ドSな人の特徴と見分け方

ドSな人というと、皆さんはどのようなイメージをするでしょうか。

近年ドSの定義が少し変わってきており、もしかするとあなたが思っているドSのイメージは古いイメージなのかもしれません。

今回はそんなドSな人の特徴と見分け方に関して、詳しくご説明していこうと思います。

 

ドSな人の特徴

自分がターゲットの異性がドSかどうかということをまず知っておくことは、あまり重要ではありません。

しかしSとMによって、好感度や付き合いやすさは変わってきます。

ドSな人の特徴は何と言っても、精神的に痛めつけることが至福の時である、と感じることです。

よく学校や職場などでも、相手が痛いことを望んでいるのであれば、その要求に応えてやろう!と行動に移す人がいますが、こうした人はドSである確率が高いと言えるでしょう。

「ドSな人は、基本的に相手が痛めつけられたいという要求があるのに対して、それを簡単に受け入れることができる人である」という特徴が見られます。

ただ相手が嫌がることばかりをすることがドSなのではなく、相手の要求に応えれる人がドSであるため、ただ痛いことをする人は無神経な人であると覚えておくといいでしょう。

また、ドSであるかどうかを簡単に見分ける方法があるので、次でそれをまとめていきす。

 

見分け方としては

ドSな人は自分の主張をしっかり持っている、言いたいことをはっきり言う、主導権を握りたがる、他人に服従せず、弱い人でもいい人なら好意が上がるという特徴があります。

分かりやすいのは、手のひらを出して、そこに手のひらを置いてみて、と確かめるのが一番です。

手のひらを乗せて、ぐいっとひっぱると手をぱっと離すとSですね。

そのまま身をゆだねてひっぱられるのはMな人です。

また、叱られても謝らずに言い返したりする強気なキャラもドSであると周りから評価されがちです。(中身を開けると、ただの無神経である可能性もあります。)

これらの特徴を自分に当てはめて考えてみると、とりあえずSかMかの見分けはつくでしょう。

 

性的興奮が大きく関係する

脚フェチや匂いフェチなど様々なフェチが存在しますが、これらはその場面に遭遇すると性的興奮を覚え、テンションが上がったりすることを言います。

例えば、普段はそれほどSっ気がない人であっても、営みが始まるとドSになる人の場合、首を絞めたり相手が嫌がる顔を見ることで性的興奮を覚え、そこで欲求を満たしていると考えられます。

下着泥棒が良い例であり、あれは下着を手に入れたり触ったりすることで、相手の体を触ったかのような気持ちに浸り、性的興奮や快感を覚えているのです。

他にも、集団となるとSになりやすいことがわかっており、集団でいじめや暴走行為をしてしまうのが良い例でしょう。

もしも相手を縛ったり、痛めつける等の行為で非常に興奮するのであれば、幼児期の性的な体験やたまたま性的興奮を覚えた時に、そうした行動が結びついた可能性が考えられます。

こちらについてはドMな人の特徴にて詳しく説明しているので、そちらで確認してもらえるとより理解できるかと思います。(URLはページ一番下にあります。)

 

ドSは奉仕する側である

多くの人が勘違いしているのは、「ドSはいじめる側である」という認識であり、これはあながち間違ってはいません。

しかしドSな人の営みを考えてみると、ドSな人はドMな人の要求に応える側であり、奉仕する側なのです。

例えば、ドMな人がムチで縛られたいとか、首を絞められたい、言葉攻めでいじめられたいという要求があるとすれば、その要求に応えて奉仕する側こそがドSなのです。

ページ:

1

2 3

コメント

    • だだ
    • 2016年 9月 19日

    まずSMって異常性癖だから、性的快感を得ないとSじゃないと思うよ
    それってただの加虐性向じゃないの?性格悪いだけ

    • 川尻
    • 2017年 5月 17日

    どっちも難しいですね。\(^_^)/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP