精神病に繋がり、身体的健康に被害を与えてしまうのです。

 

付き合いが悪い

仕事人間はとても仕事が早く有能ですが、それ以外の点ではあまりよい印象はないかもしれません。

というのも、仕事上の付き合いで飲み会ならば参加せざるを得ませんが、仕事以外での付き合いはあまり積極的にしないのが仕事人間の特徴です。

なのでツレに付き合いが悪いと言われたり、どうせ仕事だとうと誘われなかったりしてしまう傾向にあります。

ある程度の人間関係は付き合いがあってこそなので、仕事人間も仕事をほどほどにする日を作って、友人と飲みに出かけるくらいの余裕を持ったほうが良いでしょう。

一方で仕事を全力でこなすという点や、反省ができることも仕事人間の良いところ。

仕事人間でも失敗はしますし、反省するべきところは反省します。

仕事人間が良いか悪いか?それは個人の好みになるでしょうが、仕事が嫌いだと毎日ぼやきながら出勤するよりはいいですね。

奥様も気持ちよく送り出すことができますし、仕事の話を家庭に持ち帰らない仕事人間は、家族にとってありがたい存在でもあるのです。

また、「ブラック企業の特徴と実態」もセットで読んでみましょう。

仕事人間ほどブラック企業に向いている、なんていう人もいて、仕事人間にならないとやっていけないのがブラック企業の実態です。

そんなブラック企業の実態を知り、あなたの会社はブラックでは無いのかという点をしっかりと確認しておきましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP