病んでる人の特徴

あ、この人病んでるなと感じる時、あなたはどこを見てそう思いますか?

例えば社会人であったら、通勤途中にネクタイの結び目が曖昧だったり、どこか髪の毛がぼさぼさだったり、顔が青白かったりと、そのような特徴と見て判断しますね。

そんな病んでいる人というのは、一般的にはどのような特徴で病んでいると判断されるのでしょうか。

今回はそんな病んでいる人の特徴に関して、詳しくご説明したいと思います。

スポンサードリンク

激痩せ、激太りの人

食欲がなくなるとすぐに痩せてしまうのは当たり前のことですが、普通体系の人がいきなり痩せてしまうと病んでいることになりますね。

何か不安なことや悩みがあって食事も喉を通らないというところでしょうか。

また激太りの人も、過食に走ってしまうほど何かのストレスを抱えていることになりますので、あまりに太っていたりあまりに痩せている人は、チェックが必要となります。

ただ単純に太っている、痩せている、という場合もありますから、安易に病んでいる人と決めつけてしまうのは避けましょう。

 

目がうつろである

また目がうつろでふらふらさまよっているような感じを受ける人も病んでいる人の状態です。

気力がなく、ぼーっとしており、食事も不規則であることが多いです。

自分に自信がないので無気力になり、他人と比べてため息をつくタイプがここにあたります。

規則正しい生活を行っている人は目がうつろにはなりませんし、気力がある人は健康そのものです。

目に宿るパワーがない人は、心が蝕まれている証拠でもあります。

 

病んでいることを悩む

自分が病んでいることを悩んでいる人は、それこそ「病んでいる人」状態でもあります。

実はその悩みはちょっとしたことで、他人から見ればなんだそんなこと、というようなことでも本人からすると重大事件のようなものだったりします。

しかし病んでいることを悩むよりは別の何かに悩んだほうが理想的です。

病んでいる人の特徴として、いつも悩みを抱えているということがあります。

 

何かに執着する

必要以上に何かに執着する人は、病んでいる人の特徴といえますね。

もちろんこれはダイエットやその他食事制限などにも言えることですが、これは食べてはいけないというものが決まっていれば、絶対に口にしないという人は病んでいます。

心が病んでいるのでそう思い込んで、悪いものだと感じてしまうのです。

何かに執拗に執着することは時にはのめりこんで物事に集中するから良いように見られがちですが、実は裏を返せば病んでいることと紙一重であることを知っておいたほうが良いでしょう。

 

マイナス思考

とにかくマイナス発言が多かったり、考え方が全く前向きでない人。

こういった人は病んでいる人の典型的な特徴です。

見分け方はその人のSNSを見れば一番分かりやすいでしょう。

話を聞いてもらえていない人だった場合、高確率でSNSに今の自分の気持ちや伝えたいメッセージを書いてしまいがちです。

書いてしまった人が後々消してしまうこともあるので、病んでいるのか確認するにはタイミングも大事になってきます。

 

とにかく連絡をする

病んでいる人の心理状況を考えると、とにかく人に話を聞いてもらい共感してもらいたいという心理状況に陥りやすくなっています。

誰でもいいからとにかく連絡をして、いろんな人と繋がることで、どこか安心感を得ているのです。

ここで病んでいることに気づいてくれた人というのは、病んでいる本人からすると、気持ちの分かってくれる優しい人という印象に残りやすいようです。

 

引きこもり・部屋から出たくない

大恋愛の末の失恋や、いじめを経験された人は、一度はこれを経験したのではないでしょうか。

ご飯の時間も布団に潜り込んで涙を流している。

特に思春期の時期にこれは多いでしょう。

また頑張りすぎて自分を追い込んでしまい、結果的に布団にこもった状態の人もいます。

これも人生であり、勉強という前向きの姿勢で考えていくようにしていきたいものです。

 

死にたい・どうせ自分は…が口癖

ネットに死にたいと書き込んでしまったり、希望の言葉を与えられてもどうせ自分は…と受け入れることができない人。

こういったタイプの人はいじめの経験や、職場で仲間はずれにされた経験をしている人に多く、精神的に病んでしまっています。

自分の自信を取り戻すことが唯一の対処ですが、なかなか自信を取り戻すことができません。

もしもあなたの周りに死にたいほど病んでいる人がいるのであれば、助けてあげてください。

きっとあなたがピンチの時には、その人は助けてくれるはずです。

 

リストカット・薬物

リストカットの痕があったり、薬物におぼれてしまう人は、かなり危険な精神状態です。

実際にリストカットで自殺を試みる人もいて、精神的にかなり追い込まれている人と言えるでしょう。

また現実逃避がしたくて、薬物におぼれてしまう人もいます。

頭がボーッとして、それが快感になり依存症となるのです。

もしもあなたが病んでいる人だとしても、この2つだけは絶対にしないでください。

リストカットの傷は一生残りますし、薬物の後遺症も一生残ってしまうのです。

また「薬物中毒者の特徴と見分け方」もセットで読んでみて、薬物の恐ろしさを知りましょう。

身近になりつつある薬物だけに、危険性を知っておくことが間違った道への防止ともなるのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP