卑下する人の心理と本当の狙い5選

卑下する人が世の中にはいますが、なぜ自分の価値をそれほど下げてまで、自分はできない人であるということをアピールするのでしょうか。

この原因を探すには、心理を追求していくことが最も近道であり、卑下する人の心理を知ることによって、本当の狙いという部分が見えてくるはずです。

卑下することにどのようなメリットがあるのかという部分にも注目しつつ、話を進めていくことにしましょう。

スポンサードリンク

卑下する人の心理

イメージコントロール

自分のことを必要以上に自己卑下する人というのは、相手をイメージコントロールするために、あえてできない自分をアピールしている可能性が考えられます。

なぜこのようなことをするのかと言えば、自分を必要以上に自己卑下することは、相手に優越感を与えることとなるために、結果的に好かれる自分へと繋がることがあるためです。

例えば、できる自分をアピールしていれば、期待を裏切ってしまった時に、相手に与えるダメージというのは大きいものですが、最初からできないアピールをしていれば、相手に与えるダメージは大きくありませんし、相手に優越感を与えることは、特に競争心が強い男性にとっては、すごく居心地が良いことにも繋がりかねません。

このように、卑下することでイメージコントロールすることを、心理学の世界では「自己卑下的自己呈示」と呼びます。

このタイプに多いのは、相手に合わせた見せたい自分を表現することが非常に上手な人であります。

故にこのタイプの人は、「どんなキャラを演じれば好かれやすいのか?」ということを初対面で考えたり、「今後どう思われれば、付き合いをしていきやすいのか?」ということを考え、相手に合わせることに優れている能力を身につけている人も多いと考えることができます。

 

楽な環境で生きたい

また、イメージコントロールすることによるメリットはもう1つ考えられ、それは自分にとって楽な環境で生活ができるようになるということです。

人は誰でも「自分はこのような人間である」という自己概念を持っており、この自己概念を他人から認めてもらいたいという欲求を持っています。

例えば、自分は少しヤンチャでワイルドな男だと思う人は、他人からも同じようにヤンチャでワイルドな人であるということを、認めて欲しいという欲求を持っています。

自尊感情が低い人の場合、「自分はできない人間だとか、自分はダメ人間である」といった自己概念を持ちやすいために、相手にも同じようにダメ人間であるということを認めてもらいたいという欲求を持っています。

こんなことをすれば、バカにされて見下されるだけだと思う人もいるかもしれませんが、案外これが本人にとって楽な方向へと転ぶことがあり、それは周囲がダメ人間だと認めてしまっている環境ができた時です。

そうなってしまえば、だらしない生活を送っていたとしても、周囲は「あいつはあんな人間だから…」と否定的な言葉を言わなくなっていき、ダメな自分だから誰かが助けてくれるという環境へと変わっていきやすくなってしまいます。

ヒモ男やヒモ女と言われる人がいますが、まさに強いヒモとなる人は、こうして卑下することによって、自分にとって楽な環境を作り出していることも珍しくありません。

 

劣等感が強い

劣等感が強い人というのは、自分に自信がない人に共通することでありますが、それに加えて自己評価が低すぎる人は、常に自信喪失状態にある可能性も考えられます。

このタイプは、マイナス思考でいつでも自分に自信がなく、新しいことにチャレンジすることを恐れたり、今の自分を変えようと心がけないために、常に自分の評価が低いという特徴が見られます。

何より厄介なのか、今の状況を改善したいという気持ちが非常に弱いために、一年中卑下するような言葉を言い続けていることであります。

劣等感が強いということは、当然うつ病などの精神病にかかってしまう可能性が高い人でありますし、今あるものが見えていない状態であるので、他人の優れた部分ばかりを目にしてしまいがちです。

このような、自己評価が低いことが安定しているタイプは、自分を褒めることも難しく、さらには他人の優れた部分は見えるが、周囲の評価に影響されることが少ないために、自己評価が高い自分を諦めてしまっているので、卑下することが当たり前のような状況になってしまっているのです。

ここから抜け出すには、やはりしっかりとした自信をつける必要があります。

 

安心感を得たい

卑下することが安心感に繋がるとは一見考えにくいですが、できないアピールをすることは、最終的に安心感に繋がることがあります。

例えば、本当はそこそこできる自分と評価していても、相手にそれを認めて欲しいと思っている場合、あえて卑下するような発言をすることによって、相手からの「そんなことないよ」という否定的な言葉を期待している心理が考えられます。

あなたの過去を思い出してみても、同じように否定して欲しいがために、卑下してしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。

これは結局のところ、「そんなことないよ」とできない自分を否定してもらうことによって、安心感を得たいという心理に繋がり、そしてそれがモチベーションへと繋がることも多いです。

もしもいきなり過剰に卑下するような発言が見られた時には、「そんなことないよ」と優しい一言をかけてあげると、相手はホッとした気持ちになるはずです。

 

予防線

自分はそれほど自信がないことに対して、周りが過剰に期待を寄せていた時に、自己卑下することは、予防線となることもあります。

例えば、友人Aが「こいつは凄く異性にモテるんだ!」と発言したとしても、当の本人はそれほど恋愛には自信がなかったり、経験が少なかったりする場合に、期待を必要以上に膨らませないことによって、がっかりされることを事前に防ごうとする心理が働きます。

このような例の場合、周りが勝手に期待を高めてしまったので、こうすることが最善の対処法であると考えることは普通でありますし、変に期待されてがっかりされては、結果的に損するのは自分です。

また、もう1つの可能性も考えられ、事前に自己卑下しておくことによって、ギャップ効果を狙うという狙いです。

例えば、本当はサッカーが非常に上手いにもかかわらず、事前にあまり得意じゃないと発言しておくことによって、のちにギャップ効果を生み出し、評価がうなぎのぼりに上がることを狙っている心理が考えられます。

能ある鷹は爪を隠すと言いますが、特に女性はギャップに弱いと心理学の世界では言われているため、モテたい男性はこのギャップ効果を狙ってみると良いでしょう。

 

利用目的には要注意!

悪循環に気をつけろ

ここまで卑下する人の心理をお伝えしてきましたが、「楽な環境で生きたい」という心理には特に気をつけなければなりません。

このような人は、ヒモ男やヒモ女となる確率が高いですし、あなた自身が利用されているだけである関係を続けることにも繋がりかねません。

このタイプは困ると何でも人に頼り、そして他人が何とかしてくれるだとうと思っている人が当てはまりやすく、泣きつけばどうにでもなると思っているような人の特徴でもあるため、情に付け込まれないように注意しておきましょう。

もしも助けれてしまえば、助けてくれる人であるという認識をされかねませんし、さらには卑下する相手にとっても、自分に自信をつけるきっかけを奪っていることになっていきます。

そしてもっと長く関係が続いていけば、完全に他者依存してしまっている環境が出来上がり、お互いにとって悪循環に陥ってしまいかねません。

利用されるだけの関係なんて絶対にごめんだ!と思うのであれば、「楽な環境で生きたい」という本当の狙いがある人に対しては、警戒心を強く持っておくと良いでしょう。

決して、卑下する人が全てこのような狙いなのではなく、一部ではこのような狙いを持っている人がいるというだけの話であるので、勘違いはしないように。

 

きっかけが必要です

いかがだったでしょうか。

結局のところ、卑下する人を変えるためには、自信を持てるようなきっかけを作ることが必要であり、それは本人の努力と行動次第とも言えます。

当然こんな自分が嫌だと思うのであればの話ではありますが、卑下する自分が嫌でないのであれば、無理に他人が変えようとする必要もありません。

何かをきっかけに人は大きく変わることができるものであり、そのチャンスを掴める人と掴めない人がいることは、紛れもない事実であります。

また、「傷つきやすい人は性格にも特徴的傾向が!メカニズムを解明しよう!」もセットで読んでみましょう。

卑下する人の中にも、傷つきやすい人がいるわけですが、その心理をしっかりと理解してあげることで、一番の理解者になってあげることも可能となるはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP