グレッチギターの特徴

ギターを購入する際に、特に初心者の方はギターの細かな違いに、購入の際に頭を悩ませるかと思います。

注目されがちなエレキギターでいえば、日本ではB’zの松本さんや布袋さんなどが有名ですね。

今回はそんなギターの中でも、グレッチギターについて特徴をご紹介したいと思います。

物によっては値段が10万円を軽く超えるグレッチギターなので、購入する前に特徴を知り、納得の上で購入することが大事ですよ。

スポンサードリンク

グレッチギターはルックスが良い

エレキギターと言えば何を思い浮かべますか?

グレッチギターだ!という人は、ルックス重視かもしれませんね。

しかし多くのエレキギターはスタイルがよくて、なかなか選べないものですが、グレッチギターはグレッチギターの良さというものがあります。

特徴としてグレッチギターはスタイルの良さが注目されていますが、実は音色も良いんですよ。

インパクトのあるオシャレなデザインのギターですから、スタイルばかりを取り上げられることがありますが、その音色にも迫ってみると面白いでしょう。

 

ブライアン・セッツァーのギターを聴いてみよう

グレッチギターと言えばブライアン・セッツァーと言われるほど、彼はこのギターを弾きこなすことができます。

タンジェリンカラーのナッシュビルは世界一有名なギターの1本と呼ばれるほどなんですよ。

このグレッチギターのサウンドはクリアなトーンが特徴です。

リヴァーブのかかったクリーンなサウンドは他のギターでなかなか真似することは難しいとされています。

グレッチギターのサウンドを知りたい人は、事前にライヴ映像などを見てみると良いでしょう。

 

ギターもそうだけどアンプも選ぼう

基本的にギターを購入するとアンプが必要になります。

エレキギターの場合特にそうで、アンプがなければ音はほとんどなりません。

ですから、アンプ選びも慎重に行いたいものです。

高性能なエフェクターが登場するようになったので、自分のアンプをもたずにスタジオのアンプで済ませる…という人も多いようです。

しかしこれはグレッチギターには通用しないのです。

何故ならグレッチギターには相性の良いアンプというものがあるからです。

アンプというのは主にエレキギターの音を出すための機器と言えます。

それがなければギターの音は出ません。

 

フェンダーが良い

クリーンなトーンとナチュラルリヴァーヴを再現するためにはフェンダー系のチューブアンプが必要になります。

一時期、エレキギターには改革がおき、グレッチギターは倒産の危機に陥ったのですが、そのスタイルが見直され、今でも人気の一品となっています。

その中にこのグレッチギターのサウンドも含まれています。

弾き手によって色々な音を返すグレッチギターは、上手いヘタがすぐに分かるギターです。

そのため、上手い人の場合、本当にギターと一体化して見えるようですよ。

グレッチギターを愛用しているロックバンドもありますから、エレキギターを探している人は一度グレッチギターもチェックしてみましょう。

 

グレッチギターにはメンテが必要

グレッチギターの全盛期は1950年代と歴史があり、中古で購入するのであれば年代物である可能性もあります。

もちろんギターは新品であっても時にはメンテが必要ですし、何より大事に扱ってあげましょう。

ギターは扱う人によっては何十年も活躍し、味が出るギターにさえできますので、グレッチギターを購入した際にはぜひ大事に扱ってあげてください。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP