ベトナム人の性格の特徴10選

カカア天下や美しい女性が多いで有名なベトナムですが、ビジネス関係や男女関係をきっかけに、ベトナム人の性格の特徴を知りたいという人も多いでしょう。

ここでは、ベトナムに2年間仕事で滞在していた日本人がお伝えする、ベトナム人の性格の特徴について10選にまとめています。

ベトナムといっても南北で性格の特徴は大きく異なりますから、そういった細かな部分もしっかりとお伝えしていきますので、出身地域によって付き合い方を変えるといいでしょう。

スポンサードリンク

真面目で勤勉

ベトナム人の性格の特徴の1つは、日本人のように勤勉で真面目であるということです。

仕事を与えられると、途中で投げ出すようなことはせず、最後まで完璧に仕上げようとします。

能力は個々に違いはあっても、その精神においてはみんなが真面目で、一生懸命に働こうとします。

この勤勉さはどこから来るのかといえば、自分の人生を大切にしたいという思い、あるいは家族を大切にしたいという思いから来ていることが多いです。

自分の人生を大切にし、家族を守るためには、一生懸命に働かなければならないと考えるのでしょう。

 

プライドが高い

ベトナムは階級社会であるために、特に階級が高い人はプライドが高く、低所得者と比べられることに怒りを表すことがあります。

よく日本人が犯しやすい間違いとして、美女やイケメンに対して「恋人なの?」という質問をしてしまい、怒らせてしまうといったケースがよく見られます。

階級社会であると同時に、プライドが高い人が多いベトナム人だけに、冗談でも階級が違う人と比べたり、恋人にどう?なんてことは言わないように気をつけなければいけません。

 

忍耐力があって我慢強い

どんなことにも耐え抜く力があり、忍耐強いというのもベトナム人の性格の特徴であります。

少々のことがあっても心が折れることはなく、強固な忍耐力を何事も我慢します。

ベトナムは歴史的にいろいろな政変や災害などがありましたが、それでもベトナム人は決して倒れることがなく、何度でも国を再建して蘇ってきました。

こうした再建力の根底にあったのは、ベトナム人特有の忍耐力や我慢強さだったでしょう。

 

おしゃべり好き

日本に比べるとベトナム人はおしゃべり好きな人が多く、これはスピード社会で常に忙しい日本人と、比較的ゆったりとしているベトナムとの違いがはっきりと出ています。

ですから男性でも、たくさんのお喋りをして休日を潰すという選択をする人も多く、これは日本のように身近にギャンブル場(パチスロなど)がないからというのも、理由の1つといえるでしょう。

ですから現地に行くと、おしゃべり好き=非常にフレンドリーに感じることも多いかと思います。

 

協調性がある

ベトナム人の性格の中には、日本人のように周りと協調する心もあります。

一人でやれることは一人で行いますが、何人かで力を合わせてやらなければならない仕事については、率先して協調性を示し、高いチームワークを発揮して事に当たります。

こうしたベトナム人の協調性の高さは、国際政治、文化、スポーツなどにおいても顕著に見らます。

ベトナム人は周囲を気遣う優しさもあるので、そのことも協調性を示すことに繋がっているでしょう。

 

向上心が強い

向上心が強い人がベトナム人は多く、そのため勤勉で真面目な人が多いということにも繋がってきます。

階級社会であるベトナムでは、上下関係に対する意識が非常に強く、言ってしまえば権力がある人が偉いといった感じの考え方が普通です。

ですから多くのベトナム人は、少しでも地位の高い立場になろうと必死に頑張り、そしてそのための計画性もしっかりと持っている人が多いです。

どうせ同じ人生であれば、少しでも階級の高い人生で終わりたいと思うのが、ベトナム人の性格の特徴といえるでしょう。

 

オープンな性格

ベトナム人の性格の特徴には、熱帯特有のオープンさもあります。

閉鎖的に交流を拒否するのではなく、来る者は拒まずの態度で、どんな人でも自分のところに来た人は快く迎え入れます。

このことは観光客に対する態度にもよく現れていて、ベトナム人は外国人旅行客に道を尋ねられても、快く説明をしてくれます。

またおしゃべりでもあるので、一度話しかけたら、向こうから積極的に話をしてくれます。

 

器用な人が多い

ベトナム人は非常に器用な人が多く、これには歴史が関係しています。

ベトナムは手工業が発展してきたので、器用な仕事に就く人が多く、その関係から器用な人が多くなったと考えられています。

さらに柔軟な考え方もできるベトナム人は、この器用さを私生活のいたる部分に活用したりもします。

細かな作業でも嫌がらずに、きちんと仕上げることができるベトナム人が勤勉だと言われる理由が、ここにもありそうです。

 

楽観的で前向き

これも熱帯特有の性格かもしれませんが、ベトナム人はとても前向きで楽観的な性格をしています。

何か深刻な事態が起こっても、それに対して真剣に考えますが、でもネガティブに考えることはありません。

何とかしなければと思うよりは、何とかなるだろうと考えることが多いので、ベトナム人は何があってもじたばたすることはありません。

ベトナム人の困難に対する打たれ強さは、こうした前向きな性格から来ていると言われています。

 

北部と南部で性格は異なる

日本でも同じですが、北海道と沖縄では性格が異なり、気候や歴史の違いによって性格は異なります。

ベトナムの場合ですと、北部の人の性格の特徴は以下の通りです。

  1. 真面目で勤勉
  2. 計画性がある
  3. 向上心が高い
  4. リーダーシップがある
  5. 少し警戒心は高め

また、南部の人の性格の特徴は以下の通りとなっています。

  1. マイペース
  2. 楽観的
  3. フレンドリー
  4. 親切
  5. 少しルーズ

以上のように、南部と北部では性格の違いが見られますので、行く地域によって人付き合いの仕方を変えると、仕事においても生活においても、上手く人付き合いをしていける確率が上がるでしょう。

 

こんな部分には注意です

いかがだったでしょうか。

最後に、ベトナムに行った際に注意すべき点をお伝えしておきます。

日本人は身なりがしっかりとしていることもあってか、ベトナムではお金持ちに思われがちです。

さらにベトナム人は目先の利益を優先する(特に下級の人は)人が多いので、市場などでのぼったくりに注意しましょう。

市場では値段交渉もできますが、異常に値段が高い場合は交渉をせずに、違うお店に足を運ぶのがいいでしょう。

また、「中国人の性格の特徴10選」もセットで読んでみましょう。

中国と隣接しているベトナムですが、隣の国の性格の違いに驚く人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP