スポンサードリンク
影が薄い

影が薄い人の特徴10選

影が薄い人といえば、学生時代に「いたの!?」と周りから驚かれたり、「名前何だっけ…」と名前を忘れられていたりと、周りの何気ない一言で傷ついたり、またはそれが今でもトラウマとして残っていることも多いです。

影が薄い人というのは、しっかりとした共通点や特徴が見られるわけですが、あなた自身どのような共通点や特徴があると思いますか?

今回の記事では、そんな影が薄い人の特徴に関して、10の項目にまとめています。

スポンサードリンク

自分に自信がない

影が薄い人は自分に自信がない人が多く、自分に自信がないのでグループの中心的存在になることもできませんし、何より目立つような言動は嫌われる原因になるかもしれないという恐怖心から、控える傾向がみられます。

逆に自分に自信がある人というのは、自分自身を信じているので、どんなことでも積極的にチャレンジできる勇気がありますし、人より一歩前に行くことができる力があります。

自分に自信をつけることによって、影が薄い人から卒業できる日が近くなるのは言うまでもないでしょう。

 

没頭することがない

没頭することがないことが、なぜ影が薄いことに繋がるのかといえば、没頭することがある人というのはそれを長所や特技として披露することができるので、目立つ事にも繋がるのです。

逆に没頭することがなければ、どれだけ元々の運動神経が良くても、スポーツに没頭している人に勝てずに目立つことができないのです。

また芸能界やスポーツ界などを見ていても分かるように、何かを極めた人にはオーラがあり、また底知れぬ自信があります。

影が薄い存在から抜け出したいのであれば、何かに没頭して結果を出すなり、その特技を周りに披露して目立つなりのことをしてみれば、脱出するきっかけがつかめるはずです。

 

頼りがいがない

影が薄いと言われる人は頼りがいがないと評価されることが多く、頼りがいがある人というのは、困った時にはこの人というイメージを持たれているので、影が薄くなる可能性は少ないと考えることができます。

よくアニメやドラマなどでも、影が薄いキャラの人が実は凄い実力の持ち主で、周りからちやほやされるシーンを目にしたことがあるのではないでしょうか。

これと同じく、頼りがいがある人は他人に存在感を与えることができ、頼りがいがない人は他人に存在感を与えるチャンスすら作ることができないのです。

 

猫背で姿勢が悪い

一流のモデルさんなどを見ても分かりますが、存在感のある人は姿勢が非常によく、どこかオーラさえ感じます。

逆に影が薄いと言われる人は、猫背で姿勢が悪い人が多く、猫背になれば魅力的に見えない原因となってしまうので、当然魅力が下がり、目立たない原因となってしまうというわけです。

また猫背な人は老けて見える人の特徴でもありますから、若々しさがなければ、オーラを感じないのは当然のことなのです。

 

リラックスを感じれない

影が薄い人は自分に自信がないことも関係して、とにかくリラックしている風に他人が感じ取ることができません。

存在感のある人というのは、常に自分に自信を持っているので話すスピードもゆったりしていますし、何より落ち着いている雰囲気を感じ取ることができます。

故に、影が薄い人を卒業したいのであれば、他人が話しかけてきても緊張することなく、ゆったりと自信をもって話すことを心がけてみるといいでしょう。

 

外見が目立たない

影が薄い人というのは、例えば地味な色の服を毎日きていたり、身長が小さかったり、体重が極端に痩せたいたりと、とにかく外見が目立たないといった特徴が見られます。

逆にインパクトのある外見をしている人は、常に周りの人から注目される存在であることも多く、影がある人の特徴でもあるでしょう。

もっと細かな部分を言えば、目力がある人は他人の第一印象に残りやすいですし、個性的なファッションをしている人も印象に残りやすいので、少し外見を意識してみることで、影が薄いと言われる原因を無くすことに繋がります。

 

自分の見せ方を知らない

オーラや雰囲気がある人の特徴の1つに、自分の見せ方を知っているという特徴が見られますが、こういった人は立ち振る舞いや言動など、その時々で変えることができます。

簡単に言い換えると、影がある人は自分の見せ方が上手であり、影が薄い人は自分の見せ方が下手くそなわけです。

分かりやすい例で言えば、SNSでは自分の見せ方が上手い人というのは「いいね」ボタンが集まりやすいですが、自分の見せ方が下手な人は集まりにくいです。

自分の見せ方を勉強するためには、まずは自分の長所や、ここぞという場面を見極める力をつけることが必要となります。

 

トラウマを持っている

例えば過去にいじめにあった人にとっては、グループで群れることにトラウマを持っていたり、同級生とのかかわり方が分からないなどのトラウマを抱えており、自ら積極的に言動することができない原因となっていることも多いです。

何かをきっかけにトラウマを克服できればいいですが、多くの場合チャンスを自ら掴む行動力と、トラウマの原因が分かっていなければ、克服することは難しいと言われています。

もしも過去のトラウマが原因で影が薄い人になっているのであれば、できるだけ早く過去のトラウマを克服することに力を注ぐのがいいでしょう。

 

長所も短所も隠してしまう

存在感やオーラがある人を見てみると、自分の長所も短所も隠さないという特徴が見えてきます。

なぜ長所も短所も隠さないのかといえば、自分に自信を持っていることは当然のこと、影がある人は自分自身のことをしっかりと分かっていて、いい部分も悪い部分も分かっているので、堂々と他人に言うことができるのです。

さらに言えば、社交性があるので長所も短所もさらけ出す方が、他人に嫉妬されたり、完璧な人間ではないということのアピールにも繋がるので、自分自身も楽に生きていけることを知っています。

一方で影が薄い人は、自分の長所短所が分かっていないことや、それを恥ずかしいことだと隠してしまうことも多いので、どうしても目立たない存在になりやすいのです。

 

ユーモアセンスがない

フレンドリーでユーモアセンスがある人というのは人気者の特徴であり、他人との距離感を縮めることが上手な人でもあります。

逆に影が薄い人はユーモアセンスがない、または真面目で冗談すら言うことが苦手である人が多いです。

さらにフレンドリーさにも欠けるので、相手からしても絡みづらい、またはどう接するべきかが分からないという理由から、避けてしまう原因となってしまいます。

影が薄い原因というのは、実は絡みづらい、絡み方が分からないということが原因である可能性も考えられますので、自分自身の他人への振る舞い方や接し方を見直してみるといいでしょう。

 

キャラを決めつけることは無い

いかがだったでしょうか。

影が薄い人の中には、自分はこういったキャラだから…という理由で積極的に輪に入ろうとしなかったり、プライドが邪魔をして影が薄い存在へと自らなってしまっていることもあります。

もしも影が薄いと感じるあなた自身、このような経験をしたことがあるようでしたら、自分のキャラを決めつけることなく、本当の自分をさらけ出してみる勇気を持ってみましょう。

本当の自分をさらけ出すことが一度でも出来れば、あなたの人生はこれ以上にないくらい楽になるはずです。

また、「疎外感を感じる心理的特徴7選」もセットで読んでみましょう。

孤独、一人ぼっちだと自分で思い込んだり、空虚さや虚しさ感じるのであれば、上記の1ページにてあなたの心理状態を確かめてみませんか?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP