スポンサードリンク
歌 上手い

歌が上手い人の特徴10選~上手くなる方法教えます!

歌が上手い人と下手な人を比べてみると、違いや特徴が明確に見えてくるものであり、歌が下手くそな人であっても、コツや練習を重ねれば徐々に上手になっていくものです。

もちろん、プロのアーティストのようにうまく歌えるのかといえば、それはかなりの練習量が必要でしょうが、しっかりとポイントや上手い人の特徴を頭に入れておくことで、今より断然歌が上手い人へと変わることができるはずです。

今回の記事では、そんな歌が上手い人の特徴10選~上手くなる方法教えます!に関して、コツやポイントをしっかりと押さえながら、話を進めていきます。

スポンサードリンク

音感がある

音感とは簡単に言い換えると、音程が合う人であり、音痴と言われる人は音感がない人であります。

音感を高めるためには、まず曲の音程をきちんととらえる必要があり、そのためには何度も何度も1つの曲を繰り返し聞いて、その曲の1つ1つの音程をしっかりと合わせる必要があります。

もちろん声が高くて出ないという人もいますが、1つ1つの音感をとらえることによって、音痴を卒業できますので、自分の今の声量と合う曲を選ぶことで、歌が上手い人の特徴にグッと近づくことができるはずです。

 

リズム感がある

リズム感がある人の特徴や共通点を見てみると、リズム感がある人は体にリズムをしみこませていたり、頭の中でリズム感をイメージできているといった特徴が見えてきます。

音感があるからといって、リズム感があるとは限らないので、音感があるにも関わらずどこか足りない人の場合、こちらに当てはまっているかもしれません。

リズム感を鍛えるには、曲とともに体を動かしてみることが効果的であり、曲のリズムに合わせて体を揺らしてみたり、腕を動かしてみたりすると、リズム感がついてきます。

家で一人でいる時や、カラオケで高得点を出したいときには、とにかく体を動かしながら歌ってみるといいでしょう。

 

声量が大きい

オペラ歌手などを聞いていても、声量の大きさに驚かされることが多いですが、声量を上げることでサビなどの大きく歌う分部で迫力が出ますし、表現力アップにもつながります。

声量を上達させる方法は、腹式呼吸をすることが重要であり、腹式呼吸をする方法は文字では伝わりにくいので、動画を見てもらうとより分かりやすいでしょう。

以下に動画を貼っておくので、声量を上げたい人は是非参考にしてみてください。

 

感情表現が豊か

ただ歌が上手いだけの人と、感動させる歌唱力を持っている人がいますが、この2つの人の違いは、感情表現の豊かさにあります。

感情表現を豊かにする方法はそれほど難しいことではなく、例えば小さな声で歌っているフレーズは、真似をして小さな声で歌ってみる。

サビで大きな声で歌っているのであれば、大きな声で歌ってみましょう。

イメージをより明確にするために、まずは1つの曲のメリハリ具合をマスターしてみるといいでしょう。

また、メリハリをつけるためには吸う息も非常に大事になってきますので、息継ぎをしている部分もマスターすることができれば、より歌が上手い人の特徴に近づけるはずです。

 

歌唱力が高い

当たり前ではありますが、歌唱力が高い人は歌が上手い人の典型的特徴であり、ただ歌唱力が高いだけではなく、歌唱力を高める練習をしているといった特徴も見られます。

この歌唱力を高めるには、喉が重要であり、舌とのどに余計な力を入れずに、リラックスして自然な状態にすることが重要です。

また最近では歌唱力を高めるための動画なども紹介されているので、そちらを参考にしてみると、よりイメージをつかみやすくなるはずです。

こちらも以下に動画を貼っておくので、喉の開き方を知りたい人は是非参考にしてみてください。

 

歌を楽しんでいる

楽しく歌を歌っている人と、自信なさげに歌を歌っている人、あなたがイメージする歌が上手い人はどちらの特徴に当てはまっているでしょうか。

そもそも歌が上手い人は、歌を歌うことが好きであることが多いですし、何より自分が歌う姿に自信を持っているので、楽しんで歌うことができます。

一方で歌に自信がない人は、歌うことに恥ずかしさを覚えていたり、自信がないので声が小さくなってしまうなどの現状が見られますので、歌が上手くなりたいのであれば、歌を好きになることと、楽しんで歌うことを意識してみるといいでしょう。

 

音域が高い

音域が高いアーティストが歌が上手いと言われるのと同じように、音域が高い人ほど難易度が高い曲を歌えますので、当然周りからすると歌が上手いと評判になりやすいです。

この音域を高めるためには、まず音楽を聴いている時に、自分が同じような声を出しているイメージをしっかりと作ることが大事であり、イメージができていなければ、いきなり高い声を出すことは難しいです。

一度叫んでみて、その時に高いキーの音が出ていたのであれば、その感覚を覚えておくのも非常に効果的です。

また低い声の場合は、あくびをするときのようなイメージで声を出してみると、低い声が出やすいです。

やる気のない声で一度、あ~ぁ~とため息をつくような声を出してみると、自然と低い声が出ているはずです。

 

リラックスしている

リラックスして歌うことで、得られるメリットは以下の4つです。

  1. 喉を傷めない
  2. 柔軟性のある声になる
  3. 喉を開けることができる
  4. 腹式呼吸を利用できる

上記の4つのメリットが得られ、上記の4つはどれも歌が上手い人の特徴に当てはまります。

プロのアーティストで例を挙げてみると、EXILEのATSUSHIさんや、森山直太朗さんなどは、非常にリラックスして歌っているように見えますよね。

歌う時には上手く歌おうと思い込むのではなく、先ほどお伝えした楽しんで歌うことでも、肩の力が抜けるので非常に効果的であるといえます。

 

精密採点で高得点が出る

カラオケで高得点を出す中でも、精密採点で高得点を出すことは至難の業であり、歌が上手い人は基本的に80点代後半~90点代を平気で出すことができます。

カラオケで高得点を出すためには、普段歌っている時とは違う分部に意識する必要があり、音程、表現力、ビブラート&ロングトーン、安定性、リズム、裏加点などを意識する必要がありますが、まずはこれら1つ1つのスキルを上げることを心がけた方がいいでしょう。

しっかりと1つ1つのスキルを上げたうえで採点に臨むと、驚くほど点数が上がっていることは珍しいことではないのです。

 

自分にしかない何かがある

自分にしかない何かとは、例えばかすれ声で独特な味が出たり、気持ちを高ぶらせることに長けているなど、自分にしかない何かがその人独特の良さを引き出し、人を魅了するアーティストもいます。

例えばJUJUさんの場合、非常に個性的な歌い方をしますが、彼女はこれが武器であることをアメリカで知って、自分の個性を引き出すことを常に頭に入れていたそうです。

このように、自分の強みと弱みを知り、強みを伸ばすことで個性的な魅力が生み出される場合もあるのです。

 

継続は力なり

いかがだったでしょうか。

歌が上手い人というのは、結局のところ何かしら努力を続けていたり、陰で常に努力を怠らない人であったりもします。

当然、元々歌が上手い人もいるでしょうが、人並み外れた歌唱力を身に付けるためには、やはり努力を怠らないということが大事となってきます。

もしもあなたが歌が今以上にうまくなりたいのでしたら、一日10分でもいいので、上手くなるために努力を続けることです。

継続は力なりという言葉があるように、少しの時間でも続けていけば、やがて大きな力となり、いつの間にか歌が上手い人であると認められる日も遠くはないでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP