残念な人の特徴や共通点10選

世の中にはたくさんの残念な人が存在し、例えばイケメンなのに残念な人や、第一印象以外は残念な人など、あなた自身もいろんなタイプの残念な人を目にしてきたかと思います。

残念な人というのは当然ガッカリされますし、男女関係であれば愛が冷めてしまうことも珍しくありません。

今回の記事では、そんな残念な人の特徴や共通点を10選にまとめ、あなたが共感できる1ページをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

横柄な態度をとる人

よく女性が口にする残念な男性の特徴でもありますが、いくら優しい性格であると思われていても、店員などに横柄な態度をとる姿を目の当たりにすれば、残念な人だとガッカリされてしまうことはよくあることです。

これはもちろん女性も気をつけなければなりませんが、店員に偉そうな態度を見せたり、クレーマーかと思うような文句を付けたりする人に対して、多くの人は残念な人であるという印象を抱きがちです。

もしもあなたも見覚えがあるのであれば、普段から気をつけておかなければ、がっかりされてしまうかもしれません。

 

ケチな人やセコい人

いくらイケメンであろうが美女であろうが、ケチな人やセコい人というのは残念であり、嫌われてしまう原因となってしまうことも多いです。

ケチな人というのは基本的に自分にしかお金を使わない人であり、セコい人というのは犯罪まがいのことを平気でしたり、とても図々しい性格であるというイメージを持たれてしまいます。

またケチな人やセコい人は陰口の対象となることも多く、これが原因で離婚した夫婦も存在するほどです。

 

無表情な人

いくら美人であっても、無表情であれば愛想が悪いというイメージを持たれてしまいますし、何より近づきがたい雰囲気を感じてしまいます。

また無表情な人というのは、ムスっとした顔に自然になってしまうことがあり、そのような表情では怒っていると勘違いされてしまうこともしばしば。

顔のパーツはいいのに残念だな…なんて言われる人によく見られる特徴でもあります。

 

笑顔がブサイク

一方で笑顔を見せれば見せるほど残念だと思われる人もいて、笑顔がブサイクな人の特徴というのは、マヌケに見えたり、歯が汚かったり、口角が下がる、などの特徴が見られます。

実は世の中には笑顔がコンプレックスという人もいて、どうすればいいのか分からないと頭を抱えている人というのは、笑顔を避ける心理が働き、やがて表情が硬くなってしまうケースがよく見られるのです。

もしもあなたの周りに同じような人がいるのであれば、大きなコンプレックスを作ってしまう原因にもなりかねませんので、本音を口にしない方がいいのではないでしょうか。

 

姿勢や歩き方が悪い

いくら美女やイケメンであっても、姿勢が悪くて猫背で歩いていたり、ガリ股や内股歩きが癖づいてしまっている人も、残念な人の特徴の1つです。

姿勢が悪いと老けて見えますし、内股歩きは下半身デブの原因ともなります。

そう考えると、残念な人でもありますし、自分の容姿を残念にしてしまう原因にもなるといえるでしょう。

 

ギャンブル依存症

自分にとってはどれだけ完璧だと思える人であっても、ギャンブルが止められないという現実を知れば、大きなイメージダウンへと繋がってしまいます。

これは特に女性が抱く残念な人の特徴といえ、ギャンブルというのは自分の身を滅ぼしてしまい、人生を狂わせてしまうこともあります。

特に男性はギャンブルが好きですが、モテたいのであればギャンブルには手を染めない方がいいといえるのかもしれません。

 

ネガティブ思考な人

ネガティブ思考な人はモテないとよく言われますが、これはがっかりされてしまうからモテないと言い換えることもできます。

例えば男性であれば、ネガティブ思考な人は自分に自信がないので、常に謝ったり、異常なほどの気遣い、デートプランを決めることができない、などの特徴が見られます。

もちろん女性であっても、ネガティブ思考であれば男性に嫌がられてしまうことも多いだけに、何かをきっかけに自分に自信が持てるようになると、自然とポジティブ思考な考えになってきます。

 

自分がない人

自分がない人というのは個性が無く、他人の意見に避難することも無く、とにかく嫌われないように生きているといった特徴が見られます。

なぜ自分がない人が残念な人なのかといえば、自分がない人というのはYESマンであるので、一見居心地が良いようにも思われますが、一緒にいる時間が長ければ長いほど、頼りなさを覚えることが多くなるので、頼りない人=残念であるというイメージを持たれてしまうわけです。

一方で自分がない人は、何でも無難にこなすので会社などでは信頼されやすいというメリットなども存在します。

 

口が悪い

言葉使いが乱暴であったり、無神経であったり、自分が偉いと思っている人が口が悪い人に当てはまる特徴でありますが、言葉というのは人を簡単に傷つけます。

ですからどれだけ人に好かれやすい性格であっても、口が悪いことがきっかけで相手を傷つけてしまい、自ら大事な友達を失ってしまう原因を作ってしまいかねません。

口は災いの元といいますが、言葉1つで自分のイメージが大きく変わるということを覚えておいて損はないでしょう。

 

食べ方が汚い人

食べ方が汚い人=品がないということになりますから、当然残念な人であると思われてしまう可能性が上がってしまうわけです。

また食事中にくちゃくちゃと音を鳴らして食べたり、口の中の物を見せたりすると、相手の食欲や気分を損ねてしまいかねません。

こういった細かな部分を見て、人々は他人を評価するのであり、逆を言えばイメージを大きく変えることができる瞬間であるとも言えるでしょう。

 

完璧な人は存在しない

いかがだったでしょうか。

残念な人の特徴や共通点10選をお伝えしていきましたが、世の中にはどれだけの美女やイケメンであっても、完璧な人などは存在しません。

あなた自身もダメな部分があるように、他人にも必ずダメな部分はあるわけです。

ですから人付き合いでは、粗探しをして自分が求めるばかりをするのではなく、いい部分を見る習慣をつけましょう。

粗探しが好きな人というのは批判が好きな人であり、決して好かれるような性格ではないので、気をつけたいものです。

また、「頑張ってる人が好きになる心理的特徴7選」もセットで読んでみましょう。

残念とは対照的に頑張っている人は魅力的に見えるものですが、そんな心理的理由をご存知でしょうか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP