悲観的な人の心理を知れば、全て解決できる7の理由

【悲観的な人ほどうつ病になりやすく、さらに最悪の負の連載に陥りやすい】という事実をあなたはご存知ですか?

実は悲観的な人というのは、最悪の負の連鎖に陥った結果、重たい気持ちがいつまでも心に残り続け、人生を楽しむことが難しくなってしまう傾向がある、ということが分かっています。

このような未来を変えるためにも、悲観的な人から簡単に変われる方法や、友達としてできることを全てお伝えしていきます。

スポンサードリンク

まずは心理を知ろう!

負の連鎖に陥っている

悲観的な人というのは、とにかくマイナス思考で明るい未来をイメージすることが難しく、ダメな部分ばかりに目がいきがちです。

これにはしっかりとした原因が存在し、「悲観的な人ほど、何事も悪い方向に捉えてしまい、そしてそのことをいつまでも引きずってしまう」という心理傾向が見られるために、嫌な気持ちが長く続いてしまった結果、明るい未来を想像することが難しくなってしまいます。

よりイメージしやすいように、負の連鎖の例をあげておきましょう。

1.恋人に冷たい態度を取られてしまった

2.嫌われたのかな?

3.もうダメだ。そのうちきっと捨てられる…

このように、悲観的な人というのは、最初から最後までマイナスな方向への可能性を考えてしまうために、負の連鎖に陥ってしまった結果、なかなか憂うつな気分から立ち直ることができません。

逆に楽観的な人ほど、いつまでもネチネチと落ち込むような態度をとらないと言われているのは、実はプラス思考に物事を捉えることができている証拠であり、そして負の連載に陥らないための気分転換が、非常に上手であるといった特徴が見られます。

悲観的な人ほど、「自分だけ嫌なことばかりが続く、ついてないなぁ…」なんて愚痴をこぼしやすいのも、負の連鎖による気持ちの長引きが原因であります。

 

過剰な自己注目

自己注目とは、「自分自身に注目すること」であり、自分自身のことにばかり注目してしまうからこそ、ダメな部分や心配事が余計に見つかってしまい、悲観的になってしまっている可能性も考えられます。

こちらもよりイメージしやすいように、以下に例をあげておきましょう。

1.あの時、こうしとけばもっと良かったなぁ…

2.聞いて聞いて!あの時、私ってこうしとけば良かったと思わない?

3.(翌日)愚痴ばっかり言ってしまった…A子を嫌な気分にさせたかも…

こうした悲観的な人というのは、悩み事や心配事が絶えないが故に、他者に相談をして共感を得ることで、悩みを解決しようとする心理が見られる一方で、結局のところ暗いネガティブな話になりやすいことから、先ほどと同じように負の連鎖に陥ってしまった結果、悲観的な性格から抜け出すことができません。

さらに人は、自己注目が過剰になればなるほど、自分のいい部分よりも悪い部分に意識がいきやすくなるということも分かっていて、自分自身に注目すればするほど、悩み事がどんどんと出てきてしまい、他者への相談も多くなってしまいます。

また、人は悪い部分に一度目がいくと、悪い部分ばかりが見えてしまうという習性を持っているため、悲観的な人はいい部分を見ることがより難しくなってしまっています。

 

予防線や言い訳の可能性も

普段はそれほど悲観的な一面が見られないにもかかわらず、自分の自信のないことへの挑戦となれば、急に悲観的になってしまう人というのは、失敗への予防線や言い訳として、あえてそういった発言をしているのかもしれません。

よく見られる例で言えば、「全然勉強していない」と予防線を張っておき、点数が悪かった時の予防線を張っておく人です。

他にも、「あ〜テスト全然できなかった」と最初に言っておくことで、本当にダメだった時の精神的ダメージを減らすことなどが、こちらの心理の典型的例であります。

プライドが高い人や、見栄っ張りな人などによく見られる言動であり、自分の価値を下げないためにも、あらかじめ準備をしているわけです。

 

負の連鎖から抜け出す方法

まずは形から入ろう!

悲観的な性格を変えるためには、まずはネガティブに捉えてしまう思考をプラスに変える必要があるわけですが、いきなりいい方向に捉えるようにしろ!なんて言っても、簡単にできるものでもありません。

そんな人は、とにかく形から入ってみることが大事であり、これは、アメリカの心理学者トムキンスが唱えた、「顔面フィードバック仮説」を利用した対処法であります。

「顔面フィードバック仮説」とは簡単に言えば、人は楽しいことがなくとも笑顔を作ることで、笑顔の時に使われる筋肉を使うわけですが、これが脳に伝わることで、本当に楽しい気持ちや、明るい気持ちになることができるという仮説であります。

「辛い時こそ笑顔で乗り切ろう」という言葉を信じる人がいますが、これは顔面フィードバック仮説の効果が期待でき、辛い気持ちや嫌な感情からいち早く抜け出すことができる、対処法でもあります。

他にも、よく笑う子供ほど元気でプラス思考であったりもしますが、現実的な大人ほど笑顔が少なく、マイナス思考であるのも、これのいい例です。

朝と晩に必ず笑顔で鏡の前に立つでもいいですし、ため息をつきそうな時には笑顔を作ってみるでもいいので、とにかくまずは形から入ってみることを心がけてみましょう。

そして、徐々に物事の受け止め方をプラス思考に変えていくことができれば、あなたの性格は劇的に変わっていくはずです。

 

完璧主義を認め、やめる

過剰な自己注目がネガティブな意識をより強めてしまうのは、あなたが完璧を追い求めているからであり、完璧を求めれば求めるほど、理想と現実の差に悩み事がふえていきます。

そうではなく、「完璧な人間など存在しない」「自分はそれほどできた人間ではない」ということを認めることで、負の連鎖から抜け出すことができます。

「小さなことは気にしない」とか、「過ぎたことは考えない」ことができる人というのは、完璧を求め過ぎていないが故に、こうした考え方ができるとも言えるのです。

全て100%完璧ではなく、80%くらいできればOKだという寛容な気持ちで、余裕を持って毎日を過ごせば、悩み事も今よりぐっと減らすことができることでしょう。

もしも、いつものように悩み事や心配事ができてしまったのであれば、「完璧な人間など存在しないのだから、くよくよする必要はないし、笑顔で過ごそう!」と思い込んでみてください。

ダメな方向ばかりに捉えてしまっては、そのようなダメな方向に行動してしまうという心理現状が起こってしまい、これを心理学の世界では、「自己成就予言」と言います。

また、人は誰でも失敗を経験して成長していくものであるために、この失敗を自分の成長に生かそうと思えるようになれば、あなた自身の人間力を大きく成長させるきっかけを作ることさえもできてしまうのです。

 

悲観的な友達とは、どう付き合っていくべきか?

認めてあげる

悲観的な友達に嫌気がさすことなく、楽しく付き合いを続けていくためには、相手を否定せずに認めてあげることが重要となります。

なぜなら、悲観的な人が愚痴や相談をする時というのは、結局自分のことばかりを話すわけですが、これは人から認められたいという欲求を満たしたいという心理が隠れています。

自分のことばかりを話す人が世の中にはいますが、こうした人は承認欲求を満たしたいという思いが強く、共感したり認めてあげることで、その欲求を満たすことができます。

否定的なことばかりをいってしまうことは、悲観的な人を傷つけてしまうことにも繋がりかねませんので、とにかく否定せずに話を最後まで聞いてみましょう。

そしてそこからダメな部分はダメと言ってあげることができれば、相手を傷つけることもなく、上辺だけの付き合いのような関係を避けることもできるはずです。

また、話の聞き役ばかりではあなたにストレスが溜まってしまうこともあるために、その時はあなたの愚痴を聞いてもらえなかったという場合には、次に会う機会に聞いてもらうか、他の人に聞き役となってもらうことができれば、よりいい関係を保つことにつながります。

 

深入りし過ぎない

悲観的な人の聞き役となる場合は、愚痴や相談事も多くなるはずですが、元気を出して欲しいという思いやりから、励ましてばかりいても良いというわけではありません。

励ましても励ましても相手が悲観的で、否定的なことばかりを言うのであれば、無理に励ますのではなく、簡潔な言葉で終わらせ、遠くから見守るスタイルをとってみましょう。

例えば、励ましても励ましても「でもね…どうせ私は…」といった否定的な発言を繰り返す場合は、あえて励ますことはせずに「もう少し頑張ってみよう」とか、「○○も色々と大変だね」などの一言で簡潔に終わらせ、遠くから見守るような姿勢で付き合いを続けてみましょう。

間違えてはいけないのは、物理距離をとるということではなく、精神的に距離をとってみるということでありますので、相手の成長を遠くから見守るくらいの気持ちで、陰ながら応援してみましょう。

違う日に会った時にでも、「あの時の○○な感情だけど、もう楽になった?」などの一言をかけてあげるだけでも、相手は自分のことを見捨てていないという感情に浸ることができ、今後の友達付き合いにいい意味での影響を与える確率も高くなるはずです。

 

悲観はメリットが少ない

いかがだったでしょうか。

悲観的になることは、自分にとっても友達付き合いに関しても、メリットが少ないということが言えます。

だからこそ、友達に見捨てられるようなことになる前に、自分を変える勇気を持ってみることが大事です。

世の中には、自分を卑下することで、自分のメリットばかりを追い求めているような人もいるので、こうした人である可能性はないだろうか?と疑われてしまった結果、距離を置かれてしまうという可能性も十分に考えられます。

そちらについては、「卑下する人の心理と本当の狙い5選」にて詳しくお伝えしていますので、悲観的な本人も、友達付き合いで悩んでいる人も、是非1度目を通してみてください。

世の中には、卑下することで友達を利用する、悪い人も存在するのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP